TOP>企業情報>コラム>技術情報>超入門「PL/SQL」 Vol.4

超入門「PL/SQL」 Vol.4

超入門「PL/SQL」

Oracle Database向けにデータベース言語 SQL(Structured Query Language)を拡張したプログラミング言語である「PL/SQL(Procedure Language/Structured Query Language)」を理解し、活用していくための実践講座です。SQLは知っているけれど、OracleでのPL/SQLは初めてという人向けに、機能の概要と具体的な書き方を解説していきます。

Vol.4 PL/SQLの実行部「IF文」「CASE文」「GOTO文」「NULL文」の書き方


PL/SQLは「宣言部」「実行部」「例外処理部」で構成されるプログラムであることは前回までに解説しました。今回からは、PL/SQLで実行したい具体的な処理を記述する「実行部」を解説していきます。

詳細はこちらから
ITmedia「@IT」2017年9月6日掲載
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1709/01/news014.html

執筆者紹介

小笠原宏幸

小笠原 宏幸(Hiroyuki Ogasawara)

株式会社アシスト データベース技術本部

普段はOracle、PostgreSQL、JP1などの分野で研修講師を担当。また、書籍「SQL逆引き大全363の極意」(株式会社秀和システム)をはじめ、「これならわかるOracle超入門教室」(株式会社翔泳社)、「プロとしてのPL/SQL入門」(SBクリエイティブ株式会社)の共著も担当。

小笠原の紹介記事はこちら

連載記事一覧


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る