TOP>事例>サービス>地図データの鮮度と品質をいかに高めるか?「PostgreSQL+PostGIS」を使った現地調査システムの構築

地図データの鮮度と品質をいかに高めるか?
「PostgreSQL+PostGIS」を使った現地調査システムの構築

インクリメントP株式会社

導入製品/サービス…
EDB Postgres(PostgreSQL)  


【事例】インクリメントP様 - PostgreSQL、PostGIS


地図検索サービス「MapFan」をはじめとする地図データを核としたビジネスを幅広く展開するインクリメントP株式会社では、人手によるきめ細やかな現地調査により、地図データの精度や鮮度を担保しています。作業の効率化や品質向上を図るために、このほどPostgreSQLをデータベース基盤とする新システムの開発と運用に乗り出しました。

導入のPOINT


1. 新システム導入により、現地調査作業の効率、品質、調査結果の精度向上を実現
2. PostgreSQLとPostGISの採用で、地理空間情報を含む地図データベースを低コストで構築/管理
3. アシストの「PostgreSQLプロダクトサポート・サービス」により将来に渡って安心できる運用体制を実現


課題

  • 現地調査に赴く調査員は常に大量の紙の地図を持ち歩いていた
  • 調査結果を紙で受け取り、さらにシステムへ入力する「二重入力」
  • 調査結果の状況をリアルタイムで把握できず、手戻り作業が発生

対策

  • スマートフォンをフル活用する「スポット現地調査システム」を開発
  • 地図データをPostgreSQLとPostGISによる低コストのデータベース基盤で管理
  • データベース周りの問題に備え、アシストのPostgreSQLプロダクトサポート・サービスを採用

効果

  • スマートフォン上に調査ポイントの地図を表示することで、紙の地図が不要に
  • 二重入力がなくなり、調査結果の入力作業の効率は1.5倍に向上
  • 現地調査の内容や進ちょく状況をリアルタイムに把握可能
  • アシストのサポート・サービスで、PostgreSQLを安心して利用可能

システム構成イメージ


【事例】インクリメントP様 - システム構成図

業種:地図関連サービス
利用業務:地図データの内容検証のための現地調査作業


事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 インクリメントP株式会社
概要 「ナビゲーション」「コンテンツ」「地図ソリューション」の3つの事業エリアでビジネスを展開。「地図製作」をベースに、データ編集からアプリ開発まで幅広いサービスを顧客に提供しています。
所在地 神奈川県川崎市川崎区日進町1-14
設立 1994年5月1日
資本金 4億3,450万円
従業員数 499名(2014年4月1日現在)
URL http://www.incrementp.co.jp/
取材日 2014年6月

関連製品/サービス

EDB Postgres(PostgreSQL)

EDB Postgresは、企業のニーズを満たすために必要な機能を実装したエンタープライズデータベースです。開発生産性や運用管理性を向上させる豊富な機能と柔軟性の高いライセンスモデルはクラウド環境に適しており、企業における投資対効果を最大化します。

  • 商用RDBMSと遜色ない機能を持つオープンソースRDBMS
  • 適材適所なデータベースの活用で最適コストを実現
  • 24時間365日、10年長期対応のサポートを提供

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る