TOP>事例>商社/流通/卸/小売>大量データの高速な分析環境を整備。経営情報の可視化を実現し、タイムリーな経営判断に貢献

大量データの高速な分析環境を整備。経営情報の可視化を実現し、タイムリーな経営判断に貢献

日本KFCホールディングス株式会社

導入製品/サービス…
QlikView  


日本KFCホールディングス QlikView導入事例

全国に1,500店舗以上を展開する日本KFCホールディングスでは、販売実績の集計時、大量データの取得に時間を要し、分析軸の変更も困難なため柔軟な分析ができないという課題を抱えていました。インメモリによる高速処理や、独自の連想技術による自由な分析が可能な点を高く評価し、QlikViewを採用。ユーザ部門主導のデータ活用を実現し、経営層からの様々なデータ要求にも迅速な対応が可能になり、素早い経営判断に貢献しています。

導入のPOINT


1. 20億件超の大量な明細データを高速/柔軟に分析、レポート作成工数を数分の1に短縮
2. 思い立ったらQlikView!ユーザ部門主導によるデータ活用を実現
3. 売上情報/会計情報の可視化を実現。マネジメント層で活用され、素早い経営判断に貢献

課題

  • 従来のBIツールでは分析軸の変更に大きな手間がかかり、柔軟な分析が困難だった
  • データ抽出には基幹データベースへのアクセスが必要なため、依頼から取得まで1週間程度必要だった
  • ExcelやAccessによるデータ分析では、データ量の限界や属人化の問題に直面していた

対策

  • 独自の連想技術により、自由自在に分析が可能なQlikViewを採用
  • 基幹データベースから分析用のデータを抽出し、ユーザ部門主導で迅速に分析が可能な環境を構築
  • メンバー間で共有可能なレポートを用意し、個人の技量に左右されない情報活用基盤を整備

効果

  • ユーザ部門による分析のための下準備が不要になり、本来の業務に専念できる環境を実現
  • 経営層からの様々なデータ要求にもいち早く応じ、素早い経営判断に貢献
  • 新店舗オープン後の動向と他店舗実績の比較など、従来のレポート作成業務を迅速化

システム概要


システム概要

PDFダウンロード


本事例をまとめたPDF資料を今すぐダウンロードいただけます。印刷や社内共有等にご活用ください。

会社名 日本KFCホールディングス株式会社
概要 手づくりのふっくらジューシーなフライドチキンを提供する「ケンタッキーフライドチキン」および宅配ピザチェーン「ピザハット」などを日本全国で展開している。
本社 東京都渋谷区恵比寿南1丁目15番1号
設立 1970年7月4日
資本金 72億9,750万円
従業員数 1,024名(2015年3月31日現在/連結)
URL http://japan.kfc.co.jp/
取材日 2015年12月

関連製品/サービス

QlikView

QlikViewは、大量データを簡単な操作で自由に分析できるインメモリBIツールです。従来のBIとまったく異なる革新的な分析ツールとして、世界中で注目を集めています。

  • 大量のデータから問題解決の糸口を見つける「発見型BI」
  • 独自の連想技術であらゆるデータを自由に分析
  • 今すぐ使えるフリーバージョンもダウンロード可能

詳細へ

AEBIS

AEBISは、お客様それぞれに最適なカタチを提案する情報活用ソリューションです。

  • 情報系システム「つなぐ」「貯める」「活かす」の視点
  • お客様の目的・課題に対する「適材適所」の組み合わせ
  • 情報活用に欠かせない「使う人を意識した仕組み作り」

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る