TOP>事例>製造業>従来ツールと比較して、開発、導入コストが1/3以下、年間の運用コストは1/5と大幅な削減を実現

従来ツールと比較して、開発、導入コストが1/3以下、
年間の運用コストは1/5と大幅な削減を実現

小岩井乳業株式会社

導入製品/サービス…
QlikView  


“容易な操作性、高いレスポンス、そして大幅なコスト削減とわれわれが要望する以上の成果をQlikViewが実現してくれました”

小岩井乳業株式会社
経営企画部 情報システム担当
部長代理 鎌田出氏


使い易さと柔軟性を第一に考えてBIツールを選定


小岩井乳業株式会社の原点である小岩井農場は1891年、日本鉄道会社副社長・小野義真、三菱社社長・岩崎彌之助、鉄道庁長官・井上勝により創業。3氏の頭文字を組み合わせて「小岩井農場」と命名されました。その後、わが国の畜産や乳製品のパイオニア・ブランドとして高い品質と信頼性を誇ってきました。現在は、乳製品の製造・販売に特化した事業を展開しています。

最近では、「小岩井だからこそできること」をコンセプトに長時間発酵による自然ななめらかさを特徴とする特保認定の「小岩井生乳(なまにゅう)100%ヨーグルト」や、焼いても形が崩れずに、表面はこんがりを実現した「小岩井 こんがり焼けるチーズ」など魅力あるヒット商品を次々と生み出しています。

小岩井乳業では、すでに2005年よりBIツールを導入し、営業部門における売上データの分析、経理部門における売上・損益等の予実管理等に活用してきました。しかし、使用から5年ほどを経過し、このBIツールを運用しているサーバのメーカーサポートが終了。データベースについてもリプレース期を迎えていたことから、2010年に入って次期BIツールの検討を開始しました。経営企画部 情報システム担当 部長代理の鎌田 出氏はこの間の経緯と従来の課題について次のように述べます。
「当初は、現場が操作に慣れている従来ツールを更新することも考えましたが、製品のライセンス体系の変更によって、かなりのコスト高になることが分かっていました。また、従来ツールは多機能ではあるものの、その機能を使いこなすには高い知識、ノウハウが必要でした。そのため、実際に現場の多くのユーザーが利用する機能は限られていて、十分な活用ができずにいたことも課題でした。画面設計といった大掛かりなものでなく、項目の追加といった僅かな変更でさえ、いちいち外部のベンダーに作業を依頼する必要があるなど、運用面でもコスト高の要因になっていました。そこで、新たに導入するツールについては、使い易さと柔軟性を第一に考えて製品選定を進めました」

操作性に優れ、高いレスポンスを発揮したQlikViewを採用


同社が本格的に検討を開始したのは2010年初頭のことで、同年中のカットオーバーを目指して製品選定を進めました。採用候補とした6製品の中から、使い易さや変更等への柔軟な対応が可能で、さらに大量のデータ処理にも高いレスポンスを発揮したQlikViewの採用を決定しました。中でも、操作性について営業部 営業企画担当の石井 佳治氏、QlikViewのダッシュボードについて次のように評価します。
「QlikViewのダッシュボードは、コベルコシステムとアシストによるデモを見せていただいた時から、グラフィカルで直感的に理解し易いインタフェースであることに強く惹かれました。豊富なグラフやチャートが装備されていて、画面上により多くの情報を表示しながらもとても見やすく表現できるため、情報の的確な把握および分析が容易です。しかも、このグラフィカルなダッシュボードは、QlikViewに標準で装備されていますが、他社製品の場合はオプション提供となるケースがほとんどです。その意味からも、QlikViewの製品設計にユーザーの使い勝手に対する配慮を強く感じました。

QlikViewの導入には8月に開始、1ヶ月強ほどの構築期間と評価検証、数ヶ月間の旧システムとの平行運用を経て、2011年1月に正式にカットオーバーしました。
「乳業業界には独特な用語や言い回しなどもありますが、長年のお付き合いで当社の業務に精通しているコベルコシステム、およびコベルコシステムと密に連携してサポートしてくれたアシストが、われわれの要望を的確に理解し、カスタマイズを行ってくれたため、導入もスムーズに進みました」と鎌田氏は解説しました。

TCOの観点からも劇的なコスト削減を実現したQlikView


QlikView導入による大きな成果の一つがコスト。鎌田氏は、従来ツールを使ったシステムと比較するとコストが劇的に変わったと言います。「まず、開発・導入コストが1/3以下、年間の運用コストはさらに1/5へと大幅なコスト削減が実現し、TCOの観点からも大きな成果を達成しています。以前のツールでは、Webサーバ1台、レポートサーバ1台、DBサーバ2台の合計4台のサーバと、ストレージとしてLTOライブラリ2台というシステム構成を必要としていました。これをQlikViewのサーバ1台とストレージ装置1台という、非常にシンプルなハードウェア構成に変更しました。それでもレスポンスは非常に早く、以前ならキューを出してから30分以上も止まったようになっていた処理も重さを感じることがありません。インメモリ連想技術の効果を強く実感しています」

QlikViewは、特徴であるインメモリ連想技術により、従来のBIツールのようなデータマートの構築などを不要とします。加えて、すべての処理をメモリ上で行うことでボトルネックになりがちなディスク・アクセスを排し、高速レスポンスを実現します。また、以前であれば外部に依頼していた画面変更などの作業が一切不要となり、変更作業を外部に委託することで生じるタイムラグが無くなりました。しかも、以前は頻繁にあったユーザーからの操作に関する問い合わせなども、ほとんどなくなったといいます。
「われわれシステム部門にとっても負荷の軽減となっています。こうしたユーザーサポートなどの負荷は目に見えないコストとなりますが、これらの点まで考慮すると、TCOとしてのコスト削減はより大きなものとなります」(鎌田氏)

※写真 左より
小岩井乳業株式会社 情報システム担当 部長代理 鎌田出 氏
小岩井乳業株式会社 営業部 営業企画担当 石井佳治 氏

経営層自らが活用するQlikView


現場の使い勝手という観点からも大きな成果が上がっています。石井氏は「以前はデータマート、キューブ作成の作業がシステム上の大きな負荷となっていました。そのため前日確定データを最新のデータとして活用するために、データマートおよびキューブ作成のJOBを2台のサーバで分散処理する構成が必要でした。しかし、QlikViewの導入によってデータマートおよびキューブ作成が不要となり、処理に掛かる時間も大幅に短縮しています。これにより、年間を通じて実施している様々なイベントやキャンペーン活動の成果も即座に把握できるようになりました。今後は損益の詳細な分析などにも役立てていきたいですね」と評価します。
さらに、項目を選択していく対話形式による操作でユーザーが必要な情報を分析できることから、各担当者が独自の分析軸を設定して、これまでになかった活用を始めるケースも目立ってくるようになっています。これを顕著に示しているのが経営層におけるQlikViewの活用で、「最近では、営業のトップである役員自らが営業資料を作成して、会議で使用するようになりました」と石井氏は述べます。

現在、営業社員を中心に営業統括部門、SCM部門、経理部門など約100名のユーザーがQlikViewを活用していますが、製造部門など他部門からも導入を要望する声が上がっています。今後は、全社的なQlikView導入を検討していくことを目指しています。

小岩井乳業が販売している創造的で魅力的なさまざまな乳製品


小岩井乳業
株式会社
わが国の畜産や乳製品のパイオニアとして歩んできた小岩井農場を原点に、乳事業をコア事業にすえて、他の乳業メーカーにはない創造的で魅力的な新しい価値のある商品を提案している。
業種 食料品
地域 日本
支店/3ヵ所、工場/3ヵ所(2011年9月現在)
利用者 営業社員を中心に営業統括部門、SCM部門、経理部門など。
課題 以前のBIツールは、ライセンス形態の変更で運用コスト増に。また、多機能ではあるが、操作が難しく充分に使いこなせていなかった。
わずかな画面変更でも外部への開発依頼が必要であった。
対策 導入及び運用コストの大幅な削減が見込めて、操作も容易なQlikViewを導入。
効果 開発、導入コストは1/3以下に、運用費用も年間1/5に大幅削減。直接DBを必要な分析軸で展開できるため、年度や月をまたぐようなキャンペーン分析がストレス無く実現。全社員がQlikViewの分析を中心に同じ視点で会話ができる。
データソースと
システム
Oracle/Microsoft Windows Server

関連製品/サービス

QlikView

QlikViewは、大量データを簡単な操作で自由に分析できるインメモリBIツールです。従来のBIとまったく異なる革新的な分析ツールとして、世界中で注目を集めています。

  • 大量のデータから問題解決の糸口を見つける「発見型BI」
  • 独自の連想技術であらゆるデータを自由に分析
  • 今すぐ使えるフリーバージョンもダウンロード可能

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る