Delphixブログ

Delphixブログ>Delphix 5.2でUIが刷新!テストデータ作成がより簡単に!

  • 初級編
2018.03.05

Delphix 5.2でUIが刷新!テストデータ作成がより簡単に!

テストデータ作成には時間とコストがかかることが当たり前になっていませんか?

Delphixはデータベース仮想化の特許技術により本番データを高速にコピーし、簡単にテスト担当者に提供することができます。テストデータ作成にかかる工数を劇的に削減でき、近年問題となっているIT人材不足の対策としても注目されています。

この度2017年12月にDelphix 5.2がリリースされ、テストデータ作成がさらに簡単になりました!
そこで今回は刷新されたDelphixのUI(ユーザインターフェース)と使い方を紹介します。

DelphixのUIは直観的に操作可能

新しい製品を導入すると、必ず待ち構えているのは「操作を覚える」という作業ですよね。複雑なUIを覚えるのに苦労したこともあるのではないでしょうか?

DelphixのUIはとてもシンプルです。基本的な操作には分かりやすいアイコンがついていますので、実際に操作いただいた方々には「かなり使いやすい」と好評です。特徴的な画面を2つご紹介します。

1.リスト形式でテストデータを作成したい時点がすぐ見つかるタイムフロー


Delphixは本番データを取込み、任意の時点のデータからテストデータを作成することができます。取込みには独自のスナップショット技術を使用してり、そのスナップショットが時系列で管理されている画面をタイムフローと呼びます。

タイムフロー画面


Delphix管理者はこのタイムフローから好きな時点のスナップショットを選択してテスト環境にデータを提供することができます。これをそのままテスト用データベースとして使用できるので、テストデータ作成が簡単かつ高速に実現できます。

日付でフィルタをかけることもできるので少ないスクロールで探しているポイントを簡単に見つけられます!

2.一目で重要な情報が分かるダッシュボード


DelphixのUIにログインして最初に表示されるダッシュボード画面はストレージ使用量、仮想DB作成数、Fault情報など重要な情報が一目で分かります。

ダッシュボード画面

① ・・・Delphixのストレージ使用量
② ・・・Delphixに取り込まれた環境数、作成した仮想DB数
③ ・・・Delphix内のFault情報

それぞれの項目をクリックすれば詳細情報を確認することができます。よく「あの画面はどこから表示するんだっけ・・・」と操作に迷うことがありますよね。このUIならば迷うことなく目的の画面が表示できます。

Delphix 5.2で刷新された2種類のUI

新製品や新機能の名称を覚えるのも新しい製品を取扱う際の面倒な作業のひとつですよね。

DelphixにはUIが2種類あり、Delphix管理者と開発者・テスト担当者の権限を分離することができます。Delphix 5.2ではこのUIが刷新され名称も機能に合わせたものとなり非常に覚えやすくなりました。

UIごとに使用できる機能も異なります。詳細については以下の記事で分かりやすく紹介していますのでぜひご参照ください。



5ステップで本番データからテストデータを作成

Delphixではほとんどの操作が数分かつ数ステップで完結します。ここでは一例として本番データからテストデータを作成する5ステップを紹介します。


ステップ1 テストデータ作成元の本番データを選択
タイムフローから本番データのスナップショットを選択し、プロビジョンマークをクリックします。

ステップ2 テストデータ作成先サーバの選択
テストデータを作成するサーバを選択します。

ステップ3 テストデータ作成先DB情報の選択
テストデータ作成先DBの名前、データをマウントするディレクトリを入力します。

ステップ4 Delphix登録情報の入力
Delphixに登録するテストデータ作成先DBのDB名、登録グループを選択します。

ステップ5 同期タイミングを選択
テストデータ作成先DBとDelphix間の同期タイミングを選択します。

本番データからテストデータを作成するのに必要なステップは以上です。
数回の画面操作だけなので誰でも簡単に本番データからテストデータが作成できます!
従来時間がかかっていたテストデータ作成の時間を削減し、テストサイクルを高速化することでアプリケーションの短期リリース実現効果も期待できます。


まとめ

今回取り上げたトピック以外にもDelphixには他のテストデータ作成ツールにないような便利機能が多くあります。「こんな機能使えるかな?」など疑問・質問がありましたらぜひお問い合わせください。
そもそもどんな仕組みなのかなどDelphixのことが気になった方はぜひ以下の記事もご参照ください。


今日のハイジ

先日10年ぶりにインフルエンザにかかりました。
かつてない悪寒と節々の痛みに丸2日間は布団の中で苦しみました。。。来年からは何が何でも予防接種受けます・・・!

関連している記事

  • 初級編
2018.04.11

Delphixでデータベース移行とバージョンアップの課題を解決! Vol.2 本番稼働後の障害

データベース移行とバージョンアップ時の2大課題である「事前準備の時間」と「本番稼働後の障害」。今回はVol.2ということで「本番稼働後の障害」に焦点をあててDelphixの活用用をご紹介します。

  • 初級編
2018.03.20

Delphixでデータベース移行とバージョンアップの課題を解決! Vol.1 事前準備時間の短縮

データベース移行とバージョンアップ時の2大課題である「事前準備の時間」と「本番稼働後の障害」。今回は「事前準備の時間」に注目し課題を解決する方法をご紹介します。

  • 初級編
2018.01.19

開発の「作業待ち」を減らすDelphixのデータベース共有機能

Delphixのデータ共有機能を使えば、開発/テストの「作業待ち」時間を減らすことができます。

カテゴリ一覧

Delphixハンズオンセミナー Delphix事例集のダウンロード

ページの先頭へ戻る