TOP>企業情報>コラム>技術情報>【徹底比較】商用ツールにも引けを取らない6つのOSS監視ツールを機能で比較

【徹底比較】商用ツールにも引けを取らない6つのOSS監視ツールを機能で比較

蝦名裕史、中村利一(2015/1/23掲載)

オープンソースソフトウェア(OSS)ベースのツールを利用したインフラ運用基盤の構築が広まり、特に運用管理の分野においては、監視ツールの機能、製品数がともに充実している。ツールによって多少の差異はあるものの、監視できる「項目」という区分けをするのであれば、商用ツールと遜色のない範囲までカバーしてきている。操作性や設定上のきめ細かさなど、まだ商用ツールに一歩譲る点も多々あるが、実用性という面では十分なものといえるようになっている。監視項目、監視対象システムの規模、運用操作性やコスト(初期および運用後)など様々な要件を検討した上で、今後の選択肢の1つとしてほしい。主だったOSS監視ツール6製品について、4つの機能で比較。

TechTarget ジャパンにて掲載
記事はこちらから

蝦名 裕史(Yasuhito Ebina)

蝦名 裕史

システムソフトウェア事業部 技術統括部

メインフレームの運用管理ソフトのフィールド技術者を約8年担当。その後、オープン系のジョブ管理、監視、サービスデスク等の各種運用管理ソフトを担当。運用管理システム構築に関わる提案から設計、導入、保守などに従事し、現在に至る。

年に数回のゴルフに一喜一憂する平均よりちょい下(自称)のゴルファー。

中村 利一(Toshikazu Nakamura)

中村 利一

システムソフトウェア事業部技術統括部 技術 顧客支援課

統合運用管理ソフトウェアのJP1の技術者として設計、構築、サポートなどの業務を経て、現在はお客さまへの運用管理全般の提案活動とOSS運用監視ツールの技術者として活動している。

休日は子供のサッカーに帯同する新人審判。オフサイドの判定に悩まされる日々。

関連製品/サービス


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る