TOP>事例>情報サービス>次期販売・物流管理システム構築で問われたバッチ処理パフォーマンス。

次期販売・物流管理システム構築で問われた
バッチ処理パフォーマンス。

ヤンマー情報システムサービス株式会社

導入製品/サービス…
Syncsort DMExpress  



 農業機械、建設機械、船舶用エンジンなどをグローバルに製造販売するヤンマー株式会社のグループ企業であるヤンマー情報システムサービスは、グループの国内外向けの情報システム構築や運用を担っています。

 2003年、ヤンマーグループではメインフレームやオフコンをベースに分散開発していた販売・物流管理システムを、Webアプリケーション化して統合することを決断しました。このWebアプリケーションの夜間バッチ処理を高速に実行するため、同社はメインフレームの運用と同様に、フラットファイルで複雑なデータ加工を高速に処理するSyncsort DMExpressを採用しました。

 Syncsort DMExpressの採用により、新しい販売・物流管理システムのバッチ処理プログラムは、日次、月次に関わらず2~3時間で完了、メインフレーム時代よりも高速になりました。稼働も安定しており、担当者の作業負荷を軽減しています。

 高い処理性能を評価した同社は、会計システムのバッチ処理プログラムの一部にもSyncsort DMExpressを適用することを決定しました。

導入のPOINT


1. バッチはオンラインから切り離し、フラットファイルでデータ加工
2. バッチ処理時間を大幅に短縮
3. メインフレーム時代のノウハウを活かせる使い勝手の良さ


導入の背景

2003年、ヤンマーグループではメインフレームやオフコンをベースに分散開発していた販売・物流管理システムを、Webアプリケーション化して統合することを決断しました。このWebアプリケーション化で議論されたのが夜間バッチ処理の手法です。高速処理を可能にするため、メインフレーム時代と同様に、データをフラットファイルとしてデータベースから取り出し、データベースの外でデータ加工のバッチ処理を行おうと考えました。これは同社がすでに確立していた、いわば“ヤンマースタイル”。これをWebアプリケーションへの統合後にも採用することにしたのです。

導入の理由

どのようなツールを使ってヤンマースタイルを実現するか。複数の製品を候補に挙げ比較検討した中で同社が目を留めたのが、データ統合アクセラレータSyncsort DMExpressでした。
独自のアーキテクチャにより高速にデータ加工が行え、データ加工の自由度も非常に高いというのが選定理由でした。
評価のために一部のバッチ処理プログラムをSyncsort DMExpressで開発し、実行したところ、期待するパフォーマンスが実現できたことから、正式導入を決定しました。

導入の効果

新しい販売・物流管理システムのバッチ処理プログラムの70%以上が、DMExpressによって開発されました。
同じ内容の処理をJavaで行うと数分かかるところ、Syncsort DMExpressなら1分以内で済み、バッチ処理プログラム全体では2~3時間で完了、メインフレーム時代よりも高速になりました。稼働も安定しており、リトライが発生することはほとんどなく、担当者の作業負荷を軽減しています。
高速かつ複雑なデータ加工力を評価した同社は、会計システムのバッチ処理プログラムの一部にもSyncsort DMExpressを適用することを決定しました。



事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 ヤンマー情報システムサービス株式会社
本社 〒532-0003 大阪市淀川区宮原4丁目1番14号 住友生命新大阪北ビル12F
創立 1986年9月
資本金 5,000万円
従業員数 170名
主な事業内容 ・ヤンマー(株)およびヤンマーグループ各社が立案、設計、推進する情報システムの開発
・情報システムの維持、運営
・情報資源(ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク)の調達、運用管理
・コンピューター関連機器の賃貸借、売買
取材日 2010年12月

関連製品/サービス

Syncsort DMExpress

Syncsort DMExpressは、高性能なデータ統合(ETL)処理、バッチ処理を簡単に開発できる「最も賢い超高速ETLツール」です。他のETLツールにはない独自の自動チューニング機構「スマートETLオプティマイザ」が、効率性・高速性・信頼性を備えた高品質・高性能の処理を誰でも簡単に開発することを可能にします。

  • 高速バッチ処理をチューニングレスで実現
  • 高度なスキルセット不要!GUIで簡単開発
  • ミッションクリティカルなシステムでも安心の実績

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る