TOP>研修>研修コース一覧>Oracle研修>PL/SQLプログラミングIコース

PL/SQLプログラミングIコース

PL/SQLプログラミングIコース

PL/SQLとはSQLの機能を拡張し、より複雑な処理が行えるOracle独自のプログラミング言語です。本コースでは、前半にPL/SQLの特徴や基本的な記述方法を習得し、後半ではプログラムをデータベースに登録するストアド・サブプログラムやデータベース・トリガーの作成方法を実習中心で解説します。これからPL/SQLを使用してアプリケーション開発される方にお薦めです。

形態 実習
日数 3日間
チケット枚数 12枚
コース内容 ・概要
PL/SQLの特徴・機能および利点について

・基本記述
変数の定義、データ抽出、エラー発生時の対処方法など、PL/SQLの基本構文について

・ストアド・サブプログラム
プロシージャ、ファンクションの特徴や作成方法について

・パラメータ
パラメータを使用した汎用性の高いプログラムの作成について

・トリガー
あるタイミングで、暗黙的に実行されるPL/SQLプログラムであるトリガーの具体的な使用方法、作成について

・サブプログラムの管理
関連オブジェクトの依存性による影響について
受講対象 これからPL/SQLを使用してアプリケーション開発をされる方。
受講前提 「SQLトレーニング」を受講された方。
もしくは下記条件を満たしている方。

<SQLの基礎>
・SELECT、DML(INSERT、UPDATE、DELETE)の基本的なSQLを習得している。
・トランザクション、COMMIT、ROLLBACK、ロックについて理解している。
オリジナルテキストのサンプル 目次 PDF[44KB]
本文 PDF[241KB]
受講後のおすすめコース ・PL/SQLのさらに応用的なスキルを習得したい人は...
 「PL/SQLプログラミングII
受講者の声 『講義のペース、ボリューム内容ともに余裕があるペースでじっくり学べて良かった。実務で非常に役に立つ、かつ即使用できる内容で、とても充実していた』
『プログラミング言語を学ぶのは初めてでしたが、基礎から丁寧に教えてもらえたので分かりやすかったです』
『PL/SQLは基本を独学していましたが、今回改めて受講して、応用的なことも習得でき、とても勉強になりました』


ページの先頭へ戻る