TOP>事例>製造業>「CA ControlMinder(現:CA Privileged Identity Manager)」、「Logstorage」、「PISO」、「監査れポータル」の4製品を導入し、短期間で内部統制支援システムを構築。

「CA ControlMinder(現:CA Privileged Identity Manager)」、「Logstorage」、「PISO」、「監査れポータル」の4製品を導入し、短期間で内部統制支援システムを構築。

星和電機株式会社

導入製品/サービス…
PISO  CA Privileged Identity Manager(旧 CA ControlMinder)  Logstorage  監査れポータル  


内部統制支援システムを1ヵ月半で構築!
4製品の効果的な組み合わせで監査業務の大幅な効率化を実現!


一定のルールのもとにアクセス・ログなどの確認は行っていたが、ログの容量が膨大ということもあり、詳細な分析は行っていなかった。 しかし、法制化により企業として内部統制を実現していることを証明しなければならなくなり、そのための仕組みを短期間で構築する必要あった。

そこで、サーバへのアクセス制御やログの取得を行う「CA ControlMinder」、データベース・アクセスを監視する「PISO」、収集したログを統合管理する「Logstorage」、更に、内部統制におけるIT全般統制の実施状況をモニタリングする「監査れポータル」の4製品を導入し、システム化することにより短期間で内部統制支援システムを構築することができた。

導入のPOINT

導入の背景


  • オープンソースで法制化に向けた対応する構想だったが、何か問題が発生した場合に、全て自分たちの責任で対処しなければならないため、リスクが大きいと判断。商用ソフトを採用した。
  • 内製化した場合にかかるログの照合作業や検索作業が煩雑になり、膨大な作業が発生し、人的コストが増大していた。

導入の成果


  • 認証ログやアクセス・ログの収集と管理、ログのモニタリングをシステム化したことにより、大幅な効率化を実現。
  • 監査れポータルでログ集約されたことにより、今までログが膨大で実現できなかったアクセス・ログと利用者個人を簡単にひも付けられるようになった。

システム構成イメージ


PDFダウンロード

事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

事例の続報はこちらから!


星和電機は、2009年1月、内部統制支援のログ監査システムの本番稼動を開始。しかし、それは「特権IDの利用申請書と実際のログとの突合せ作業」という課題を抱えたままでのスタートでもあった。今回、監査れポータルが装備する「突合せ自動化機能」と「ワークフローシステム連携機能」を利用することで、その工数を劇的に削減することに成功した。

事例の続報はこちらからご覧いただけます。

この事例で採用された、特権ID製品に関する資料を無料プレゼント

この事例で採用された製品の1つである、特権ID管理を実現するCA ControlMinder (現:CA Privileged Identity Management、略称:PIM)の関連資料を無料でダウンロードいただけます。

ライセンスの考え方や機能、システム要件といった基本的な製品情報から、特権ID管理のよくある課題と解決策といった読み物まで、効率的でセキュアな特権ID管理の実現イメージを、もう一歩具体化していただける資料集です。お気軽にご利用ください。

この事例でご紹介したお客様情報

企業名 星和電機株式会社
創業 昭和20年10月1日(三星電気有限会社)
設立 昭和24年1月18日
資本金 3,380百万円 上場、大阪2部
売上高 19,813百万円(※平成24年3月期)
従業員数 456名(186名)
()内は臨時従業員数を外数で記載 ※平成24年3月現在
代表者 取締役社長 増山 晃章(平成24年6月28日現在)
本所所在地 〒610-0192 京都府城陽市寺田新池36番地
事業内容 情報表示システム、道路・トンネル照明器具、産業用照明器具、照明用LED製、ノイズ対策製品、配線保護機材

関連製品/サービス

PISO

PISOは、データベースのアクセスログを取得し、不正アクセスを即座に発見できるデータベース監査ツールです。パフォーマンスに影響を及ぼすことなく、正確なログを取得できます。

  • Oracle DBへのアクセスを記録・監査
  • 不正なアクセスに対する柔軟な警告
  • パフォーマンスに影響を与えずSQL全文を取得

詳細へ

CA Privileged Identity Manager(旧 CA ControlMinder)

CA Privileged Identity Managerは、OSユーザのアクセス管理を行なう製品です。アカウント管理、アクセス制御、アクセスログの取得などにより、重要なデータやアプリケーションを保護します。

  • OS機能では不可能な特権IDのアクセス制御を実現
  • 監査対応に有効な詳細で解りやすいアクセスログ
  • 特権/共有ID管理を低コストで実現

詳細へ

Logstorage

Logstorageは、大量のログデータを収集し、分析できるようにする統合ログ管理システムです。ログ管理システムのデファクトスタンダード製品として、小規模から大規模まで圧倒的なシェアを誇ります。

  • 多彩な収集機能によりログ収集の手間を大幅に軽減
  • 独自の構造化によるログの圧縮でストレージコストを軽減
  • 使いやすいWebアプリでログ活用を簡単に実現

詳細へ

監査れポータル

監査れポータルとは、IT全般統制の運用状況の「見える化」を実現するソリューションです。面倒な作業を自動化し、システムの利用状況をひと目で確認できるようにします。

  • 18種類の監査ポリシーをひな形として提供
  • 対処結果も管理し、対処結果を含む監査レポートを出力
  • 申請情報との突合作業を自動化し、大幅な工数削減を実現

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る