TOP>企業情報>コラム>社員紹介>『手仕事楽しみ隊』で公私共に充実する若手社員

『手仕事楽しみ隊』で公私共に充実する若手社員

[掲載媒体]INSIGHT NOW!
[日付]2011年2月3日


会社の福利厚生の一環、または社員交流の場として社内のクラブ活動を奨励している企業は少なくない。アシストでもテニス部や野球部、華道部など、いくつかのクラブが休日や就業時間のあとに自主的に集い、練習や試合、または先生を招聘して活動に励んでいる。その中でも、変わりダネの活動といえば、家庭菜園をメインとする「農業クラブ」と、就業時間後に社内で行われている「洋裁クラブ」かもしれない。

『手仕事楽しみ隊』で公私共に充実する若手社員

株式会社アシスト
中日本支社 技術統括2部
宮澤 祐平

2008年、アシストに入社。
研修を経て技術部に配属され、現在システム運用監視製品を担当。




農業クラブは『アシスト、週末農業を助成』というタイトルで昨年は日本経済新聞から取材を受けている。社長のビル・トッテンが、業績が悪化して給料が減っても社員が豊かに暮らすために、食料を例え僅かでも自分で調達することができるようにと、2006年から社内クラブとして発足した。参加表明した社員には、農地代その他として1年間に1人2万円まで会社から補助され、個人または数人のグループで家庭菜園を始めている。

少ない収入でも豊かに暮らす方法として、自分の食べる野菜を自分で作る他にトッテンが奨励するのは、「これまでお金を払って他者にやってもらっていたことを自分の手でできるようにする」こと。例えば、衣服を繕う、家の修繕、モノを買う場合は自分で修理できるものを買う、健康的な生活をすることで医療費を最小限にする、など。確かに大正、昭和生まれの両親や祖父母の時代は、今のように何でも簡単に買えなかったこともあって修理、修繕は当たり前だった。こうしてアシストの中日本支社、名古屋営業所で「洋裁クラブ」が立ち上がった。

▲洋裁クラブ立ち上げ者の伊藤登茂子

“「手仕事楽しみ隊」メンバーの環を広げます!” ─ こんな謳い文句で社内SNSの中にコミュニティができたのが2009年5月。トッテンの発案を受け、前準備として名古屋営業所の伊藤登茂子らが顧客であるブラザー工業に相談すると、まずは社内アンケートをとることを勧められた。それを受けて、全社を対象に洋裁クラブへの興味などについてアンケートを実施し

「集計の結果、91名(男性35名、女性56名)から回答があり、洋裁に興味のある人が48名、洋裁教室開催については36名が、何らかの方法で洋裁を習いたいという回答でした。また、「洋裁の基礎やリフォームに挑戦したい」という男性社員や「興味があっても洋裁に携わる時間が作れない」や「費用負担」のことなど、多数の意見が寄せられました。とにかく小規模でもまずはやってみようと、中日本地区で開始することにしたのです」と伊藤。

ミシンやアイロンを会社が用意し、活動は会議室で月に2回、就業後6時から9時。講師は資格を持つ社員の母親にお願いした。そして参加表明したのが11人。うち2人が男性社員だった。その一人、宮澤は参加動機をこう語る。

「社長からの、“家庭菜園とか大工、洋裁など今まで人にお金を払ってやってもらっていたことを自分でやるように、消費中毒を治すように…”というメッセージでしたが、ちょうどこの時、僕自身も似たような考えが自分の中にもありました。そして、今は名古屋の都心部のマンションに住んでいるので家庭菜園は難しく、でも洋裁ならできそうだし、楽しそうなので上司の高橋さんと参加してみようか、と」。

裁縫は女の仕事、といった固定観念のない1985年生まれの宮澤にとって、洋裁=女性がやるもの、ではなく、家庭を持ったら夫婦どちらもできるというのが良いという、手仕事の1つだったようだ。

「実際にやってみて、切る、縫うなどは想像以上に簡単で驚きました。難しいからどうせできないだろう、と思うのは良くないな、と思いました。もちろん服を作ってみるなどはまだまだスキルがなく、先生の作業を見ていて、どうしてこうも簡単に…とびっくりすることが多々ありますが。これまでに作ったものは、ブックカバー、ポーチ、キーボード入れなど。まだ簡単なものばかりですが、ブックカバーは自宅、キーボード入れは会社で活躍しています。これからノートPCを入れる鞄を作ってみたいですね」

▲上司の高橋と洋裁クラブにて

ミシンも、針や糸を使うのも小学校の家庭科の授業以来、でも“意外と簡単”、というのが宮澤の感想だ。この洋裁教室で女性社員は、小物作りから発展し、より実用的なこと、例えばコートやスカートのリフォームに挑戦している。安い既製の洋服が溢れているので、手作りはかえって高くつく場合が多い昨今だが、リフォームなら眠っているものを再び甦らせることができる。“もったいない”の精神には欠かせない技術である。

洋裁で手作り体験に目覚めた宮澤が今凝っているのは、スプラウト作りだという。

「最近、とある企業のノベルティで水栽培セットをいただいたことが発端で、カイワレ、アルファルファなどを作っています。これも家庭菜園と言えるかもしれません。種と水さえあれば1週間で成長しますが、収穫量は少なく、1週間で1回の夕食のサラダ分ぐらいです。食事は日々のことでとても大切だと思うし、食べることは大好き。最近は料理を作る時間をあまりとれず、外食が多くなっていますが、自分で野菜を作り、それを食材にして料理を作る。それは社長の言う“健康的な生活”につながると思います」

家庭菜園、料理、洋裁、修理などは少し前まで当たり前に家庭で、または自分の手で行われてきたことだ。これらが復活すれば、金銭取引が発生しないために日本のGDPは下がったとしても、メタボリック・シンドロームなどの生活習慣病が減り、国民の幸福度、GNH(グロス・ナショナル・ハピネス)は上がるだろう。トッテンは、石油の時代が終わり、海外からの豊富な食料輸入が途絶えれば、日本はたちまち食料危機に陥る可能性があることを危惧し、それを見据えて社員に「手仕事」を推奨している。

「会社のトップである社長から仕事に関することだけでなく、生き方、価値観についてのメッセージが社員にくることはすごく良いことだと思います。月に2回とは言え、夕方になると会社で社員がミシンをかけて、洋裁を始めたりするのですから(笑)。こんな雰囲気があるから、例えば、“今日のタスクがすべて終わったので帰ろう”とか、“事前に準備しておいた方が良いから、今日は頑張ろう”といった具合いにメリハリをつけて働けるし、“頑張ったから1週間リフレッシュ休暇をとろう”ということもできるのだと思います」

宮澤の週末は、自動車ではなくもっぱらサイクリング。自転車で自宅のある鶴舞から名古屋城あたりで自然を楽しみ、名古屋駅で食材などを購入して家に帰る、というのがいつものパターンだという。日々の仕事、そして自分の手で何かを作る充実感を味わっている入社3年目の宮澤。社員に対する社長の思いをしっかりと受け止めている。

(文責: 株式会社アシスト 広報部 喜田 真弓)


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る