TOP>企業情報>コラム>広報部ブログ>日頃のお客様への感謝を、札幌ユーザ会開催レポート

日頃のお客様への感謝を、札幌ユーザ会開催レポート

札幌ユーザ会開催レポート


2015年7月2日、アシスト札幌営業所主催の「札幌ユーザ会」が開催されました。

年に一度、いつもお世話になっているお客様をお招きし、アシストの現在の活動をご紹介、そしてこれまでの感謝をこめて懇親会を設けさせていただいています。今年は約90名程のお客様にご来場いただきました。

第一部:アシストに関する報告&講演会


まず始めに、株式会社アシスト 代表取締役社長の大塚辰男より、アシストの近況についてご報告させていただきました。

大塚辰男


1つ目はアシストの今後の取扱い分野として、データベース、運用ソフトウェア、情報活用の3分野に合わせ、新たにデスクトップ仮想化とビジネスルールマネジメントの2分野に注力し更なるお客様の最高のために貢献すること。そして2つ目は、アシスト北海道に関して北海道の方を中心に新卒採用と中途採用を行い、2017年度までに人員を60名に増強するとご報告しました。アシストの目標はこれからも「お客様と末永いお付き合いをしたい」という言葉に尽き、今後も「めげない、逃げない、あまり儲けない」を基本の活動方針として、今まで以上にスピード感をもったお客様サポートの提供に向けて尽力することを約束しました。

次に、株式会社アシスト 代表取締役会長 ビル・トッテンより、「世界はどう動くのか~アングロサクソンのユーラシア戦略~」と題して、世界の成り立ちや歴史を振返りつつ、世界情勢に関するトッテンの見解を講演させていただきました。

ビル・トッテン


多くの情報が氾濫する現代では、正しい情報を見極め、その上で正しい判断を下すことが大切です。私たちは歴史から事実を学び、自らの力で正しい最新の情報を得て、知恵を出し合いながら国の行く末を私たち自身で決めていかなければならないと語りました。

第二部:懇親会


講演の後は、懇親会です。乾杯のご挨拶はホクレン情報サービス株式会社 常務取締役 運用管理部 部長 鈴木徹治様に頂戴しました。

実は、昨年の札幌ユーザ会も鈴木様に乾杯の音頭をお願いしています。昨年のご挨拶の言葉から札幌オフィスにはある変化が起こりました。広報部ブログ(http://www.ashisuto.co.jp/corporate/column/pr_blog/article/1197657_4021.html)にも掲載しているビールサーバの設置です。

ホクレン情報サービス株式会社 常務取締役 運用管理部 部長 鈴木徹治様

ホクレン情報サービス株式会社 常務取締役 運用管理部 部長 鈴木徹治様

「『普段はIT部門でサーバの導入をしていますが、たまには泡の出るサーバも導入させて欲しい』と冗談めかして言ったことが実現し、とても驚いたのと同時に仮想サーバに終わらせなかったアシストの心意気に感動しました。」

鈴木様には、先日アシストのオフィスにもお越しいただき、北海道の美唄焼き鳥を肴にビールサーバの機能を検証いただきました。

ビール・サーバ


鈴木様のご挨拶で会場の空気も和み、温かい雰囲気で懇親会が始まりました。懇親会の途中で、設立から一貫してパッケージ・ソフトの販売にこだわってきたアシストが日本のコンピュータ市場とどのように関わってきたのか、アシストの歴史をビデオ上映にてご紹介しました。若かりし頃のトッテンの写真に会場のあちらこちらから「おぉ!」という驚きの声も聞かれました。その他にも、「そんな時代もあったね」「あの製品知ってるよ!」など、アシストと長くお付き合いいただいている皆様からのコメントも聞こえてきました。

懇親会の様子1

懇親会の様子2

アシストの歴史ビデオ


お客様同士での交流も盛んに行われ、情報交換によって仕事のヒントを得たり、同じようにITの現場で頑張っている方々との交流を通じて元気を充電したりと、有意義な時間をお過ごしいただけたのではないでしょうか。

最後は一本締めで札幌ユーザ会は閉会となりました。機会がありましたら、ぜひ札幌オフィスにもお越しいただき、泡の出るサーバで懇親会等も開催できればと思います。お忙しいところ足を運んでくださった皆さんのためにも、札幌オフィスのメンバー一同精進を重ねていきますので、今後ともアシストとの末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします!

アシストに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けします。お気軽にご相談ください。


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る