TOP>企業情報>コラム>社員紹介>1日1つ、賢くなる

1日1つ、賢くなる

八町 昌彦(Masahiko Hatcho)

情報基盤事業部 製品統括部 技術2部 1課

2010年10月入社。当初よりQlikViewを担当し、現在に至る。


中途採用でアシストに入社しました。前職では、BI、データベース、運用系など様々な製品を用いてシステム開発および保守を3年間担当していました。アシストに魅力を感じたのは、開発は行わないという経営方針と、ベンダーと競合でもありパートナーでもあるという、前職では考えられない環境で学んでみたいと思ったからです。アシストに入社してすぐ、北海道のお客様を担当させていただき、北海道に出張して一人で開発をコントロールするという経験をしました。構築した分析機能がお客様社内で賞を獲得されたという報告を頂いた時は嬉しかったです。

日々、心がけていること


仕事をする上で、たとえ自分の得意分野でなくてもとりあえずやってみること、そして会話をする際にはnotepadを立ち上げて、必ずメモをとるようにしています。メモには会話した日付や案件名を記入して管理し、タスク一覧で優先度、期日を明確にして対応するようにしています。メールは受信したら即返事をする癖をつけています。自分にはまだ知らないことがたくさんあり、忘れやすいということを肝に銘じて、゛1日1つ、賢くなろう”という気持ちで取り組んでいます。また、たとえ失敗しても反省して次につなげるように前向きに考えるようにしています。『反省はしても、後悔するな』。中学生の時に父親に言われた言葉ですが、気がつけばそれが現在の礎となっているように思います。

仕切り癖があります


仕事をしていてやりがいを感じるのは、計画通りにタスクを終わらせることができた時、また、期待されていることを理解し、その期待以上の結果を返せた時です。何ごとも全体を捉えてから進めたいと思うので、仕切り癖があります。そのため、自分の範疇外にも口出ししてしまうこともあるかと思います。気をつけるようにしていますが、ご迷惑をお掛けしている方、すみません。

チャレンジし続けたい


アシストは、社員皆さん人柄が良く、また人を大切にする社風があります。休暇が取得しやすいとか、当然かもしれませんが、当然のことを実施できている企業は少ない気がします。仕事のストレス発散法はフットサルです。仕事で脳を使った分、身体を動かすことは欠かせません。風通しのよい、働きやすい職場で、新製品や新サービスの立ち上げの担当といったチャレンジも今後はしていきたいです。しんどいこともあるかと思いますが、仕事を通して、多くの経験を糧にして成長していきたいと思っています。

チームのメンバーと


アシストに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けします。お気軽にご相談ください。


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る