TOP>事例>製造業>世界最大級の1日40万ジョブ山崎製パンはその安定運用に成功それを支えたのは アシスト+JP1

世界最大級の1日40万ジョブ
山崎製パンはその安定運用に成功
それを支えたのは アシスト+JP1

山崎製パン株式会社

導入製品/サービス…
JP1  


山崎製パンは、約30年間利用してきたメインフレームの基幹システムの再構築を、IAサーバ環境で自社開発/自社運用することを決断。新しく策定したジョブ運用基準では日々40万もの膨大なジョブを処理することが求められましたが、様々な創意工夫およびJP1とアシストのナレッジを活用することにより、無事にカットオーバーし、安定稼働を実現させました。

導入のPOINT


1. 40万にも上る世界最大級のジョブ運用をIAサーバによる集中管理で実現
2. このプロジェクトを機に、JP1によるジョブ運用を社内標準に制定
3. BCP体制を新たに確立しながらも運用コストを削減

課題

  • 約30年前に構築したメインフレームの基幹システムを維持する一方でサブシステムを外注でオープン化したため、自社開発/自社運用の風土が崩れ、基幹システム構築のノウハウも後続メンバーに受け継がれていない
  • 拠点ごとにメインフレームを分散配置しているため有事の対応に不安がある

対策

  • 基幹システムの自社開発/自社運用を前提にオープン環境で再構築
  • 大規模開発に対応するため新環境におけるジョブ運用基準を新たに策定
  • 自社での安定運用に必要な機能と信頼性、市場シェアの高さを評価してJP1を選択
  • JP1を熟知し、過去のサポート評価が高いアシストをパートナーに選定

効果

  • 創意工夫の結果、40万もの膨大なジョブを日常的に稼働させることに成功
  • 自社運用、業務効率化、人材の最適配置などで運用コストを削減
  • ジョブ管理の社内標準化により障害や遅延に即時対応できる体制を確立
  • 宿願だったBCP体制の整備に寄与

基幹システムの再構築イメージ


基幹システムの再構築イメージ



事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 山崎製パン株式会社
概要 昭和23年、戦後の食糧難の中で高品質の製品と顧客本位のフレッシュサービスの提供を理念に掲げ事業を開始。今日まで絶え間なく技術革新、創意工夫を続け、日本の食生活の向上に寄与している。
本社 東京都千代田区岩本町3-10-1
設立 1948年6月21日
資本金 110億1,414万3千円
従業員 17,521名(2013年12月現在)
URL http://www.yamazakipan.co.jp/
取材日 2014年9月

関連製品/サービス

JP1

JP1は、国内トップシェアを誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。システムの自動化や稼働性能監視、資産管理等を統合的に行うことができます。JP1のことなら、実績豊富なアシストにご相談ください。

  • システム全体の監視、ジョブ運用等の一元管理を実現
  • システム規模に合った最適な投資で開始可能
  • 様々なプラットフォームに対応

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る