ASHISUTO RECRUITING
WORKS
コンサルティング営業
上田孝寛
上田孝寛
山内太一
山内太一
フィールドエンジニア
軸丸恵梨
軸丸恵梨
喜田紘介
喜田紘介
サポートエンジニア
藤原康司
藤原康司
大藪日登美
大藪日登美
ENTRY MY PAGE CONCEPTすべての仕事は、アシストである。
WORKS
RECRUIT
COMPANY
CAREER & WELFARE
Facebook

ワークライフバランス

一人ひとりの働き方も、
生き方も支援する。
「人」バッジを社章に用いる、
アシストならではの各種制度が
揃っています。

週1日在宅勤務 在宅勤務は「週1日」とし、平日(月~金)5日のうち1日を在宅勤務日にできる。
週4日勤務 平日(月~金)5日のうち1日を追加休日とすることができる。
※準社員が利用可
育児・介護短時間勤務 小学校就学前のお子さんを養育する社員および要介護状態の家族を介護する社員は、所定労働時間を変更し、規定のパターンに応じた短時間勤務を可能とする。
時差出勤 標準勤務の始業開始時刻前後1時間の範囲で時差出勤を利用することができる。
看護休暇 小学校就学前の子供の病気、けがの看護、または子供の予防接種、健康診断、療育を受けさせるために休暇を必要とする場合に取得できる。半日ずつの分割取得も可能。
介護休暇 要介護状態にある家族の介護や通院の付添い等の世話のために休暇を必要とする場合に取得できる。
時間単位有給休暇 年次有給休暇の内、5日分を時間単位で取得可能。
リフレッシュ休暇 リフレッシュを図ることを目的に、年に3日間の連続休暇を2回取得できる。
ストック休暇 消滅する年次有給休暇を60日まで積み立てられる。自己啓発や家族の介護、有給休暇をすべて取得した時に利用できる。
永年勤続休暇 会社への貢献と今後の活躍に期待して、節目となる年毎に休暇と報奨金が支給され自由に利用できる。
詳しく見る

制度利用者の声

鈴木悠介<時差出勤>

子どもを幼稚園に送っていくために1時間の時差出勤制度を利用し、10:00-18:30で勤務しています。制度利用前は、平日は、たいてい子どもが就寝してから帰宅し、朝も十分に会話ができないまま出勤することがほとんどでした。制度利用後は、起床から幼稚園への送迎時間を子どもと過ごすことができ、普段の幼稚園での様子も分かるようになりました。また、私が朝食や幼稚園の支度をすることで、少しではありますが妻の負担を軽減することができていると思います。時差出勤制度は働くパパにもその家族にも優しい制度だと思います。

鈴木悠介<時差出勤>
大須賀美和<短時間勤務>

育休から復帰し、子ども2人の育児に奮闘しながら働いていますが、保育園のお迎えがあるため、短時間勤務制度を利用しています。正直、復帰前は周囲から疎まれないか不安でしたが、実際はそんな雰囲気はまったくありませんでした。業務量も考慮いただき、メンバーから「もうそろそろ17時だけど大丈夫?」と気遣いの言葉を掛けてもらうなど、想像以上に働きやすい環境です。とはいえ、短時間勤務だからと頼りない存在になりたくはないので、効率よく、しっかりとコミュニケーションをとりながら仕事を進めることを念頭に置いています。この制度のおかげで仕事も育児も妥協せず、自分らしい生き方ができていると感じます。

大須賀美和<短時間勤務>
立山あき<在宅勤務>

在宅勤務制度開始以来、ずっと利用しています。当初は娘が2歳だったので、育児と仕事の両立のためでした。今は娘の習い事の送迎や勉強のサポートに時間を充てています。週に1回ですが、私が「おかえり」と迎えてあげることは、娘に安心感を与えるようです。娘が4歳の頃、仕事が忙しくて在宅勤務ができず、なかなかかまってあげられなかった時、保育園でしょっちゅう泣いていたそうですが、在宅勤務を週に1回必ず設けたらすっかり元気になりました。もちろん、静かな環境で仕事に集中できるので、資料作成などは非常にはかどるというメリットもありますが、私にとっての在宅勤務制度の一番のメリットは、家族に安心を与えてくれることです。

立山あき<在宅勤務>
廣友也<リフレッシュ休暇>

アシストでは年に2回、リフレッシュ休暇で3日間の休暇を取得できます。有給休暇を2日足し、前後の土日をあわせて連続9日間の休暇にすることもよくあります。私はサーフィンが趣味なので、リフレッシュ休暇で国内外へ行ったり、家族と旅行に出かけたりしています。GWやお盆などの混雑した時期を避け、旅費が安い時期に休みを取得できるのがありがたいですね。休みづらい雰囲気も一切ないです!もちろん休暇の前後は、業務調整のため忙しくなることもありますが、休暇は思い切り楽しみます。リフレッシュ休暇のおかげでメリハリをつけて働けますね。

廣友也<リフレッシュ休暇>