TOP>企業情報>コラム>社員紹介>「自分らしく働く」を形にする社員

「自分らしく働く」を形にする社員

[掲載媒体]INSIGHT NOW!
[日付]2012年12月19日


営業マンの業績は売上によって計ることができるが、技術やサポートとなると数値としての評価は見えにくい。しかしアシストのように顧客サポートあってのソフトウェア販売会社では、技術者の努力なしに顧客満足度を上げることはできないため、技術貢献賞を設け、期ごとに各部門で該当する社員を表彰し技術者の士気を鼓舞している。

「自分らしく働く」を形にする社員

株式会社アシスト
情報基盤事業部 情報活用製品統括部 1部
大里 大輔(おおさと だいすけ)

2009年アシストに入社、情報活用製品事業部に配属される。以後IBソフトウェア事業部、情報活用ソフトウェア事業部を経て、現在は情報基盤事業部 情報活用製品統括部で技術を担当する。




その受賞者の1人が情報基盤事業部の大里である。米国ニューヨークに本社のある独立系BIベンダー「Information Builders社」が開発したソフトウェアWebFOCUSの技術を担当している。成約後のお客様を担当するポストセールス活動を中心としているため、お客様環境の構築、サポートをメイン業務としながら、プリセールスのフォローも行う、忙しい毎日だ。

「お客様がBIツールの環境構築をすばやくできるよう支援したり、レポート開発のフォローにあたっています。アシストはWebFOCUSの日本の総代理店なのですが、お客様から、アシスト=メーカーとして接せられる時も多いです。製品のバージョンアップ時などは特にお客様からも社内からも問い合わせが増えますし、以前のバージョンの知識のまま対応していると、思っていなかったところで仕様が変更されているので、トラブルにならないよう注意深く対処する必要があります」

大里が就職活動をした2008年は、たまたま就職難になる前で、内定は比較的簡単にもらえた時期だったという。

「家族を含め周囲からは大手企業がいい、有名企業に就職しろ、といった声が圧倒的に多かったので、アシストに内定をもらってからも悩みました。そんな時に、糸井重里監修の『ほぼ日の就職論“はたらきたい。”』という本を読んだのです。この中で、“就職”という節目の選択(デザイン)だけ自分で決めて、あとは覚悟を決めてとにかく一生懸命にやってみる。ダメだったらその時また考えよう、というようなことが書いてあったんです。それから糸井重里さんが、「はたらくこと」がどういうことなのかを考えるのは「大切にしてきたもの」が何かを考えることに他ならない、と書いていて、アシストの企業理念である『哲学と信念』が、自分の大切にしていることとマッチしていたので、アシストなら自分らしくいられそうだなと思いました。なので、いくつか内定をいただいたのですが「アシストで働きたい」という想いが心のどこかでありました。最終的にその背中を押してくれたのは、母の、“アシストなら入社式の日に笑顔で出ていくあなたを想像できる”、という一言だったと思います」

その母の言葉通り、アシストに入社してから大里は充実した日々を送っている。

「本当恵まれた環境で、伸び伸びと仕事をさせてもらっていると感謝しています。毎日が充実しているのも、先輩や後輩、同期に恵まれ、そういう人たちと一緒に仕事をさせてもらえているからで、楽しくないわけがないといった感じです。自分自身も大切ですが、アシストには“この人のために頑張ろう”と思える人がたくさんいるので、誰かのために頑張っている時は、イキイキと調査をしたり・・・ということも多いです。それがあるので自然とお客様に関しても、“この人のために頑張ろう”、と自分が思えるよう、いい関係を作るということに焦点を当てられるのだと思います」

アシストに入って2年目、大里は初めて、少し大きな案件を受注することができた。

「もちろん自分ひとりではなく、先輩の支援があって獲得できた案件ですが、カスタマイズデモを作って、お客様先でデモをして、成約が決まったとき周りの皆さんから拍手をもらいとても嬉しかったのを覚えてます。そのまま支援も担当させていただいて、山あり谷あり、色々と勉強になった案件でしたが、先輩がうまくコントロールしてくれたおかげで、その後もお客様と良好な関係を作ることもできました。まだ学ぶことがたくさんありますが、自信につながった、思い出深い案件です」と大里は振り返る。

とはいえ入社4年目、まだまだ学ぶことは山積だ。

「担当する製品がアメリカのメーカーなので英語で問い合わせのメールを書く、送られてきた英文を読むといった作業もありますし、Web系の製品なのでWebFOCUS以外の知識が関わってくることが多分にあり、幅広い知識の習得が必要です。またアシストの取扱製品では数少ない開発を支援する製品でもあるため、WebFOCUS以外の技術と組み合せたり、お客様が他の技術に長けている場合など自分がそのレベルに達していないために苦労します。ですから今やるべきことは明確で、英語力と製品の知識をもっと蓄えていくこと。そしてどんな仕事でもいかにモチベーションをあげるかを工夫して、取り組むことが大事と思っています」

最近になって、大里は実家をでて1人暮らしを始めた。

「自分を一新したい時、1人で旅行に行ったりフルマラソン、富士登山をしたり、何かしら新しいことに挑戦してきました。ずっと地元に執着してきた自分にとって、実家を出たことは大きな一歩だったと思います」。これまで親元で過ごしてきたところをすべて自分で行うというのは、生活すべてを自分でコントロールするということだ。仕事だけでなく、暮らし方、生き方そのものも、まわりの先輩や後輩からも学ぶことがたくさんある。

「好きな言葉に、「守・破・離」というのがあります。芸道の言葉ですが、「守」はひたすら「型」をまねる時期、「破」は「型」をわがものとした後に独自の工夫をする時期、「離」は「型」を離れて「型」を完成させる時期、といったようなことです。入社してから必死に「守」をやってきて、ようやく「破」の段階に入ってきたように思います。それでも、人の良いところを見て、これからもどんどん吸収していきたいですね。見ていると自分を省みることもできます。単純に人を尊敬しやすい性格なのかもしれません。また、とくに仕事の場合は人にやらされてる感が出て受身になるのはつまらないので、どんな業務も“自分がやる”ということを意識するようにしています。結局、自分のやりたいようにやりたいだけなのかもしれないですが、モチベーションを保つ上でそれも重要だと思います」

▲上司の錦織

上司である錦織は、大里についてこう語る。

「自分をしっかり知り、今何をすべきかを明確にして思いついたことをすぐに実践できるところが大里さんの強みだと思います。また、彼は指示された内容をそのまま“はい”、と鵜呑みにするのでなく、まず自分の中で消化し、自分の意見と異なる時には疑問を解消するまで確認・議論します。これは自分の意志で動く、ということが実践できている所以だと思います。一緒に仕事をしていて、先輩として手本を示せているか、尊敬の対象になっているか、プレッシャーがありますね(笑)。
これからは、もっといろいろな経験を自ら進んで行い、社内の先輩、後輩、同僚のみならず、お客様にも影響を与え続けられる人物になって欲しいと思います」

就職活動をする前の大里は、いろいろな資格を取って自分で仕事をするとか、ブラジルの孤児院で働いてプロサッカー選手を輩出するといった夢を描いていたという。

「学生時代、いろいろなアルバイトをしました。働くといっても今のように何かに没頭して頑張るというよりは、とにかく自由に色々やって、自分の世界を広げるために過ごしてきたように思います。中学、高校とサッカー部でサッカー一色で過ごしたため、その反動かもしれません。飲食、小売、アパレル、スポーツジム、派遣、新聞契約、就活セミナーの客引きなど。一番長かったのはボランティア的にやっていた小学生のサッカーのコーチで、5年程やりましたがこれが一番自分の中で勉強になったと思うし、最も楽しかったです。就職する前に描いていた夢は、今も心のどこかにありますが、夢も目標も、優先度や状況で変わっていいものだと思います。なので、今の自分は、夢の実現途上と言えば、実現途上でもあります。ですからこうして仕事で新しいことに挑戦し続けることは、目標や夢に向かって前進していることだと、思っています」

入社まもない頃、導入いただいているお客様から作業を頼まれて、初めて対応する製品を客先にセットアップに出向き、信頼できる先輩に同行してもらいながらも、大里は震えながら作業をしたことがあるという。

「なんとか作業を終えることができたときはほんとうに嬉しかったです。その時社員旅行だったのですが、無事旅行に参加することもできました。自分にとって働くとは、文字通り『はたを楽にすること』だと思っています。尊敬できる先輩にこれまで助けてもらったように、自分のした仕事によって同僚や後輩が楽になってくれるよう、もっとがんばりたいし、またアシストが会社として成長していくためには、自分のしたこと、アシストの製品でお客様が楽になってくれる必要があり、それが代価となるんだと思います」

生きることは働くこと。そして自分の働きで大好きな人たちが楽になってくれたら嬉しいし、それだけで人生は楽しくなる。そのために自分のできる範囲を少しずつ広げていきたい、と大里は言う。

「抽象的ですけど、自分の名前に負けない大きな人間になりたいし、ずっと「いい人」でありたいと思ってます」

尊敬できる上司や先輩にフォローしてもらい、自信をつけ始めた4年目の大里の今の目標は、自分を磨きつつ後輩の頼れる先輩になることだという。「はたらきたい」という思いを、大里は着実に形にしつつある。

(文責: 株式会社アシスト 広報部 喜田 真弓)


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る