TOP>事例>情報サービス>バックアップサイトの構築にOracle Database Applianceを採用より一層のBCP対策の強化を実現

バックアップサイトの構築に
Oracle Database Applianceを採用
より一層のBCP対策の強化を実現

株式会社山口情報処理サービスセンター

導入製品/サービス…
Oracle Database Appliance  


Oracle Database Appliance導入事例

電源設備や回線設備を2重化し、震度8にも耐えうる免震装置を導入、すべてのフロアに防火設備を設置したサーバ・ルームを基盤に、各種決済処理サービスやシステム開発などを展開する山口情報処理サービスセンター。クレジット決済システム「CANDY-A」における事業継続計画(以下、BCP)対策の強化を目的としたバックアップサイトの構築に、Oracle Database Appliance(以下、ODA)を採用しました。

株式会社山口情報処理サービスセンター

導入のPOINT


1. 災害や障害が発生した場合でも、クレジット決済システムを短時間で復旧できる仕組みを実現
2. 大量のクレジットカード・データ処理におけるパフォーマンスを約3倍に向上
3. データベースのアプライアンス製品であるODAの特長を生かし、約3ヶ月間という短期間でシステムを構築


課題

  • 従来は、月次バックアップをテープに取得し、遠隔地で保管していたが、東日本大震災をきっかけに、BCPの強化が必要となり、その一環としてバックアップサイトの構築が必要となった
  • バックアップサイトの構築にあたり、遠隔地のバックアップサイトからどうやってデータベース環境を復旧させるかが大きな課題だった

対策

  • CANDY-Aのデータベース環境をODAに移行、同一構成で遠隔地にバックアップサイトを構築し、Oracle DataGuard構成でディザスタ・リカバリを構築した
  • 既存システムを変更することなく、短期間で高品質なバックアップサイトを実現できる点を評価してODAを採用した

効果

  • 3ヶ月という短期間でバックアップサイトを構築できた
  • 災害発生時にもシステム全体で短時間で切り替え可能となった
  • 大量データの処理パフォーマンスも最大3倍向上した
  • 加盟店が、独自にバックアップ体制を準備するというムダな投資をなくし、事業継続性を確立できる仕組みを実現した

システム構成イメージ


システム構成


事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 株式会社山口情報処理サービスセンター
概要 「ハイクオリティーな業務を遂行するには、働きやすい環境と充実した設備から」という理念に基づき、各種決済処理サービス、アウトソーシング・サービス、ソフトウエア開発などを事業として展開。
本社 山口県下関市秋根本町2-10-15
設立 1972年7月31日
資本金 2,000万円
従業員数 56名
URL http://www.yamajyo.co.jp/
取材日 2013年10月

関連製品/サービス

Oracle Database Appliance

Oracle Database Applianceは、ハードウェアとソフトウェアが一体となった最もシンプルなOracle Engineered Systemsです。時間とコストを最も抑えて導入することが可能なデータベース基盤です。

  • ハードとソフトの組み合わせによる問題を解消
  • 必要なCPUだけがライセンスの対象に
  • 買って、つないだら、すぐ使える、簡単セットアップ

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る