TOP>事例>運輸/物流>整備管理システムと部品管理システムを自動連携人手をかけずに部品適正在庫を維持できる体制づくりに

整備管理システムと部品管理システムを自動連携
人手をかけずに部品適正在庫を維持できる体制づくりに

日本貨物航空株式会社

導入製品/サービス…
DataSpider Servista  

総合物流企業の日本郵船グループにおいて、「国際航空貨物運送事業」を担う日本貨物航空。同社は、全日本空輸へ前面委託していた整備事業を自社で行う体制へ移行するために、整備管理システムを開発。米国製パッケージを使ったシステムと、ボーイング社がネットワーク経由で提供する部品管理システムとの自動連携を実現するためにDataSpiderを活用して、オンタイムでのシステム運用開始に成功しました。その後は、システム連携のみならず情報マージのツールとしてもDataSpiderを活用して、定期レポートの自動生成など、約30種類のシステムを開発・運用しています。

導入のPOINT

課題

  • 専門性の高いパッケージとホスト・サービスを、短期間で自動連携させたい

解決

  • DataSpiderのWebサービスとFTPのアダプタ利用で高度な自動連携を実現し、スケジュール通りの運用開始に成功

委託事業を社内作業へ移行するため、システムの短期構築が不可欠に


 日本貨物航空(以下、NCA)は、日本唯一の国際貨物専門の航空会社です。貨物専用機ボーイング747-400Fを8機運航し、8ヵ国13都市を結んで、定期便とチャーター便を合わせて年間約4,800便運航しています。(※各種数値は2010年12月末時点)1978年の設立時は、日本郵船を中心とする海運各社と全日本空輸(以下、全日空)の協同出資で出発しましたが、運航開始20周年を迎えた2005年8月、日本郵船の単独経営体制へと切り替わりました。同時に、それまで全日空へ全面委託していた運航管理および整備事業を、NCA自ら行うという経営方針が打ち出されたのです。運航管理と整備の「自立」は、コスト効果が上がるうえに、事業環境の変化に対応する経営戦略をタイムリーに立てて実行に移せるという大きなメリットがあります。IT部門では、航空会社の根幹を支える2系統の重要なシステムを、できるだけ短期間に開発するという課題に直面しました。

システム構成イメージ



事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 日本貨物航空株式会社
本社 千葉県成田市成田国際空港内 NCAライン整備ハンガー
資本金 505億円
代表者 代表取締役社長 大槻 哲史
従業員 747名(2010年4月1日現在)
設立 1978年9月27日(初便就航 1985年5月8日)

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る