TOP>Paxataで、マーケティングのデータを簡単に扱う方法

Paxataで、マーケティングのデータを簡単に扱う方法

下記のフォームより、資料をダウンロードできます。

Paxataで、マーケティングのデータを簡単に扱う方法

Paxataで、マーケティングのデータを簡単に扱う方法

皆さまのマーケティング部門では、 マーケターがデータをフル活用して企画や施策に活かしていく、 そんなサイクルがまわっていますか?

この資料では、マーケターが苦労しがちな3つのデータプレップの例を取り上げて、「Paxata(パクサタ)」を使ったデータの扱い方をご紹介します。

この資料で取り上げるデータプレップの例

  • 2つ以上のデータをメールアドレスで結合
  • 顧客データの名寄せ/クレンジング
  • キャンペーンデータの分割

デジタルマーケティングに取り組まれている方は、ぜひご覧ください。

ページの先頭へ戻る