TOP>事例>金融/証券/保険>Paxataによるノーコードのデータ準備によりAI活用を促進全社的なデータ活用でイノベーションを創出

Paxataによるノーコードのデータ準備によりAI活用を促進
全社的なデータ活用でイノベーションを創出

株式会社セブン銀行

導入製品/サービス…
Paxata  

株式会社セブン銀行 Paxata 導入事例

革新的なATMプラットフォーム事業を展開するセブン銀行では、全社のイノベーションを推進するセブン・ラボにおいて、AIの構築時のデータ準備処理をノーコードで実現するPaxata を採用。データ加工プロセスの効率化により、データサイエンティストにとって重要なスキルの1つであるビジネス力を磨く環境と手段を整備。全社でデータを活用しイノベーションを生み出していくための手段としてPaxataを役立てています。

株式会社セブン銀行

導入のポイント


1.Paxataの活用によりAI構築に欠かせないデータ準備をノーコードで実現
2.データサイエンティストがデータの先にあるビジネス力を磨ける環境を整備
3.データ準備の壁をPaxataで解決し、全社的なデータ活用の促進に貢献


課題

  • AI活用に向けた人材拡充や体制整備の中で、ITスキルに依存しないデータ加工プロセスの効率化が求められていた
  • データを起点にした新ビジネス創出のために、進化する技術・ツールの積極的な活用が求められていた

対策

  • 直感的な操作性で大量データの加工や処理手順の再利用が可能なPaxataを選択
  • 製品紹介後1ヵ月間のスキルトランスファー型支援を活用して、スピード感を持ったデータ活用環境を整備

効果

  • データ加工や結合といった処理をノーコードで実現し、データ加工業務を効率化
  • 効率化によって得られたリソースをビジネス力強化に向けた施策に振り分けることが可能に

システム概要図



イノベーション推進にAIを導入!外部委託ではなく「内製」によるAI活用を重視する理由


2001年にATMサービスを開始して以来、全国2万5000台以上を展開するATMプラットフォーム事業をはじめ、各種口座サービスを提供する決済口座事業、海外におけるATMサービス事業などを手掛けているセブン銀行。オープンイノベーションの推進や新たな事業開発に注力する同社では、2019年から第4世代ATMを展開しています。本人確認書類やQRコードの読取り機能を活用した本人確認プラットフォームとしてだけではなく、スマートフォン連携による情報発信のプラットフォームとしての活用も期待されています。


セブン・ラボは、全社のイノベーション推進をミッションとする組織として、2016年に設立されました。新規事業開拓にも注力しており、スタートアップ企業との提携など新たな事業の創出も進めています。その中でも、データ・ラボはデータ活用による独自価値の創造をビジョンに、データを起点としたビジネス開発や業務変革に取り組みながら、データサイエンスを実践し、AI・データ活用を推進しています。セブン・ラボ部 データ・ラボグループ グループ長 中村 義幸氏は次のように語ります。

中村氏  AI導入を検討するスタート段階では、AIで解決していくテーマ(業務課題)の設定が重要です。常に効果を意識しながらテーマを切り替えていくなど、スピード感や高い柔軟性も求められます。構築したAIも継続的に再学習したり、新たな特徴量を加えてさらに進化させていくことが求められるため、外部委託ではなく内製にてデータ活用を推進しています。データ・ラボでは、ATMの利用件数予測やローンサービスの貸倒予測といった収益やコストに直結する分野をAI活用のメイン領域とし、未来の予測や最適化に役立てています。


AI活用や分析に欠かせないデータプレパレーションに注目!ノーコードの新しい手段とは


データ分析では、ビジネス理解から始まり、課題設定、分析計画、データ収集・蓄積、データ加工・特徴量設計、AI構築、PoCを含む評価、そして本格運用というプロセスを踏みます。データ加工から評価に至るまでの工程には、これまでPythonやR言語を駆使したコーディングが必要で、難易度の高いITスキルがないとデータを扱えないという課題がありました。

中村氏  ラボの人材拡充や体制整備を進めるにあたっては、最初からプログラミングのスキルを有する人材ばかりを獲得できるわけではありません。そこで、コーディングが必要とされるプロセスで、ツールを活用した効率化を目指せないかと考えました。専門的なITスキルがなくてもデータをフル活用できる扱いやすいツールはないかと探し始めたところ、この考え方がまさにデータプレパレーションだということを知りました。ツール選定を検討する過程で、アシストからデータ準備・加工ツールとしてPaxataを紹介されました。

Paxataの導入決定後、Paxataで実現したいデータ加工・準備についての実践的なレクチャーが、その後の活用に大きな効果を発揮しました。

中村氏  アシストからの紹介後、わずか1ヵ月で導入に踏み切るなど、スピード感をもって展開を進めました。アシストが提供するスキルトランスファー型の支援が、導入後のスムーズな活用につながっています。最初にデータの分布を眺めたり、データ結合や名寄せ作業などが直感的な操作で行え、データ加工の手順を記録して再利用できる点が非常に効率的であると実感できました。

高速なデータ加工の実現やリソースへのアクセス設定、および操作履歴の記録をはじめとしたセキュリティ・ガバナンスに優れたツールである点も評価されました。結果として、ノーコードでデータ加工が可能なPaxataがデータ準備・加工プロセスに採用されることになったのです。


データ準備が効率化され、DataRobotでより多くの予測AIの構築・検証を促進


PaxataはAIプラットフォーム(DataRobot)に投入する前のデータ準備や特徴量の設計時に活用しており、効率的なデータ分析を実現する環境の整備に大いに役立っています。

Paxataは、Excelでは処理しきれない1000万件を超えるデータも容易に取り込むことが可能です。Excelライクな形式で表示させ、ルックアップ機能などを用いながら顧客データなどと紐づけを実施。ピボット機能を用いてデータ加工を行っています。

中村氏  どの項目同士を紐づければいいのかPaxataが提案してくれるため、データ結合も簡単です。各処理のステップが記録されるため、処理の途中でどのようなデータになっているのかを確認しやすく、意図した形になっていない場合にはステップを戻してやり直すこともできます。特に作成した処理をコピーして再利用できるメリットは大きく、AI活用の効率化に役立っています。


ラボのデータ活用とイノベーションをPaxataで促進!


データサイエンティストに求められる一般的なスキルセットは、課題背景を理解して解決に導く「ビジネス力」、人工知能などの知恵を理解して使いこなす「データサイエンス力」、そしてデータサイエンスを実装、運用できるようにする「データエンジニアリング力」の3つが挙げられます。セブン・ラボでは人でないと対応できないビジネス力の強化に特に注力しています。

中村氏  データ・ラボだけではなく全社でデータ活用のレベルを高めていくために、現在、社内の業務部門から一時的にラボに参画してもらっています。我々のサポートを受けながらそれぞれの課題をデータ活用によりメンバー自身で解決しています。その経験を各部門に持ち帰ったメンバーがインフルエンサーになることで、データを活用しながらビジネスの課題を解き、新しい知見やチャレンジにつなげるようなトライを生み出していくことを目指しています。

データ分析は、必要な技術やツールの進化が速いため、効率化や高度化に向けて新たな技術やツールを次々と試していくことが重要だと力説します。

中村氏  Paxataを使うことでデータ準備の業務効率化が可能になり、それによって創出できた時間をビジネス力強化に充てることができるようになりました。また、PaxataであればITスキルの有無に関わらず利用できるため、ビジネス力のある現場が起点となってデータ活用することもできるはずです。今後の活用の広がりに期待しています。


  • 本事例は取材時の内容に基づくものです。
  • 製品内容は、予告なく変更される場合があります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。


セブン銀行様のインタビュー記事(PDF)はこちら




株式会社セブン銀行様へお話をお聞きしたインタビュー記事をPDFでお読みいただけます。


 

お客様情報

会社名 株式会社セブン銀行
概要 全国2万5000台以上のATMを展開するATMプラットフォーム事業をはじめ、決済口座事業や海外事業などを展開。顧客接点となるリアルな店舗を生かしながら、オープンイノベーションの推進による新規事業の創出に取り組んでいます。
本社 東京都千代田区丸の内1-6-1
設立 2001年4月10日
従業員数 477名(2020年9月30日現在)
URL https://www.sevenbank.co.jp/
取材日 2020年12月

関連製品/サービス

Paxata

データ分析にかかる全作業のうち、80%がデータ準備に費やされていると言われています。Paxata(パクサタ)が提供するデータ・プレパレーションは、HadoopやSparkの最新技術を取り入れた分散コンピューティング、機械学習、インメモリ技術をベースとした革新的なテクノロジーですばやくデータを準備し、企業のデータ活用を支援します。ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのビジネスチャレンジに求められるデータ準備をまったく新しい考え方で実現します。

  • 今注目のデータ・プレパレーション・プラットフォーム
  • 分析や可視化に必要なデータをすばやく準備
  • Hadoop上のビッグデータ活用に最適なソリューション

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る