EAI/ETL技術者のブログ

  • お知らせ
2021.02.26

DataSpider Cloud はじめました!

2021年2月8日より、アシストでは「DataSpider Cloud」の取り扱いを開始しました!

名前からも推測できるように、DataSpider Cloudは、DataSpiderのクラウド版です。

オンプレミス版DataSpider(正式にはDataSpider Servistaと言います)とクラウド版の違いなども簡単にご紹介します!


DataSpider とは?


DataSpiderは、さまざまなデータやシステムを連携するためのEAIツールです。
日経BPコンサルティングによる調査にて、7年連続で顧客満足度1位を受賞しています。

DataSpider とは


ノンプログラミングで「つなぐ」だけの開発インターフェースと、接続先の豊富さが特長です。

  • オンプレ or クラウド(IaaS)上に環境構築が可能で、オンプレ環境とのデータ連携で利用
  • H/Wおよびソフトウェアなどのサーバ管理は自社で実施
  • DataSpiderのフル機能を利用することが可能

豊富な接続先


DataSpider Cloud とは?


DataSpiderの基本機能はそのままに、クラウド間のデータ連携に特化したSaaS版です。
SalesfoeceやAWS、kintone、Google、Microsoft Azure などクラウドならではの豊富な接続先を備え、企業の情報資産をクラウドで集中管理するなど、クラウドを中核としたデータ連携の自動化や業務効率化を実現します。

  • DataSpiderをSaaSとして利用でき、クラウド間のデータ連携が可能
  • H/Wおよびソフトウェアのサーバ管理は不要
  • クラウド系のアダプタを標準で利用可能

オンプレ版とクラウド版の違い


DataSpider Servistaとはオンプレからクラウドまで幅広いデータ連携をカバーし、DataSpider Cloudはクラウド間の連携を主にカバーします。

オンプレ版とクラウド版の違い


オンプレ版かクラウド版か迷ったら...アシストまでご相談ください!


アシストは、15年以上に渡り、お客様にDataSpiderをご提供して参りました。

支援体制やサポートノウハウを評価いただき、メーカーから6年連続でNo.1パートナーとして認定されています。

オンプレ版「DataSpider Servista」とクラウド版「DataSpider Cloud」のどちらもご提案/サポートを提供できる代理店は、実は、弊社アシストだけだったりもします。

データ連携にまつわる課題感をお持ちでしたら、貴社にとって最適なご提案を差し上げますので、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。


DataSpider Cloudがわかる!概要紹介資料

DataSpider Cloudの製品概要を、初めてのお客様にもわかりやすくまとめた資料です。
特長や機能のほか、オンプレミス版DataSpiderとの違いについてもまとめています。

社内関係者への説明にもご利用いただける資料です。




執筆者

2001年アシスト入社。
BI製品のSE、プロダクトマーケティングを経て、現在はDataSpiderを始めとする
データ連携製品のデジタルマーケティングを担当。

息子のリクエストで飼い始めた熱帯魚が最近の癒やし。

執筆者

Wakako Terada

関連している記事

  • お知らせ
2019.10.09

HULFTのご相談ならアシストへ!―HULFTはじめました

HULFTをラインナップに加え、アシストはデータ連携に対する課題により幅広くお応えできるようになりました!

DataSpider DMExpress(DMX)

ページの先頭へ戻る