Delphixブログ

Delphixブログ>開発の「作業待ち」を減らすDelphixのデータベース共有機能

  • 初級編
2018.01.19

開発の「作業待ち」を減らすDelphixのデータベース共有機能

開発の「作業待ち」を減らすDelphixのデータベース共有機能

開発者とテスト担当者が同じデータベースを使用するときに、開発中にテスト担当者が作業できなかったり、逆にテスト中に次の開発が進められなかったりという「作業待ち」が発生するケースが多くあります。

今回はこの環境競合による「作業待ち」問題をDelphixのデータベース共有機能で解決する方法をご紹介します。

作業環境の競合で「作業待ち」が発生

たとえばソフトウェアの機能を分割し機能ごとに次々と開発を進めていくためには、ある機能の開発が終わった後にデータをテスト担当者に引き渡し、すぐ次の開発を進める必要がありますよね。

ただ、開発に使用したデータをそのままテスト担当者が使用すると、テストが終わってからでなければ次の開発が進められなくなってしまいます。

このとき、開発者はテストが終わるまで後続の作業ができない「作業待ち」状態となってしまいます。
逆の場合も同じですね。開発中にはテスト担当者が「作業待ち」状態になってしまいます。

開発環境の競合

この状況を打開するために開発環境とは別の環境にテスト環境を構築すると、今度はテスト環境用のリソースが増えてコストがかかってしまったり、開発に使用したデータをテスト環境に提供するための時間が必要になってしまいます。

Delphixのデータベース共有機能で「作業待ち」を解消

Delphixには開発者専用のコンソール Self-Service(※旧Jet Stream) があります。

このSelf-Serviceにログインすることで開発者は自分専用のデータベースをGUIから自由に操作することができます。さらに使用中のデータベースを開発者・テスト担当者自身で他のユーザに簡単に共有する機能もあります。

この機能を使用すれば、開発者はデータベースを停止することなく自分の好きな時点のデータをテスト担当者に提供することができ、さらにそのまま次の開発を進めることもできます。

また、Delphixはデータベースを仮想化しデータベースの複製時間や複製先のストレージリソースを削減できます。Self-Serviceで共有されたデータベースも、もちろんDelphixの機能で仮想化されるため新たにサーバを追加したりデータベースを一から構築する必要はありません。

データベース共有

従来はリソースが足りない、データ提供までの時間や工数がかかってしまうといった問題で実現できなかった開発・テストサイクルの高速化も簡単に実現することができますね。

Self-Service(※旧Jet Stream)の詳細が気になる方は以下のブログもご参照ください。
※Jet StreamはDelphix Ver.5.2より名称がSelf-Serviceに変更されました。


「作業待ち」解消でリリースサイクル短期化と同時に品質向上を実現

Self-Serviceのデータベース共有機能は以下の特長があります。

・データベースの共有を開発・テスト担当者自身で実施
・データベースの共有にかかる時間(コピー時間)を大幅削減
・リソース追加なしで開発・テスト担当者専用のデータベースを作成可能

データベースの共有が簡単かつ高速にできるので、従来実現が難しかった作業環境の分離が可能となり開発者・テスト担当者の「作業待ち」時間を劇的に削減することができます。
これによりリリースサイクルの短期化が実現できるのはもちろんですが、さらに削減された時間を他の作業に充てることもできるようになります。

「作業待ち」時間を削減

どうしても時間が足りないために、テストケースを縮小したり追加機能の開発を断念するような経験はないでしょうか?

Self-Serviceのデータベース共有を活用すれば、削減された時間でテストケースの網羅性を高めたり、追加機能の開発・テストを実施したり柔軟な対応が可能になります。テストの品質が向上することで、従来よりも高い品質でリリースできる可能性も高くなりますね。

まとめ

Delphixのデータ共有機能を使えば、「作業待ち」時間を削減し開発・テスト工程を高速化することでリリースサイクルの短期化を実現するだけでなく、より多くのテストを実施することで品質向上も期待できます。

編集後日記

今回からブロガーよっちゃんにかわり私ハイジがブログ執筆を担当させていただくことになりました!
ということで編集後日記も次回からハイジのつぶやきをお届けします。
私も最初は「Delphixって何?」という状態でしたのでそういった疑問にお答えできるようなブログにしていきたいと思います。今後ともDelphixブログをよろしくお願いします!

関連している記事

  • 初級編
2017.12.22

マスキングを標準化しよう!Delphixのマスキング機能でできること

Delphixのマスキング機能は事前に用意されたマスキング・アルゴリズムを利用してデータのマスキングを行います。今回はそのアルゴリズムの種類や動作を検証しましたので、結果をご案内します。

  • 初級編
2017.12.12

テストデータ準備の業務プロセスを変革するDelphixの「Jet Stream」機能とは

Delphixの「Jet Stream(ジェット ストリーム)」を使用すれば、テストデータ準備に時間をかける必要はなくなります。テスト担当者自身で自由かつ簡単にデータを生成できるのです。

  • 初級編
2017.11.09

開発者それぞれに必要なデータベースを複数提供する仕組みとは

Delphixは好きな時点のデータを何個でも開発環境に提供することができます。今回はなぜ、任意の時点のデータを複数提供できるのか?その仕組みを紹介します。

カテゴリ一覧

Delphixハンズオンセミナー Delphix事例集のダウンロード

ページの先頭へ戻る