Citrixサポートブログ

  • 設計・構築・設定
2023.10.23

オンプレミス製品のパブリッククラウド環境のサポートについて

オンプレミス製品のパブリッククラウド環境のサポートについて

こんにちは。Citrix製品のサポートを担当している川東(かわひがし)です。

本記事は、Citrix社からアナウンスされた以下の技術文書に記載の内容について、弊社にて取り扱いをしている以下のライセンスに関する内容を記載しています。

【Citrix社の技術文書】
CTX270373 : Public cloud support with Current Releases and Long Term Service Releases

【弊社にて取り扱いしているライセンス】
・Citrix Virtual Apps and Desktopsのオンプレミス版の永続ライセンス
・Citrix Virtual Apps and Desktopsのオンプレミス版のサブスクリプションライセンス
・Citrixユニバーサルライセンス
・Citrix DaaS ライセンス 


本記事のポイント

2023/4/17以降に新規で購入、更新 / 追加した Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2203 の
サブスクリプションライセンスを使用してパブリッククラウド上のVDA展開ができるようになりました。
 
今まで
 ・Citrix Virtual Apps and Desktops の永続ライセンスとサブスクリプションライセンスを
  使用して、Ver.7 2203 のVDAはパブリッククラウド上で展開できません。
 
現在
 ・Citrix Virtual Apps and Desktops のサブスクリプションライセンスを使用して、
  Ver.7 2203 のVDAをパブリッククラウド上で展開できます。
  ※2023/4/17以降にライセンスを、新規で購入、更新 / 追加したお客様が対象です。
  ※2023/4/17より前に新規で購入、更新 / 追加したお客様は、購入元の販売代理店にご連絡をお願いします。
  ※永続ライセンスは対象外です。


目次

Citrix Virtual Apps and DesktopsとCitrix DaaSをパブリッククラウド環境で利用する場合の注意点
【補足①】永続ライセンスとオンプレミス環境のサブスクリプションライセンスとは
【補足②】CR版とLTSR版とは
【補足③】CR版とLTSR版の確認方法
Citrix社のアナウンス
影響を受けるお客様の対応


Citrix Virtual Apps and DesktopsとCitrix DaaSをパブリッククラウド環境で利用する場合の注意点

「ライセンスの種類とVDAバージョンの組み合わせ」別の利用可否

「ライセンスの種類とVDAのバージョンの組み合わせ」により、パブリッククラウド上での利用可否が異なります。
※VDA: Citrix Virtual Delivery Agent

A、B、Cのパターンに分けた一覧表は以下になります。
表に記載のCVADは「Citrix Virtual Apps and Desktops」の略称です。


注意点

以下の内容についてご注意をお願いします。

・Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2203 の永続ライセンスを利用してパブリッククラウド上にVDAの展開はできません。

・2023/4/17以降にサブスクリプションライセンスを、新規で購入、更新 / 追加したお客様が対象になります。

・2023/4/17より前に新規で購入、更新 / 追加したお客様は、購入元の販売代理店にご連絡をお願いします。


【補足①】永続ライセンスとオンプレミス環境のサブスクリプションライセンスとは

こちら をご参照ください。


【補足②】CR版とLTSR版とは

こちら をご参照ください。


【補足③】CR版とLTSR版の確認方法


VDAがインストールされているマシンにて、Windowsの「プログラムと機能」の画面を開きます。
以下のようにCitrixから始まるコンポーネント名が確認できます。

例:Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2203 LTSR- Virtual Delivery Agent
  Citrix Virtual Apps 7 1912 LTSR CU3 - Virtual Delivery Agent
  Citrix 7.15 LTSR CU8 - Virtual Delivery Agent
  
上記の例のように「LTSR」の表示がある場合はLTSR版です。LTSRの表示がない場合はCR版です。
なお、アシストではLTSR版の使用を推奨しており、多くのお客様がLTSR版を使用しています。


Citrix社のアナウンス

こちら をご参照ください。(英語)


Citrix製品紹介セミナーも定期開催しています

クライアント仮想化の基礎知識から、仮想化製品「Citrix Virtual Apps and Desktops(XenAppおよび
XenDesktop)」の製品概要、導入検討時に注意すべき点などをご紹介します。
今お持ちのお悩みを解決し、Citrix製品をより有効に活用する方法を具体的に学ぶことができる内容になっております。

Citrixの設定・トラブル対処方法の良くあるFAQ10選プレゼント中

アシストのCitrixサポートセンターに良くある設定・トラブル対処方法のFAQ10選の資料を無料プレゼント中です。また、Citrix XenApp/XenDesktopの問題発生時に原因を切り分ける方法も掲載しております。以下のバナーからお気軽にダウンロードください。

ブログ編集者のプロフィール

アシスト入社後、テスト系製品のカスタマーサポートを担当後、現在はCitrix製品を担当。シトリックス・システムズ・ジャパンの「2020 2nd Half Partner Award」にて、国内パートナーエンジニアの中から特に技術的な貢献が高い技術者に贈られる「Citrix Best Partner Engineer」を受賞。

XenAppとXenDesktopのトラブルシューティングや運用に役立つ情報を、長年のサポート対応の視点で分かりやすく伝えることを心がけています。学生時代から続けている映像制作の趣味の延長で、以下の動画も制作したのでご覧頂けますと幸いです。

Citrixトラブルシューティング入門動画(初動編)

著者イメージ

関連している記事

  • 設計・構築・設定
2023.12.19

ドメインパススルー認証の設定方法の一例

クライアント端末がCitrix Virtual Apps and Desktopsのサーバと同じドメインに参加している場合、Citrix製品のドメインパススルー認証の機能を使用できます。こちらの機能を使用すると、StoreFrontサイトにログイン時のアカウント入力作業を省略することができます。

  • 設計・構築・設定
2023.08.25

公開アプリケーションから接続元マシンのデスクトップにファイルを直接保存する方法

今回は、公開アプリケーションから接続元端末のデスクトップにファイルを直接保存する方法をご紹介します。

  • 設計・構築・設定
2023.08.25

ダブルホップ環境のクライアントドライブマッピングについて

ダブルホップ環境のクライアントドライブマッピングにて仮想デスクトップマシン側のドライブをマッピングする方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る