TOP>企業情報>ライブラリ>メディア掲載>【新聞】日刊工業新聞「アシスト、安全対策の観点で拡販 仮想化製品 金融・官公庁へ」

【新聞】日刊工業新聞「アシスト、安全対策の観点で拡販 仮想化製品 金融・官公庁へ」

日刊工業新聞にて、アシストが提供するEricomおよびダブルブラウザ・ソリューションが紹介されました

変わるマーケティング
安全対策の観点で拡販。仮想化製品 金融・官公庁へ

2016年5月20日

アシストは、さまざまなIT企業のソフトウェアを販売している。デスクトップ環境やアプリケーション(応用ソフト)を仮想的に使える製品を、価格競争力も生かしながら拡販してきたが、情報セキュリティー対策の観点からの導入を進めている。特定の企業を狙う標的型サイバー攻撃などの脅威の高まりを背景に、金融機関や官公庁への提案で成果を上げつつある(記事抜粋)。

(詳しくは以下の記事ページをご覧ください)

※日刊工業新聞の許可を得て転載

ページの先頭へ戻る