TOP>ニュース/新着情報>アシスト、第1回 AI・業務自動化展(春)に出展

2018年05月02日(水) お知らせ

アシスト、第1回 AI・業務自動化展(春)に出展



アシストは、東京ビッグサイトにて開催される「第1回 AI・業務自動化展(春)」に出展し「業務自動化」をテーマとしたブースを展示します。

2018 Japan IT Week 春 「第1回 AI・業務自動化展(春)」

会場:東京ビッグサイト
期間:2018年5月9日(水)~11日(金)
時間:10:00~18:00(最終日のみ、17:00まで)

アシストブース位置  …… ホール名 :  小間番号 : 東12-40


展示ブースでは、「アシストが提案する業務自動化」をテーマに9種類の業務自動化について、来場者の皆様に有益な情報やアシストがお手伝いできることを分かりやすくご紹介しますので、ぜひご来場ください。


<8+1の業務自動化>

  • 「推論型AIを中核に据えた業務自動化」
  • 「データ集計/分析の自動化」
  • 「データ準備の自動化」
  • 「予測分析業務の自動化」
  • 「データ集計業務の自動化」
  • 「運用オペレーションの自動化」
  • 「GUIデータ入力の自動化」
  • 「データ連携処理のチューニング自動化」
  • 「Excelやメール業務の自動化」

ブースにて展示する製品

AEDANは、推論型AI「Progress Corticon」を中核に据えた、業務自動化のためのフレームワークとソリューションです。


DataSpider Servistaは、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。


Operations Orchestrationは、運用担当者のオペレーションを自動化する製品です。


Paxata(パクサタ)は、エンタープライズのデータ・プレパレーションを実現するまったく新しいツールです。


Qlik製品は、ビジネスユーザがセルフサービスでデータを探索できるデータ分析プラットフォームです。


Syncsort DMExpressは、高性能なデータ統合(ETL)処理、バッチ処理を簡単に開発できる「最も賢い超高速ETLツール」です。


Syncsort DMX-hは、世界最速ETLソフトウェアであるSyncsort DMExpressをスケーラブルなHadoop環境と融合させた、新時代の情報活用を支えるビッグデータ蓄積処理基盤のバッチ処理エンジンです。


Unified Functional Testingは、GUIおよびAPI(GUIレス)アプリケーションの両方の機能テストを実現するツールです。


Verticaは、エンタープライズDWHとしてだけではなく、全社的なビッグデータ分析基盤として活用できる次世代型データベースです。


WebFOCUSは、社内外のユーザに情報を届け、情報活用を定着させるBIプラットフォームです。


ページの先頭へ戻る