TOP>企業情報>コラム>技術情報>ビジネス環境の変化に強いデータ構造はこう作れ(全4回連載)

ビジネス環境の変化に強いデータ構造はこう作れ(全4回連載)

データベース設計において重要な要素であるデータ・モデルの品質を一定水準に高める方法を、具体的な手法を取り上げて解説する。さらに、データの正規化だけでなく、データ重複の排除や項目名の工夫など、実践的手法を紹介。作成したデータ・モデルの維持管理の重要性も説く。

Think IT:全4回連載




「第4回 データ・モデルを維持管理して生かす」
コンサルティング室 松田 安弘 (2010/10/28掲載)



「第3回 データ・モデルを安定させる」
コンサルティング室 松田 安弘 (2010/10/21掲載)



「第2回 ビジネスの視点でデータを整理する」
コンサルティング室 松田 安弘 (2010/10/14掲載)



「第1回 データ・モデリングでビジネスと向き合う」
コンサルティング室 松田 安弘 (2010/10/7掲載)


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る