TOP>企業情報>コラム>広報部ブログ>社員同様、開発メーカーの担当者に社章を贈呈!?

社員同様、開発メーカーの担当者に社章を贈呈!?

アシスト社員と同じ目線で、日本のお客様をサポート


アシストの社員は、「すべてのビジネスは人と人との間に成立すること」を常に忘れないようにするために、社章である「人バッジ」をつけています。入社時は銀バッジ、入社10年になると銀から金にバッジの色が変わります。

この度、弊社の取扱製品の開発メーカーの中でも一番付き合いの長い、WebFOCUSの開発会社、Information Builders社(以下IB社)の日本担当、ジョー・ルイ氏に、アシスト会長のビル・トッテンより、社員と同様、金バッチが進呈されました。

IB社とは、1981年のメインフレーム用FOCUSの取扱開始から33年のお付き合いになります。

今やIT業界では、製品寿命が5年持てば長いと言われる程、製品の移り変わりが激しくなっている中、WebFOCUSは、メインフレーム時代のFOCUSから始まり、クライアント/サーバ版、さらにはPC版と、プラットフォームがいくら変わろうとも、「エンドユーザ向け情報活用ツール」という基本コンセプトを変えることなく、日本のお客様にずっと支持されてきました。日本におけるWebFOCUS導入数は、1,200サイトを超えています。

WebFOCUSがこれだけ長きにわたりお客様に支持されてきた理由の1つには、同社の創設者であり、現在もCEOを務める「ジェラルド・コーエン氏」が、技術畑出身で、ITトレンドの変化を見越して顧客ニーズへの対応に徹底して取り組んできたことが大きいと、ルイ氏は語ります。「ジェリー(社長)は70歳を超えた今も、毎日出社し、SE達に技術的な細かい指示を出している」とのこと。

今回の訪日で、ルイ氏は、約10日間かけて、札幌および東北のお客様やパートナーを、トッテンと一緒に訪問しました。IB社は、アシストと同様、株式の上場は絶対しないと決め、最優先事項は、株主の利益ではなく、お客様のニーズに耳を傾け、お客様の問題点を解決することだと、繰り返していました。

金色の「人バッジ」を受け取ったルイ氏は、「これからもアシストの社員と同じ気持ちで、日本のお客様を支援させていただきます」と嬉しそうに語りました。

そんなルイ氏。アメリカではほとんどお酒を飲まないのに、日本ではお客様やアシスト社員と居酒屋を梯子します。日本での「ノミュニケーション」の重要性を理解しているようです。

トッテンとジョー氏


導入数1,200サイトを超えるWebFOCUSはこちら

アシストに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けします。お気軽にご相談ください。


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る