TOP>アシスト運用フォーラムオンライン2020

アシスト運用フォーラムオンライン2020

アシスト運用フォーラムオンライン2020 概要

セッションのご紹介

本イベントでは、コロナ禍で見えてきた運用課題を3つのテーマにわけ、35分ずつ計7セッションをお届けします。

テーマ セッションタイトル 開始時間
オープニングセッション
変化するITサービスマネジメントの継続的改善を”アシスト”する
ソリューションマップ「ENISHI」のご紹介
13:00~13:35
A テレワーク、待ったなし!
~コロナ禍にアシストが取り組んだテレワーク対策と見えた課題~
13:35~14:10
B 運用業務の自動化2.0へ
~ビジネスを止めない、運用業務の共通言語化に向けて~
14:15~14:50
C 「リモート」でも開発できる!
~開発からリリースまで自動化するための手法とメリット~
14:50~15:25
D ​新たな「監視様式」
~テレワークで見えてきた、今、監視に必要な「4つ」の観点~
15:25~16:00
E テレワーク体制に強い”問い合わせ基盤”とは
~問い合わせ対応工数を劇的に減らす3つのポイント~
16:05~16:40
F ビジネス継続に必要なデータドリブン型IT部門とは
~パンデミックに備えたデータ活用のポイント~
16:40~17:15

13:00~13:35<オープニングセッション>

変化するITサービスマネジメントの継続的改善を”アシスト”するソリューションマップ「ENISHI」のご紹介

従前のDX推進や2025年の崖に向けた対応に加え、アフターコロナに訪れる「新様式」への対応など、
IT部門を取り巻く変化は、待ったなしという状況です。

しかし、運用管理の責任は、変わることはありません。サービス品質を変えることは、できません。
このような状況の中、IT部門が取り組むべき「やりかた」の変革をサポートするために、
弊社のITサービスマネジメントソリューションである「ENISHI」をリニューアルしました。

本セッションではENISHIのコンセプトのご紹介、そして
本セミナーでご紹介するソリューションと受講セッションをガイドします。
▼申し込む


13:35~14:10

テレワーク、待ったなし! ~コロナ禍にアシストが取り組んだテレワーク対策と見えた課題~

テレワークの急進に伴い、持ち出しデバイスの管理やセキュリティ対策
社員のITリテラシー向上など、様々な課題が浮き彫りになりました。

反面、IT部門の存在価値を示す契機とも言え、今後テレワークの実現に向け、
いかに先導していけるかが重要となります。

本セッションでは、このコロナ禍でのアシストにおいて実施した取り組みを基に、
テレワークにおいて必要となるIT機器の管理とセキュリティ対策の実践例をご紹介します。
▼申し込む


14:15~14:50

運用業務の自動化2.0へ ~ビジネスを止めない、運用業務の共通言語化に向けて~

昨今の働き方改革などの取り組みにより、各社の運用業務の自動化・効率化は
進んでいますが、一方でシステムの特性により「サイロ化」で留まっているケースが見受けられます。
コロナ影響下の変則的な勤務体制だからこそ、管理や自動化のしくみは
システムに関わる全員の共通言語になっていく必要があります。

本セッションではシステムを横断した自動化や、
更に開発・運用の垣根を超えた組織としての自動化を支援する
自動化・構成管理に関する手法をご紹介します。
▼申し込む


14:50~15:25

「リモート」でも開発できる! ~開発からリリースまで自動化するための手法とメリット~

コロナ禍によってテレワークが推進され、開発現場において、
今まで対面で実施していた報・連・相や承認が難しくなりました。

テレワークで開発を進めるためには、対面でのやりとりが発生しやすい
「ビルド・テスト・デプロイ」といったプロセスを可能な限り自動化する仕組みが重要です。

本セッションではアフターコロナに向けた開発基盤の見直し
CI/CDのはじめの一歩を提案します。


15:25~16:00

新たな「監視様式」 ~テレワークで見えてきた、今、監視に必要な「4つ」の観点~

テレワーク体制により、従前より実施されてきた監視業務においても、
リモート管理であるがこその難しさが見えてきました。
テレワーク体制において監視は、運用にかかわるメンバーの目・耳・口・手・足になるべく
重要性が高まっています。

本セッションでは『①可視化(目)』、『②コミュニケーション(耳・口)』
『③オートメーション(手)』、『④監視ポイント強化(足回り)』の4つの
観点をテーマに、今後を見据えて取り組むべき新たな”モニタリング様式”について解説します。 

▼申し込む


16:05~16:40

テレワーク体制に強い”問い合わせ基盤”とは ~問い合わせ対応工数を劇的に減らす3つのポイント~

テレワークの急進やWeb会議システムの採用などに伴い、各企業、問い合わせが急増したであろうことは
想像にかたくありません。今後も続くであろう今の体制に加え、これから対策を講じるものも、
必ず利用方法や不具合などの問い合わせが発生し続けます。
テレワーク体制に強く、十分に利用できる"基盤"が必要ではないでしょうか。

本セッションでは、「コミュニケーション・可視化・省力化」の3つのポイントに絞り、
問い合わせ対応の効率化について解説します。
▼申し込む


16:40~17:15

ビジネス継続に必要なデータドリブン型IT部門とは ~パンデミックに備えたデータ活用のポイント~

提供するITサービスの維持に加え、急遽のテレワーク環境の整備や
新規開発プロジェクトの計画見直しなど、IT部門による迅速な判断や柔軟な対応が
ビジネス継続を左右する状況となりました。
その対応にあたっては、ITサービスを構成するヒト・モノ・カネの現状を把握し、
分析する”可視化”のアプローチが欠かせません。

本セッションでは、IT部門の各役割に応じた判断のアプローチについて
取り組みのポイントと実現方法をご紹介します。

▼申し込む

ご協賛企業

※敬称略、会社名50音順に掲載しています



セミナーに関する注意事項

●本セミナーはzoomを利用したオンライン型のセミナーです。
●参加にあたり、以下のURLへアクセスできることをご確認ください。
 前提ブラウザは「Google Chrome」です。
 https://ashisuto.zoom.us/j/
●競合他社様や個人でのご参加は、お断りすることがございますのでご了承ください。
●ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関するお客様へのご連絡など、本セミナーの開催運営を
 目的として利用いたします。
●当該個人情報は、セミナー内容の改善のため、株式会社アシストのみが取り扱い、
 弊社の個人情報保護方針に基づき、厳重に管理します。

ページの先頭へ戻る