TOP>事例>製造業>WebFOCUSとiPadの活用で経営情報の「見える化」を実現。BIツールを統合し、情報活用基盤を再構築

WebFOCUSとiPadの活用で経営情報の「見える化」を実現。BIツールを統合し、情報活用基盤を再構築

日本特殊陶業株式会社

導入製品/サービス…
WebFOCUS  


日本特殊陶業 WebFOCUS導入事例

事業部ごとに異なるBIツールを使用し、DWHが散在していた日本特殊陶業では、必要なデータの取得やレポート作成に工数がかかり、経営層やユーザが迅速な意思決定をする妨げになっていました。そこで、情報活用基盤の再構築を進め、「いつでも」「どこでも」閲覧ができるようWebFOCUSとiPadを活用して経営情報の「見える化」を実現。今後は、WebFOCUSを全社の情報活用基盤と位置付け、情報分析の更なる活性化を図っていきます。

導入のPOINT


1. WebFOCUSとiPadの組み合わせによるソリューションで「いつでも」「どこでも」経営情報を「見える化」
2. WebFOCUSの開発容易性や柔軟性を活かし、2名の開発者で約4ヵ月間に約50本のレポートを一気に作成
3. 事業部ごとに異なるBIツールをWebFOCUSに統一し、全社の情報活用を活性化する基盤を構築

課題

  • 事業部、システムごとに異なるBIツールが存在し、DWHが散在していた
  • 事業部をまたがるデータを利用するレポート作成に、多くの工数と時間を要していた
  • 経営層に向けたタイムリーな情報提供ができていなかった

対策

  • 開発容易性、柔軟性、拡張性を備えたWebFOCUSを採用
  • iPadの活用で「いつでも」「どこでも」情報確認できる仕組みを構築
  • 事業部ごとに異なるBIツールを、WebFOCUSで統一することを目指す

効果

  • 経営判断に貢献する情報をタイムリーに提供できる環境を整備
  • 多大な時間とコストが必要だったレポート開発の大幅な効率化を実現
  • 今後のデータ活用を見据えた、全社の情報活用を支える基盤を整備

システム構成イメージ



事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 日本特殊陶業株式会社
概要 内燃機関におけるスパークプラグ、世界トップシェアを有する排気酸素センサ、半導体部品におけるパッケージ、機械工具、医療用バイオセラミックス、産業用セラミックスなど幅広いラインアップを製造/販売。
本社 愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14-18
設立 1936年10月26日
資本金 47,869百万円
従業員数 単独:5,823名 連結:13,197名(2015年3月現在)
URL http://www.ngkntk.co.jp/
取材日 2015年6月

関連製品/サービス

WebFOCUS

WebFOCUSは、社内外のユーザに情報を届け、情報活用を定着させるBIプラットフォームです。現場のビジネスユーザから経営者、顧客やパートナーまで、あらゆる人がいつでも、どこでも、必要な情報をリアルタイムに活用できる“オペレーショナルBI”をベースコンセプトに、ユーザが“使いやすい”情報活用環境を実現します。

  • 全社での情報活用を可能にする「オペレーショナルBI」
  • 社内外問わず誰もが簡単に使える操作性
  • さまざまな業種/業態での事例を公開中

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る