TOP>事例>建設/不動産>運用業務全体を即座に可視化「攻め」の運用部門へと進化させる 「千里眼イベント管理 for JP1」

運用業務全体を即座に可視化
「攻め」の運用部門へと進化させる
「千里眼イベント管理 for JP1」

アットホーム株式会社

導入製品/サービス…
ENISHI  JP1  千里眼SaaS  


不動産情報サービス企業のアットホーム株式会社では、ジョブ管理サーバが複数稼働することにより、ジョブ管理業務が煩雑になり稼働レポート作成にも多くの時間を費やしていました。そこでアシストの提案で、JP1が提供する統合コンソールの徹底活用と統合レポート環境 千里眼イベント管理 for JP1の導入を決断。これによりレポート作成時間が1/5に短縮、運用データを戦略的に活用する情報システム部門へと進化しました。

  • 本資料では、
      JP1/Automatic Job Management System 3 をJP1/AJS、
      JP1/Integrated Management をJP1/IM、
      千里眼イベント管理 for JP1 を千里眼 と表記します。

導入のPOINT


1. 10時間かかっていた月次レポート作成が2時間に短縮
2. 運用部門が傾向分析をし開発部門にジョブ設計の改善を提案
  千里眼が“運用と開発のかけはし”に
3. 運用データを有効活用して先手を打つ運用部門の風土を形成


課題

  • 業務システム毎の独立性を重視して複数のJP1/AJSを構築していたため、問題が発生すると複数の監視画面を確認する必要があり、詳細を把握するのに時間がかかっていた
  • 月次レポートは情報収集・集計・分析・作成に10時間を費やしており、さらに人手による集計のため抜け漏れや記述ミスが発生していた

対策

  • アシストの提案で統合コンソール JP1/IMの徹底活用を決定
  • レポート作成や分析の効率化のため、千里眼も導入
  • アットホームの業務に適したレポート環境をアシストの支援で構築

効果

  • JP1/IMの活用により、障害発生時の原因特定が迅速になった
  • 月次レポートの作成は2時間に短縮され、データ精度や運用部門メンバーの分析スキルが格段に向上した
  • ジョブの傾向分析により、開発部門と運用部門が連携して効率的なジョブ運用への改善が図れる体制に進化した

運用情報の活用イメージ


運用情報の活用イメージ



事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 アットホーム株式会社
概要 不動産総合情報サイト「アットホーム」をはじめ、不動産情報メディア・不動産業務ソリューション等の事業を通じて、不動産にかかわるすべての個人・企業の役に立つサービスを提供しており、全国47都道府県、約51,000店以上の不動産店が利用している。
本社 東京都大田区西六郷4-34-12
設立 1967年12月
資本金 1億円
従業員数 1,293名(2014年9月末現在)
URL http://athome-inc.jp/
取材日 2014年9月

関連製品/サービス

ENISHI

ENISHIは、ITサービス環境をアシスト視点のプロダクト、ノウハウ、サービスに照らし合わせ、よりコンパクトで、迅速に成果を挙げられるITサービスマネジメント実践ソリューションです。

  • お客様課題の整理・顕在化からお手伝い
  • プロダクト、サービス、ノウハウを最適な形でご提案
  • ITサービスマネジメント強化のQuickWin

詳細へ

JP1

JP1は、国内トップシェアを誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。システムの自動化や稼働性能監視、資産管理等を統合的に行うことができます。JP1のことなら、実績豊富なアシストにご相談ください。

  • システム全体の監視、ジョブ運用等の一元管理を実現
  • システム規模に合った最適な投資で開始可能
  • 様々なプラットフォームに対応

詳細へ

千里眼SaaS

千里眼SaaSは、統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」が蓄積したログやイベントをSaaS型BIによって可視化、分析するサービスです。システム障害の予防や人的リソースの効率的な配置など、ITサービスマネジメントの高度化への取り組みと改善活動をサポートします。

  • SaaS環境なので環境構築や設計等が不要
  • SSL通信により暗号化されるのでデータ安全性を確保
  • JP1とQlik Senseのプロフェッショナルによる安心サポート

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る