TOP>企業情報>コラム>広報部ブログ>アシスト最北端オフィスレポート - 祝!新オフィス開所2周年!

アシスト最北端オフィスレポート - 祝!新オフィス開所2周年!

アシスト最北端オフィスレポート - 祝!新オフィス開所2周年!


2014年、当ブログでアシスト札幌営業所と、アシストのサポート業務に特化したグループ会社 アシスト北海道が入居する「アシスト札幌オフィスの様子」をご紹介しました。

当時はアシスト北海道を設立して約1年半経過した頃で在籍者数は14名とまだ少なかったことに加え、今のオフィスに移転したばかりで資料やモノも少なく室内は広々としていました。あれから2年が経過。今回は、前回のレポートから変らないところや変わったところ、そして新オフィス開所2周年を記念して開催したパーティーの様子をレポートします。

変わらないところ、少し変わったところ


オフィスの窓から見える北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)と、その後方に連なる山々。北海道らしいこの美しい景色は変わることなく、いつ見ても格別です。

北海道庁旧本庁舎


オフィスを見回すと少し変わったのは、2年前にはなかったデュアル・ディスプレイがテスト導入されたこと。ノートPCがメインPCとして供与されるアシストでは、合計3つの画面を使って仕事をする姿はかなり珍しい光景です(少し下にある「現在の札幌オフィスの様子」の写真に写っています)。また、テストおよび検証用のiPadが新たに導入されました。

大きく変わったところ


2年前には14名だった在籍者数は2倍の33名に増えて、オフィスはかなり手狭になりました。2年前に本ブログで紹介したオフィスと、現在の様子を見比べてみましょう。まずは2年前の様子をご覧ください。


2年前は座席にまだまだ余裕があり、一人あたりのスペースは広々としていました。そして次が現在の様子です。

現在の札幌オフィス


この2年で在籍者数が2倍に増えて、ずいぶんと賑やかな感じになりました。

また、サポート専門会社であるアシスト北海道については、この2年でサポートの経験値が大きく増えたため、サポート対応件数が「2014年1期:667件」から「2016年1期:1,459件」と、こちらも2倍になりました。

アシストの主要4製品(データベース「Oracle Database」、統合システム運用管理ソフト「JP1」、BIプラットホーム「WebFOCUS」、インメモリBIツール「QlikView」)については、全国のアシストのサポートセンターが対応するサポート件数のうちの19%弱をアシスト北海道が担うまでに成長しました。こちらについても、2という数字に揃えられるように「20%」を目指して目下奮闘中です。

新オフィス開所2周年パーティの模様


2016年6月29日、札幌オフィス開所2周年を祝うパーティーが開かれました。当ブログで2年前にご紹介した「ビヤ樽くん」はこのパーティーでも大活躍。この日は2周年を祝うために特別に用意されたケーキもふるまわれました。

懇親会の様子1

懇親会の様子2

懇親会の様子3

懇親会の様子4


現在、アシスト北海道メンバのうち10名が市ヶ谷で長期間にわたる研修を受けています。研修を終えた彼ら、彼女らが戻ってくる2017年1月には札幌オフィスのメンバは総勢40名を超える予定です。アシスト北海道は、地域雇用に貢献するとともに、年間4,000件を超すサポートを担う強力なサポートエンジニア集団へと急成長しています。アシスト札幌営業所とともに、今後も地元札幌の地域経済に貢献できるよう日々邁進していきます。

アシストに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けします。お気軽にご相談ください。


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る