TOP>事例>サービス>フレキシブルな人材データベースで従業員のパフォーマンス最大化へ!QlikViewでタレント・マネジメントを実現

フレキシブルな人材データベースで従業員のパフォーマンス最大化へ!QlikViewでタレント・マネジメントを実現

株式会社ディー・エヌ・エー

導入製品/サービス…
QlikView  


株式会社ディー・エヌ・エー QlikView導入事例

ディー・エヌ・エー(DeNA)のヒューマンリソース本部では、常に変革が求められるビジネス環境において、人材配置を重要なミッションの1つとしています。QlikView で従業員一人ひとりのスキルや経験に関するデータを一元化し、事業戦略にあわせた異動をプランニングできるタレント・マネジメントに活用しています。

多様な職種スタッフが集まるクリエイティブな制作現場


── DeNA様といえば、eコマース、ゲームに始まり、キュレーション、ヘルスケア、スポーツ、自動車など多様な事業展開をされています。社内には様々な職種の方が在籍されているのですか?

そうですね。例えば、ゲーム制作の現場一つにしてもプロデューサー、プランナー、エンジニア、デザイナーといった職種などがあります。

── 職種ごとに専門的なスキルが求められそうですね。

ヒューマンリソース本部(以下、HR)では、エンジニアであれば全ての開発言語を対象に、誰がどの言語でプログラミングできるのか、また過去に参加したプロジェクト経験やプロジェクト管理のスキルレベルを細かな粒度で見ています。


従業員のタレントをQlikViewで一元化。人的リソースのバリューを最大化する


── 全従業員のスキルを把握しているのですか?

一人ひとりのスキルや経験、キャリア志向をタレント(資質、才能)と定義していまして、このタレント・マネジメントがHRの重要な業務のひとつとなっています。


── 具体的なマネジメント例を教えてください。

例えばゲーム開発のプロジェクトを組む時、HRではそのプロジェクトが求めるタレントを保有する人、もしくはこれからその分野にチャレンジしようとする人を適格かつ迅速にアサインしなければなりません。このような場面では、HRのメンバーはQlikViewの画面を立ち上げます。

── QlikViewで何が見えてきますか?

社内には人事関連のシステムがいくつかあり、AccessやExcelも含めて様々な人事情報をQlikViewに吸い上げています。QlikViewから広く詳細まで見渡せますから、個人プロファイルでアサイン要件との合致を確認したり、特定のスキルをキーに検索をかけて候補となる従業員をリストアップすることも可能です。

── 従業員個人のタレントと、会社の事業戦略がマッチする瞬間ですね。

人材配置は戦略上重要なミッションのひとつですから、従業員がパフォーマンスを存分に発揮できるように、人材データをフル活用してその掛け合わせの最大化を目指しています。

働き方をデータ分析。従業員一人ひとりのサポートにつなげる


── 先ほど「キャリア志向」という言葉がありました。従業員の気持ちや志向もデータ化されているのですか?

毎月全社員に対して、コンディションを確認するアンケートを実施しています。現在の職務においてやりがいを感じながら働けているか、能力をフル活用できているかなど、数分で回答できるアンケートです。

当社では「人は仕事で育つ」という理念のもと、社員個々の能力に対して少しストレッチなアサインをします。ですから、社員が現在の仕事に対してやりがいを感じられているかというのは適材適所なアサインができているかを確認する上で、非常に重要な指標だと捉えています。

── 働き方のデータ分析は、HRならではのアプローチですね。

勤怠データも働き方を知る重要な手がかりです。勤怠システム上の出社/退社時刻に加え、執務室の入退室記録をQlikViewに吸い上げてオフィスの滞在時間をウォッチしています。このままのペースで残業を続けると今月末には規定時間数を超えてしまうと予測される場合は、対象者のマネージャに速やかにフォローを入れ改善を求めています。

── 労務管理にも役立てられているのでしょうか?

過重労働は、社員のデモチベーションによる業務効率低下/成長停滞など会社にとって多くのデメリットがあります。過重労働を未然に防ぐことは企業業績向上において欠かせない施策だと考えていますので、特に手厚く取り組んでいます。

人事部門内でQlikViewを自主運用。IT部門を介さずにセンシティブな情報を扱う


── QlikViewはHR内で運用されているのですか?

ほぼ完全な自主運用です。HRの現場で次々に発想されるアイデアは、その場でQlikViewで検証し分析しています。IT部門にアプリ開発を依頼するとどうしてもスピード感が失われてしまいますし、センシティブな情報を取り扱うという観点からもHR内で企画/開発/運用をまわせるのがベストです。もちろん社内システムの管理/統制はIT部門が効かせていますので、新たなシステムに接続をする際などは協力してもらっています。

── ユーザ部門主導でシステムを運用されているのですね!

エンジニアでなくても分析アプリケーションが作れるのはQlikViewの魅力ですよね。演算処理に関数が必要な時は「Qlik関数大全(アシスト監修)」を活用しています。いつも手元に置いていて、もうボロボロです(笑)。

── 人事業務とQlikViewの相性はいかがですか?

もともとは、基幹システムのレポーティングツールという補助的な役割でQlikViewを導入しましたが、今やQlikView無しにはDeNAの人事業務が成り立たないほどです。人事の現場は、集計や分析、データ登録などの手作業が意外と多いんですよね。そこにQlikViewを使わないのは本当にもったいないですよ。人事部門の業務改善にダイレクトに直結しています。

QlikViewは人事戦略を支える人材データベース


── QlikViewはどのように位置づけていますか?

人材データベース、そのものです。社内の人事情報をQlikViewに集約し、タイムリーに必要な情報を取り出せるフレキシブルなデータベースを構築できました。Accessでは限界だったデータ量を難なく扱えるインメモリや連想技術にも驚きましたが、システムアーキテクチャが何よりすばらしいですね。

── 今後の展開をお聞かせください。

QlikViewによって、人事データの一元化には成功しました。今後は一歩先の「見える化」にチャレンジしたいですね。

以前に人事ダッシュボードを構築したことがあるのですが、要件の詰め込みすぎだったり、意味の低い指標にこだわりすぎたりと、ユーザにほとんど使われず失敗に終わったことがあります。

次の「見える化」では、QlikViewの表現力を最大限に活かして、利用者に気づきを与え、思考を促すようなダッシュボードを作っていきたいです。実現できたら、QlikViewもいよいよ本物のタレント・マネジメントシステムになりますね。

── DeNA様の人事戦略を支えるシステムとして、さらなる活用が期待されますね。

人材分析は、ビジネスのミッションや人的リソースが異なるため各社各様であり、他社の真似をしても自社の競争優位は生み出せないと考えています。

HRは異動のプランニングを主導する部門として、会社の半歩先を見据えた組織作り/人材配置に取り組んでいますが、実現にはその時々の戦略に対応したフレキシブルな人材データベースによる分析が欠かせません。HRのコア業務を支えるデータベースとして、今後もQlikViewを活用していきます。

(左から)
株式会社ディー・エヌ・エー
 ヒューマンリソース本部 人材企画部
 ビジネスパートナーグループ
    シニアマネージャー  貝瀬 岳志 様
               酒井  瞳 様


ディー・エヌ・エー様へのインタビュー記事(PDF)をダウンロード

denaサムネイル

●従業員のタレントをQlikViewで一元化
●人的リソースのバリューを最大化する
●働き方をデータ分析
●人事部門内でQlikViewを自主運用
●IT部門を介さずにセンシティブな情報を扱う
●QlikViewは人事戦略を支える人材データベース


導入のPOINT


1.社内の人事情報を集約して、人材データベースを構築
2.個人のスキルや経験に関するデータを一元化してタレント・マネジメントを強化
3.人事部門内で自主運用セキュリティと業務スピードを両立

課題

  • センシティブな情報を扱う人事部門だからこそ、IT部門に頼らず現場で自主運用したい
  • 分析が必要になるたびに、複数の人事システムからデータを収集しなければならない
  • 従業員のスキルを正確に把握し、人事戦略と従業員の能力発揮を両立したい

対策

  • 人事部門内で分析アプリケーションを企画/開発/運用できるQlikViewを導入
  • QlikViewに人事情報を集約して、人材データベースを構築
  • プロジェクト経験やスキルなど個人のタレント情報をQlikViewで一元化

効果

  • 人事部門の自主運用で、スピード、レスポンス、セキュリティを同時に担保
  • 集計や分析、データ登録などの手作業を自動化し、効率アップとコスト削減を実現
  • タレント・マネジメントにより従業員のパフォーマンスを最大化

システム概要


システム概要

ユーザ数 ヒューマンリソース本部 35名
データソース あらゆる人事データ(データベース、Excel、Accessなど)
利用業務 従業員のタレント・マネジメント、従業員アンケート集計/分析、労務管理、人員数レポーティング、簡易ETLツール


お客様情報

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー
概要 ゲームを主力事業としつつ、eコマース、キュレーションプラットフォーム、ヘルスケアなど幅広いサービスを提供。近年は、「インターネットによるリアル巨大産業の構造変革」を戦略の一つとして掲げ、様々な新規事業にも積極的に取り組んでいる。プロ野球球団 横浜DeNAベイスターズを運営。
本社 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ
設立 1999年
従業員数 従業員数:連結:2,424名(単体:1,049名)(2015年3月末時点)
URL http://dena.com/jp/
取材日 2016年4月

関連製品/サービス

QlikView

QlikViewは、大量データを簡単な操作で自由に分析できるインメモリBIツールです。従来のBIとまったく異なる革新的な分析ツールとして、世界中で注目を集めています。

  • 大量のデータから問題解決の糸口を見つける「発見型BI」
  • 独自の連想技術であらゆるデータを自由に分析
  • 今すぐ使えるフリーバージョンもダウンロード可能

詳細へ

AEBIS

AEBISは、お客様それぞれに最適なカタチを提案する情報活用ソリューションです。

  • 情報系システム「つなぐ」「貯める」「活かす」の視点
  • お客様の目的・課題に対する「適材適所」の組み合わせ
  • 情報活用に欠かせない「使う人を意識した仕組み作り」

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る