TOP>事例>製造業>デファクトスタンダードの安心感でCA Access Control(現:CA Privileged Identity Manager)を採用。IT全般統制で求められる特権ユーザ管理を実現。

デファクトスタンダードの安心感でCA Access Control(現:CA Privileged Identity Manager)を採用。IT全般統制で求められる特権ユーザ管理を実現。

株式会社ニチレイ

導入製品/サービス…
CA Privileged Identity Manager(旧 CA ControlMinder)  


株式会社日立フーズ&ロジスティクス(以下、日立F&L)は、株式会社日立製作所とニチレイの合弁会社として2003年1月に設立された。ニチレイの情報システム部が分社化し、設立された日立F&Lは、ニチレイグループの情報システム支援はもちろん、ニチレイグループ以外の企業にも、業務アプリケーション開発やアウトソーシングサービス、コンサルテーションなどを提供している。

ニチレイと日立F&Lは、全社統制の確立に向けた、IT全般統制の実現への取り組みの一環として、日本版SOX法の対象となる特に重要なサーバ33台に対して、特権ユーザ管理を実現するため、CA Access Controlを導入した。

導入のPOINT


1. IT全般統制で求められる特権ユーザ管理を実現
2. 使いやすい管理GUI(ポリシーマネージャ)による運用の負荷低減


導入の背景

2007年に、日本版SOX法に向けたIT統制対策を本格化し、特に重要なシステムへのアクセス管理を徹底するため、特権ユーザの管理を推進。まずはSAP R/3上の特権ユーザ管理を実施したが、アプリケーションレベルだけでなく、アプリケーションそのものが稼働するOSレベルでの対策も必要不可欠だと判断し、CA Access Controlの導入が決定した。

導入の理由

  • デファクトスタンダードで信頼性が高い
  • アシストの豊富な導入実績による信頼性の高さ

導入の効果

  • “誰が、いつ、特権ユーザとして、どのような作業を行ったか”を把握できるようになり、作業の透明性が向上した
  • ポリシーに従ってログは取得するが、アクセス制御は行わないワーニングモードにより、安心して本番環境に適用できた
  • CA Access Controlの利便性の高いGUIにより、運用管理負荷を低減

PDFダウンロード

事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

この事例で採用された製品資料を無料プレゼント

この事例で採用されたCA Access Control(現:CA Privileged Identity Management、略称:PIM)の関連資料を無料でダウンロードいただけます。

ライセンスの考え方や機能、システム要件といった基本的な製品情報から、特権ID管理のよくある課題と解決策といった読み物まで、効率的でセキュアな特権ID管理の実現イメージを、もう一歩具体化していただける資料集です。お気軽にご利用ください。


この事例でご紹介したお客様情報

会社名 株式会社ニチレイ
本社 東京都中央区築地6丁目19番20号 ニチレイ東銀座ビル
創立 1945年12月1日
資本金 30,307百万円(2008年11月現在)
従業員数(連結) 6,054名(2008年3月31日)
事業内容 加工食品事業、水産事業、畜産事業、低温物流事業、不動産事業、バイオサイエンス事業
URL http://www.hitachi-fls.co.jp/
取材日 2008年10月

関連製品/サービス

CA Privileged Identity Manager(旧 CA ControlMinder)

CA Privileged Identity Managerは、OSユーザのアクセス管理を行なう製品です。アカウント管理、アクセス制御、アクセスログの取得などにより、重要なデータやアプリケーションを保護します。

  • OS機能では不可能な特権IDのアクセス制御を実現
  • 監査対応に有効な詳細で解りやすいアクセスログ
  • 特権/共有ID管理を低コストで実現

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る