TOP>企業情報>ライブラリ>メディア掲載>【Web】EnterpriseZine DBOnline「Why Oracle?」

【Web】EnterpriseZine DBOnline「Why Oracle?」

システムは今後こうあって欲しいというソリューション、
それがOracleのエンジニアドシステムズです

岸和田隆/関俊洋
2012年11月28日

アシスト 情報基盤事業部 データベース製品統括部の岸和田 隆がOracleに触れたのは、Ver6の頃。データベースと言えばInformixやIngresのほうが有名だった頃からOracleに触れてきた岸和田は、国内でも屈指のOracle経験値を持つ。

Oracleの変遷について岸和田は「Release 7.3.4から、Oracleは変わったなと思います。このバージョンで実装されたさまざまな機能が、いまの11gなりにめんめんと続いていますね」と言う。7.3.4で、Oracle Databaseの将来が見え、このとき実装された機能でOLTP系もデータウェアハウス系も「両方」できるようになったと感じたそうだ。

岸和田とアシストで一緒に仕事をしている、情報基盤事業部 データベース製品統括部 ビジネス推進部の関 俊洋がOracle Databaseを扱うようになったのは、10gが出た頃。Oracle Databaseの基本的な機能は、いい意味ですでに「枯れて」いる。10g以降はそれらをいかに「楽に使えるようにするか」 に注力しているのでは、というのが関の見解だ。

(続きはこちらで・・・ ↓)
2012年11月28日 EnterpriseZine DBOnline「Why Oracle?」

ページの先頭へ戻る