Delphixブログ

Delphixブログ>AWS re:InventでDelphixブースを担当してきました!

  • その他
2019.12.19

AWS re:InventでDelphixブースを担当してきました!

AWS re:InventでDelphixブースを担当してきました!

AWS re:Invent 2019 にて、Delphixブースを担当してきました!

アマゾン ウェブ サービス ジャパンが主催するAWS re:Invent ジャパンツアーでたくさんのお客様にお会いできました。
Delphixブースにお越しいただき、ありがとうございました!

はじめての re:Invent への参加
はじめての海外イベントでのブース対応
はじめてのラスベガス

時差ぼけでブース対応は体力的に大変でしたが

「こんなところで、アシストさんにお会いできるとは!」

とお客様から嬉しいお言葉をいただいたり、 プロジェクトでお世話になったお客様とラスベガスの地でお会いできたりと、とても貴重な経験となりました。

ちょっと裏話

Delphixブースでは、ライトセーバーをお配りしました。これが大好評で、2,000本用意したライトセーバーは2日目には配布終了となってしまいました。

「うちの子どもに!」とお持ち帰りになった方がいらっしゃいましたが、そのお子さんが早く大きくなって、就職先でDelphixを採用くださるのを祈るばかりです。

その他にも(というより、こちらがメインなのですが)Delphixブースでは、Delphixの資料やグッズが入ったバッグをお渡ししました。このバッグ、実は私たちが宿泊しているホテルの部屋でせっせと準備していました。

受け取られた方はご存じですが、バッグの中身は、日本から持っていったものの他、シンガポールで作ったタオルや米国内で印刷した資料だったため、袋詰めの作業は、現地のホテルでの作業となってしまいました。

日本から送った荷物がホテルに着いていない!など、一瞬青くなるようなアクシデントもありましたが、無事たくさんのお客様にお持ち帰りいただくことができました。

この袋に入れてお配りした資料はこちら!

まとめ

海外のイベントに出展者として参加するのは初めての経験でしたが、たくさんのお客様にクラウドやAWSへの取り組み、ITやDXの課題などのお話を伺うことができ、多くを学ぶことができました。

今後も、機会があればぜひこうしたイベントにも積極的に参加していきたいと思います。

編集後記

またまたかなり時間が空いてしまいましたが、今回もハイジがお届けしました。

初めてのラスベガス、イベント会場もホテルも想像を超える大きさで、イベント初日は多少挙動不審気味でしたが、すぐに慣れて、楽しくお客様とお話することができました。
以前日本でご支援したことのあるお客様が「ハイジに会いたい」と、わざわざ訪ねてくださったのには感激しました。
今回はあくまでお仕事でしたので、「ラスベガスを満喫」が全然できませんでした。ぜひ近い将来「ラスベガスで豪遊」をしてみたいと密かに企んでいます。

関連している記事

  • その他
2020.02.26

データ提供はSL機関車?

Delphixのコンセプトがよくわかる動画が公開されました。さっそくご覧ください!

ページの先頭へ戻る