TOP>企業情報>コラム>社員紹介>探究心溢れるオープンソース・ソフトウェアの選定人

探究心溢れるオープンソース・ソフトウェアの選定人

[掲載媒体]INSIGHT NOW!
[日付]2011年5月19日


コンピュータ・ソフトウェアには、多くの協力者の作業によって作られるオープンソース・ソフトウェアというものがある。協力者は様々な国にまたがり、そうして開発されたソフトウェアはあらゆる人が無料でダウンロードして利用でき、多くの場合は改変も可能というものだ。

探究心溢れるオープンソース・ソフトウェアの選定人(道具屋)

株式会社アシスト
情報活用ソフトウェア事業部
杉乃 敏也(すぎの としや)

1987年アシストに入社。情報活用系、開発系プロダクトの技術支援を担当後、運用系プロダクトの営業/技術支援を担当。2001年からソリューション技術部でコンサルティング、プロジェクト・マネジメントに従事。2006年、営業力強化事業推進室で営業支援システムの営業支援、プロジェクトマネジャー、導入コンサルティングを経て、2009年より情報活用ソフトウェア事業部でBI※1/DI※2製品の営業支援、新規ビジネス開発を担当する。
※1 BI:Business Intelligence、※2 DI:Data Integration




ソフトウェア販売会社としてアシストが長年扱ってきたのは有償のソフトウェアだが、このオープンソース・ソフトウェアのメリットを享受しようと、2007年、社内の標準オフィス・ツールをMicrosoft OfficeからオープンソースのOpenOffice.orgへ全面移行した経緯は以前ここでも紹介した。(「アシストがMSから無償オフィス・ソフトへ全面移行した理由」)

オープンソース・ソフトウェアの精神とは、人々がお互いの能力を提供し合うというものであり、さらにそれが無料で提供されるとしたらユーザはそれを使わない手はない。しかしアシストに限らず、これまで有償でソフトウェアを提供していた企業はこの流れをどう受け止めればよいのか。情報活用ソフトウェア事業部の杉乃はある日この課題をトップから突きつけられる。

「2009年、社長から各事業部に対してオープンソース・ビジネスの可能性を検討せよ、という指示が出ました。無償ソフトウェアが普及するようになればソフトウェア・ビジネスはライセンス・ビジネスからサービス・ビジネスになるという(社長の)考えは、あり得ない話ではないと思いましたが、オープンソース・ビジネスにおける収益モデルは、正直言ってイメージできませんでした。でもとにかくBI/SFA※3製品の評価を開始したのです」と杉乃。

※3 SFA:Sales Force Automation

「営業支援系ではSugarCRM、BI分野でPentaho、JasperSoftなどを検討しましたが、いずれも操作するのはエンドユーザで、技術に精通していないユーザが使う場合、操作性という視点から見ると商用(有償)ソフトウェアに一日の長がありました。そこで、システム的には縁の下の力持ち的なデータ連携の分野なら、利用するのはIT部門で、それならば多少は使い勝手が劣っていても無償のソフトウェアで十分いけるのではないかと考えました」

▲元上司の新本

営業力強化事業推進室時代から続いて杉乃の上司であった新本は、当時を振り返りこう語る。

「顧客の支援活動と並行して製品調査および評価を行う地道な作業を、よく一人でこなしてきました。それを可能にしたのも、過去さまざまなシステムに携わってきたこと、そして彼自身の、新しいことに対する探究心と柔軟な姿勢。新製品発掘には杉乃はまさに適役でした」

こうして杉乃が目をつけたのは日本ではまだあまり認知されてはいないが、世界ではリーダー的な製品である、フランスの「Talend(タレンド)」というソフトウェアだった。

「データ統合には、データベース移行やファイルからのデータ投入といったデータ処理から、複雑な大量データの処理、高いスループットを要求されるリアルタイム・トランザクション処理などが含まれ、企業に散在する様々なシステムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、それらを素早く簡単に『つなぐ』必要性はますます高まっています。高価で複雑なデータ統合分野のツールはすでに提供されていますが、アシストがTalendに注目したのは、誰もが手軽に入手できるソリューションであるということ。これならどのような規模の企業でもメリットを享受できると判断しました」

特に決め手となったのは、同様の機能を持つDataStage、Powercenterといった大規模向けシステムに比べて、Talendは圧倒的な価格メリットがありながら、単なるデータ連携ではなく、データクオリティ、マスターデータ統合まで実現可能であることが検証結果で明らかになった点にある。

「Talendの拡張性やオープン性に加え、柔軟なライセンス体系も非常に大きな商機となると考えました」と杉乃は言い、今年2月、アシストはTalend社の世界初のリセラーとして販売を開始した。「世界初」のリセラーとなったのは、Talendの製品特性から開発環境としての色合いが強く、これまで同社の販売パートナーはSIerが中心で、パートナー・プログラムはSIer向けのものしかなかったからだと言う。

「Talend社のパートナー・プログラムは、あくまでもパートナーがシステム構築で収益を上げるためのビジネス・モデルを前提にしていました。このためシステム構築を行わないアシストには適したプログラムではありませんでした。SIerは開発案件に紐づけて製品を販売するのに対して、アシストはパッケージそのものの販売およびサポートが主たるビジネスだからです。SIを行わないパッケージ・ベンダーはこれまでに類を見なかったとして、アシストは世界初のリセラーとなり、契約を結びました」

2月24日にはフランスTalend社からヴィンセント・ピノー副社長も来日し、フランス大使館において契約調印式および製品発表会が行われた。同日のプレス発表においても、オープンソースの透明性を高く評価するアシストに対し、Talend社は「ノーサプライズでお客様に提供」をモットーにしているということ、ノーサプライズとは隠し事をしないという意味で、それはオープンソースであるがゆえの透明性ということであり、すべての中身をきちんと確認できる透明性をノーサプライズで顧客に提供しようという姿勢だ、と強調した。

Talend社について杉乃は、次のように述べる。

「Talend社は2007年からビジネスを開始した新しい会社です。オープンソース・ベンダーらしく従来の商習慣に囚われることなくダウンロードによる納品など、効率的なオペレーションを採用しています。これからも日本の商習慣には合わない部分などについては、その柔軟な経営姿勢に期待して協議していきたいと思っています」

「なぜならデータ統合市場は、ガートナーなどの調査会社のレポートでも成長分野と位置づけられており、企業の各システムに点在するマスターの統合はますます重要になってきます。また最近はRFPに開発ツールはオープンソースであることと記載されている自治体も出てきていると聞いているので、オープンソースでデータ連携からマスター統合までカバーしているTalendは、今後日本市場でも大きく伸びる可能性があると思います」とTalendへの期待を語った。

アシストで様々な製品を取り扱ってきた杉乃は、これからの情報活用、そして自分たちの役割を次のように見ている。

「メインフレームの時代から、コンピュータに入っているデータをいかに簡単に取り出して現場のユーザに提供できるかという分野に常に携わってきました。今でいうBI市場です。現在、アシストが取り扱っているBI製品にはQlikView、WebFOCUSなどがありますが、元のデータが整合性なく散在していてはフロントのツールがいかに優れていても、効果的な情報活用は望めません。アシストが提案する情報活用とは、今も昔も変わらず『お客様がお持ちのデータをいかに価値のある形でエンドユーザの皆様に提供できるか』ということ。そのためには、エンドユーザが自律的に欲しているデータを簡単に取得できる環境が必要で、IT部門はデータストアをタイムリーに提供することが不可欠になってきます。このタイムリーなデータ統合を行うのがTalendです」

「アシストは道具屋です。お客様の望んでいる情報活用という家を建てるために様々な道具を提供していくのですが、いくら道具が優れていても使い方が良くなければ頑丈で住みやすい家は建ちません。そこでその道具の効果的な使い方を提供し、時にはその道具を使い家を建てるお手伝いをさせていただくのです。トッテンの言うサービス・ビジネスというのは、まさにこの点にあるでしょうし、お客様はその道具が高級品かオープンソース・ソフトウェアかではなく、用途に合っているかどうかで選択されるでしょう。そんな時に正直で誠実に製品選びをお手伝いできる情報活用分野の相談役となり、また道具を使いこなせるように支援する。そうして継続的なお付き合いをしていけることを目指しています」

イノベーションとともに新しい技術が市場に提供されても、実際どれを選べばよいか途方にくれるユーザは少なくない。杉乃はIT部門とユーザの両方に、これからも情報活用支援サービスを提供していきたいと語る。

(文責: 株式会社アシスト 広報部 喜田 真弓)


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る