TOP>企業情報>コラム>技術情報>Oracle Databaseが起動できない時の確認ポイント

Oracle Databaseが起動できない時の確認ポイント

確認ポイント

「データベースが起動できない」というトラブルが発生した際には、データベース起動時に内部的に行われるステップがどこまで進んでいるのかを正確に把握することが解決の時間短縮につながります。本稿では、データベースが起動できなくなってしまった際に確認すべきポイントを、実際のサポート事例と合わせてご紹介します。

詳細はこちらから
http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8222

執筆者紹介

大野高志

大野 高志(Takashi Ono)

株式会社アシスト サービス事業部 サポートセンター

アシスト入社後、Oracle Databaseのサポート業務に従事。現在はサポート業務の傍ら、未解決のトラブルを一つでも多く減らせるよう、サポートセンターに蓄積されている調査のノウハウを社内外に伝える活動を行っている。

関連製品/サービス


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る