TOP>企業情報>コラム>技術情報>Oracleサポート出張所 Vol.4

Oracleサポート出張所 Vol.4

Oracleサポート出張所

Oracle Databaseで発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか。サポート業務で培った経験を基に、Oracle Databaseの運用管理をする上で「より円滑に、かつ成長を見据えて業務を推進していく」ために必要なノウハウを紹介していきます。

Vol.4 Oracle Databaseでエラーが出たらまず何を見るか――トレースファイル/インシデントファイル


エラーが発生したときに出力されるログファイル「トレースファイルとインシデントファイルの内容」についてポイントを解説します。

詳細はこちらから
ITmedia「@IT」2018年11月30日掲載
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1811/30/news019.html

執筆者紹介

坂輝彦

坂 輝彦(Teruhiko Saka)

株式会社アシスト サービス事業部 サポートセンター

Oracle Database 9iの時代からサポートを行うサポートエンジニア。サポートセンターのノウハウを伝える研修「OracleDatabaseトラブル調査テクニック」の監修、講師を担当。

坂の紹介記事はこちら

連載記事一覧


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」をお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る