TOP>企業情報>コラム>技術情報>早分かり!Oracle Database Cloud Service入門 Vol.2

早分かり!Oracle Database Cloud Service入門 Vol.2

Cloud

Oracle Database Cloud Serviceは、Oracle Databaseの環境を数クリックでクラウド上に構築できるPlatform as a Service(PaaS)です。リリース以来様々なアップデートが行われており、今ではReal Application ClustersやData Guardといった定番の高可用性構成を簡単に構築できるようになりました。

(全2回連載)

Vol.2 「ボタンをぽちっ」で高可用性DBを手に入れよう


今回は実際の画面をもとに、高可用性構成ができあがるまでの流れとその動作をご紹介します。

詳細はこちらから
http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/8256

執筆者紹介

関 俊洋

関 俊洋(Toshihiro Seki)

株式会社アシスト データベース技術本部

2006年、株式会社アシスト入社。データベース・システムの構築や運用トラブルの解決といったフィールド・サポート業務を経験し、その後は新製品の検証やハードウェアとデータベースを組み合わせたソリューション(DODAI)の立ち上げに従事。現在はデータベースの価値や魅力を伝えるための執筆・講演活動を行っている。『SQL逆引き大全363の極意』共著。

関の紹介記事はこちら

連載記事一覧

関連製品/サービス


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る