TOP>事例>情報サービス>膨大な建材データベース登録の完全自動化と、迅速なクラウドサービスの立ち上げをHPE Unified Functional Testingで実現

膨大な建材データベース登録の完全自動化と、迅速なクラウドサービスの立ち上げをHPE Unified Functional Testingで実現

株式会社 K-engine

導入製品/サービス…
HPE Unified Functional Testing  

住生活産業向けに革新的なクラウドサービスを提供するK-engineでは以前、建材データベースへのデータ登録作業に膨大な時間と人件費を要していました。そこで従来テストツールとして利用していたHPE Unified Functional Testing (以下 UFT)を応用。これにより完全自動化とその後の効率的なメンテナンス、新サービスの立ち上げを実現しました。

株式会社 K-engine

導入のポイント


1.人手では膨大な工数が掛かるデータ登録作業を自動化、新サービスの早期リリースを実現
2.既存サービスのデータ登録作業を自動化、大幅な運用コスト削減を実現
3.様々なシステムの定型操作を自動化、業務効率化を達成


課題

  • 新システムの商品データベースに短期間のうちにデータを登録する必要があった
  • 既存システムの商品データベースへのデータ登録作業に多大な工数が掛かっていた
  • 様々な業務においてシステムの定型操作作業に多くの工数が割かれていた

対策

  • 機能テストツールとして利用していたUFTをシステム操作自動化へも応用
  • 人手による商品データ登録作業をUFTによって自動化
  • 商品データ登録以外の業務へもUFTによるシステム操作の自動化を順次適用

効果

  • UFTによるデータ登録自動化により、新システムでの実装期間が2年から2ヶ月に短縮
  • 人手に頼っていたデータ登録作業を自動化、15名分ものコスト削減に成功
  • カタログサイトのチェック作業や定型入力作業を自動化、広範な業務効率化を達成

システム概要



PDFダウンロード

本事例をまとめたPDF資料を今すぐダウンロードいただけます。印刷や社内共有等にご活用ください。

会社名 株式会社 K-engine
概要 日本の住生活産業の住宅建築会社の新築/リフォームビジネスを、クラウド技術を活用した次世代ITプラットフォームを通じて強力に支援し、ともに住生活産業にイノベーションを創造していきます。
所在地 東京都新宿区新宿1-4-12 新宿御苑ビル8F
設立 2011年8月9日(本格事業開始日:2014年9月8日)
資本金 2,780百万円
URL http://k-engine.jp
取材日 2016年5月

関連製品/サービス

HPE Unified Functional Testing

HPE Unified Functional Testingは、GUIおよびAPI(GUIレス)アプリケーションの両方の機能テストを実現するツールです。※HP QuickTest ProfessionalとHP Service Testが統合されました。

  • 回帰テストの効率化とテスト量の確保
  • エビデンス取得も自動化
  • 定期的なデータ登録作業の完全自動化

詳細へ

ENISHI

ENISHIは、ITサービス環境をアシスト視点のプロダクト、ノウハウ、サービスに照らし合わせ、よりコンパクトで、迅速に成果を挙げられるITサービスマネジメント実践ソリューションです。

  • お客様課題の整理・顕在化からお手伝い
  • プロダクト、サービス、ノウハウを最適な形でご提案
  • ITサービスマネジメント強化のQuickWin

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る