TOP>企業情報>コラム>広報部ブログ>さよなら、初代フォービー人形!

さよなら、初代フォービー人形!

さよなら、初代フォービー人形!


皆さん、フォービーをご存知ですか?
アシストの広報部ブログを見ちゃう位アシストファンのあなたなら、もちろんご存知ですよね!?

フォービーの紹介

そう!アシストの取り扱い製品である、BIプラットフォーム「WebFOCUS」のマスコットキャラクターです。

2005年、この世に生をうけたフォービー。2Dキャラクターからむくりと起き上がり、3Dへと進化!初代フォービー人形が誕生しました(現在3代目)。愛嬌のあるフォルムでアシスト社員の心を癒やし、時には受付前でお客様をお出迎えし、ある時には全国各地へ出張と、大活躍してくれました。アシストと運命を共にするかと思われた初代フォービー人形ですが、やはり寄る年波には勝てず、ヒヨコ色のボディがみるみる灰色になり、シッポは切れ……と、悲しい姿になってきたので、この度、人形供養で有名な大田区の本寿院にてご供養いただくことになりました。

今回は、フォービーを愛してやまないWebFOCUS担当者による「初代フォービー人形お別れ会」の様子をご紹介します。ちょっと長いですが、初代フォービーへの愛情の重みということでご了承いただきつつ、赤裸々に誕生秘話から語りたいと思います。

初代フォービー人形お別れ会


「初代フォービー人形お別れ会」ということで、これを機にフォービーの歴史を語り継いでいこうと、フォービーの歴史を皆でひも解いていきました。プレゼンターはフォービーの親友である上井さんです。

フォービーとフォービーの生みの親二人

フォービーと、フォービーの生みの親:(左)上井さん、(右)寺田さん

フォービーが生まれたのは2005年。今ではアシストの三大製品とも言われる程に成長したWebFOCUSですが、2005年頃は暗黒時代とも呼ばれる程なかなか思うように売上が振るわず、試行錯誤の時代でした。そこで、まずはWebFOCUSを知ってもらおう!ということでスタートしたのが、「WebFOCUSキャラクタープロジェクト」。

オリジナルキャラクターを作るというのは当時のアシストでも初めての試み。プロジェクトメンバーはなぜか女性のみで構成され(トレンドに敏感だから?)、女子会さながらワイワイ楽しく取り組んでいました。男性はプロジェクト責任者の日景さんのみ。日景さんは現在もWebFOCUSチームの製品責任者ですが、当時を振り返ってこんなコメントを残しています。

日景さん


日景さん:
「責任者とは名ばかりで、まったく詳細は教えてもらえませんでした。多分失敗した時にだけ責任をとらされるために必要だったのでしょうね……。でも、これだけ愛されるキャラクターに成長してくれて責任者冥利に尽きます」

デザイン会社にコンペを行い、その中で一番WebFOCUSのイメージ(誰からも愛される・縁の下の力持ち・そそっと助ける協調性・どんな環境にも柔軟に対応など)を反映していたキャラクターということでフォービーが採用。没ネタでは、アメーバの形やたこを模したものもありました!

キャラクター名、ついに決まる


当初は呼び名がなく、「WebFOCUSくん」と呼ばれていたのですが、それではあまりにかわいそう!名前をつけてあげて!と声が上がり、全社員にキャラクター名を募集しました。

応募は想像以上に盛り上がり、2週間足らずで165件の応募がありました。集まった名前をプロジェクトで絞り、FOCUSとBIをかけあわせた「フォービー」に決定しました。

フォービー名称決定

次点となったのは「楽田健作(らくだけんさく)」です。あまりの名前のわかりやすさにセンスが感じられトップを争ったのですが、ニューヨーク生まれということもあり「フォービー」になりました。

様々なノベルティで活躍


2005年11月2日のOBI Dayというセミナーで初のお披露目となり、その後、色々なノベルティにもなりました。

ノベルティ


「あ!これ知ってる!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ノートやボールペン、メガネクリーナー、焼酎、など大活躍です。メガネクリーナーや焼酎は、実はWebFOCUSのユーザ企業様とコラボして特別に造っていただいたものです。

他にもかなりレアな携帯ストラップもあります!当時WebFOCUSチームだったメンバーが退職した際に、全額自費で作成し送別品として配ったものなのですが、フォービーファンのお客様にはお渡しすることもありました。(ちなみに、その時退職した方はフォービーへの愛を忘れられず、現在アシストにてまた働いています)

ついにフォービー、2Dから3Dへ。初代フォービー人形誕生!


どこから見てもかわいいフォービー。みんなの愛情もどんどん膨らみ「でっかいフォービー人形でモフモフしたいよね」という話から、2005年にぬいぐるみを作成することに。その額、なんと60万!実はかなりの高級品だったのです。そのあまりの高級さに、現社長の大塚さんから当時の部長の大山さんに激しいツッコミ(お怒りに近い?)が入ったことも今では良き思い出です。

フォービー、セミナーで活躍

ここで小ネタですが、フォービー人形は時代とともに、コスパも品質も向上しています。2代目(2014年制作)は、税抜150,000円、 3代目(2016年制作)は、税抜105,000円。3代目は型紙代も含まれるため、 4代目(クローン)の制作は、税抜35,000円で済みます!

これからさらにフォービー人形が増殖していくかもしれません。個人的には、ぜひストラップにもなっていただきたいです!欲しい!

虫眼鏡継承、ついに代替わりへ


そして、フォービーの歴史を全員で辿った後、最後に次世代フォービー人形へ虫眼鏡の継承を行いました。虫眼鏡は1つしかないので、今後代替わりのバトンとして受け継がれていく予定です。

新旧フォービー人形


こうやって並べてみると、色の違いがすごい!アレルゲンの塊となってしまった初代フォービーは、もはやビニールからも出せない状態……。本当に長い間懸命に頑張って働いてくれたんだなと、ほろりとしますね。12年間、お疲れ様でした!!

初代フォービーへの思いを胸に、これからもWebFOCUS拡販のために次世代のフォービー人形たちと頑張ってまいります!!今後のフォービーのご活躍にもご期待ください。

全体集合


関連セミナー


WebFOCUS日本上陸20周年を記念し、「今だから見えてくる BIプラットフォーム WebFOCUSの可能性」と題したセミナーを開催します。ユーザー様のリアルなBI事例を“4社連続”でお聞きいただける「WebFOCUS 事例フラッシュ」や、製品・BI市場の最新動向等をご紹介します。

そして、当日は、な、なんと!等身大リアルフォービーが登場!?そちらもぜひお楽しみに!

日時:2017年5月25日(木) 13時30分~18時30分(受付開始:13時)
会場:ソラシティカンファレンスセンター
URL :https://mp.ashisuto.jp/public/seminar/view/7654

関連製品/サービス


WebFOCUSについて
https://www.ashisuto.co.jp/product/category/bi/webfocus/

アシストに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けします。お気軽にご相談ください。


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る