TOP>企業情報>ライブラリ>メディア掲載>【新聞】日刊工業新聞「変わる販売促進戦略」

【新聞】日刊工業新聞「変わる販売促進戦略」

日刊工業新聞にて、アシストの販売促進戦略が紹介されました

アシスト ソフト業界の“商社”役

2013年11月8日

アシストは、データベース(DB)やデータの分析・活用(BI)などのパッケージソフトウエアを販売している。米国や国内のIT企業のソフトを目利きして取り扱う独自の戦略を進めている。ネットワーク経由でソフトを提供するクラウドサービスの拡大をはじめ、変化の激しいIT業界の中で、「パッケージソフト専業」の立場を貫きながら、顧客のニーズに柔軟に対応し、さまざまなソフトを展開している。

「パッケージ(ソフト)のプロフェッショナル」。大塚社長はソフトの販売と活用支援に徹する強みをこう表現する。

(詳しくは以下の記事ページをご覧ください)

※日刊工業新聞の許可を得て転載

ページの先頭へ戻る