アシスト

クラウドライセンス

アシストがご提供するSaaS環境でご利用いただく場合

Paxata Cloudは、データ・プレパレーションの機能をクラウド上でご利用いただける SaaS型サービスです。
WebブラウザがあればPaxataのご利用を開始でき、分析や予測に必要なデータをすぐに準備できるようになります。

  • いつでもPaxataのご利用をスタート

    Paxata Cloudはアシストがご提供するSaaS型サービスです。いつでもご利用いただける環境をご用意していますので、お申し込み後すぐにPaxataをつかったデータ準備に取り掛かれます。

  • Hadoop/Sparkの環境構築はお任せ

    Hadoop/Sparkの環境や専門知識を持つ技術者がいなくても、これらの最新技術を取り入れた分散コンピューティング環境をご利用いただけます。

  • 必要な環境はWebブラウザのみでOK

    Webブラウザがあれば、Paxata Cloudを利用できます。SQLやPythonなどの高度なITスキルを習得しなくても、使い慣れたスプレッドシート上で必要なデータを準備できるようになります。

  • データ量に応じてモデルを選択

    Paxata Cloudでは、同時に処理するデータ量に応じてSMLのご利用モデルから選択いただけます。データボリュームの増加に伴って上位モデルへの移行やオンプレミス環境へのライセンス移行も可能です。

  • 初期コストを削減

    インフラ整備やソフトウェア購入が不要なため、膨らみがちな初期コストを抑えてPaxata Cloudをご利用できます。

アーキテクチャ

インターネットに接続できるブラウザとデータがあれば、Paxata Cloudのご利用を開始できます。クラウド側ですべての環境が用意されるため、サーバのご準備や運用、継続的な保守の必要がありません。

システム要件

ご利用に向けてご準備いただく環境は、クライアント端末のWebブラウザのみです。
クライアント端末のWebブラウザから、インターネット(https)経由でクラウド上に構築されたPaxata Cloudへアクセスしてご利用いただ けます。

Mozilla Firefox Extended Support Release (ESR) 58.0.2 for Mac and Windows
Google Chrome 64.0.3282.15 m for Mac and Windows

ライセンス&利用プラン

Paxata Cloudは、データ件数にあわせて3つのプランをご用意しています。

プラン データ件数(上限) 価格(1年)
S 100万件 360万円
M 1,000万件 1,080万円
L 1億件 3,240万円

※1契約あたり20万円の初期費用がかかります。
※各プランともに列数の上限は500列です。
※データ件数は、Paxata Cloud上での最大処理件数です。
※ユーザー数は、無制限です。
※契約期間は、1年単位です。

ご導入プロセス

ご利用開始までのステップは簡単です。Paxata上で利用したいデータの件数に応じて、SMLの3つのサイズから選択して申し込みをするだけで利用をスタートできます。

  • ご利用モデルの検討

    Paxata Cloud上で使用するデータ量に応じてモデルを選択します。
    データ件数は、Paxata Cloud上での同時処理件数となります。

  • お申し込み

    お申込書やご利用規約など必要書類にご記入の上、お申込みいただきます。

  • 環境構築

    Azure上にお客様用の環境設定を行います。

  • サービス開始通知

    アシストのサポートセンターをご利用いただくためのサポートIDを発行します。

  • 利用開始

    Paxata Cloudのご利用を開始します。

ご利用環境の機能比較
オンプレミスライセンスとクラウドライセンス

Paxata Cloudをご利用される場合と、自社にてPaxataのご利用環境を構築される場合(基盤はオンプレ/クラウド問いません)の機能差異は下記のとおりです。

プラン 自社環境
(オンプレミスライセンス)
Paxata Cloud
(クラウドライセンス)
データ加工処理に関する全機能操作
社内システム(DB、HDFS、Hive、SFTP)との連携 ×
クラウドサービス(S3、Salesforce)との連携 ×
ファイルアップロード
ファイルダウンロード
REST APIによるアクセス
社内認証システム(LDAPやSAML)との連携 ×
スケジューラ機能
ユーザー、グループの管理(作成、削除)
ロールの管理(作成、削除、割当)

自社環境でご利用いただく場合

keyboard_arrow_up