TOP>企業情報>ライブラリ>メディア掲載>【雑誌】経済界「大塚辰男 アシスト社長 独立系だからできる中立な提案力で、ワンストップサービスを提供する」

【雑誌】経済界「大塚辰男 アシスト社長 独立系だからできる中立な提案力で、ワンストップサービスを提供する」

『経済界』(2016年5月24日号)にて、アシスト社長 大塚辰男の取材記事が掲載されました

2016年5月24日号

独立系パッケージソフトウェアベンダーとして40年以上の歴史があるアシスト。2012年から陣頭に立つ2代目社長の大塚辰男氏は、中期経営計画「弾丸-2017」を推進。“めげない、逃げない、あまり儲けない”の公約を進化させ、次のステージに挑戦している。文=榎本正義氏(記事抜粋)。

(詳しくは以下の記事ページをご覧ください)

※PDFの体裁が崩れる場合は下のpngをご参照ください。


※株式会社経済界の許可を得て転載

ページの先頭へ戻る