TOP>事例>商社/流通/卸/小売>20年間使ったシステムのXPサポート終了とハードウェア老朽化コスト大幅削減での利用継続を可能にしたクライアント仮想化

20年間使ったシステムのXPサポート終了とハードウェア老朽化
コスト大幅削減での利用継続を可能にしたクライアント仮想化

株式会社エイゾーコレクション

導入製品/サービス…
Ericom  


「システムはビジネスを支える大切な道具。道具は丁寧に長く使いたかった」

「EIZO」ブランドで知られる婦人靴専門メーカー 株式会社エイゾーコレクション。同社では、20年以上かけて完成させたビジネスの集大成というべき販売管理システムを有していました。XPサポート終了とハードウェア老朽化で顕在化したシステム移行問題に対し、Ericomによるクライアント仮想化を選択することで、低コストで今まで通りのシステムを継続して利用することができました。

導入のPOINT


1. システム再開発に比べて導入コストを大幅削減
2. わずか2ヵ月で導入完了
3. 従来のシステムと同じ品質と使用感


課題

  • Windows XPのサポート終了で販売管理システムの移行が現実化
  • ハードウェアがメーカーの保守期限が終了し安全を維持しがたい状態まで老朽化
  • システムの再開発には数千万円単位のコストがかかる

背景

  • 販売管理システム自体には手を入れずに、Ericomを使ったクライアント仮想化環境に移行することで継続利用を決定

効果

  • 実務に影響を及ぼすことなくシステム移行を完了
  • 従来システムと変わりない品質とユーザビリティの実現
  • 従来のシステム統合に向けてコストを抑えた最適な投資

本事例をPDFでダウンロード

本事例の詳細を、PDF形式でご自由にダウンロードいただけます。社内共有等にご活用ください。


本事例で採用された製品情報

本事例で採用された、クライアント仮想化製品「Ericom」の関連資料を無料でダウンロードいただけます。
製品の概要資料や、価格/システム構成資料、事例集、Ericom製品を活用した標的型攻撃対策ソリューション紹介資料まで、ジャンルは様々です。貴社のご検討状況に合わせて、お気軽にお申し込みください。


本事例でご紹介したお客様情報

会社名 株式会社エイゾーコレクション
概要 創業から58年の歴史を持つ婦人靴専業メーカー 株式会社エイゾーグループの販売会社。「EIZO」ブランドで知られ、百貨店からセレクトショップまで日本全国に幅広く取引先を有している。
本社 東京都台東区花川戸1丁目13番15号
設立 1983年6月
資本金 3,000万円
従業員 43名
URL http://www.eizo-collection.com/
取材日 2014年1月

関連製品/サービス

Ericom

Ericomは簡単に、低コストで導入できるクライアント仮想化ソリューションです。独自のRDPアクセラレーターとHTML5ブラウザクライアントから仮想デスクトップ(VDI)や仮想アプリケーション(RDS/TS)に対して、いつでも・どこでも・どんなデバイスからでも高速アクセスを可能にし、ワークスタイル改革を支援します。VDIやシンクライアントの仕組みはコストが高いと敬遠してきた方にピッタリの、シンプルかつ効果的な新しいクライアント仮想化ソリューションです。

  • 価格は他社製品の約3分の1、VDIなら1ユーザ1万円以下
  • 業界初のHTML5対応、ブラウザだけでデスクトップ接続
  • RDPを5倍~25倍に高速化、快適なリモートアクセス実現

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る