Paxataブログ

  • つなげて使う
2019.10.29

REST APIでオープンデータの取得と更新を自動化!

今回の記事では、オープンデータをREST API経由で取得して、そのまま加工整形し、かつその作業を自動化する方法をご紹介します。一連の流れは、データ・プレパレーション製品の「Paxata(パクサタ)」を使用していきます。

  • つなげて使う
2019.09.27

DataRobotの予測に欠かせない「データ準備」の進め方

今回の記事では、DataRobotでの予測モデル生成に欠かせない「事前のデータ準備」をテーマにお届けします。データサイエンティストでなくても、ビジネス部門で機械学習用のデータを簡単に作成する方法があります。

  • データ加工の悩みを解決
2019.09.06

センサーデータの前処理ってどうする?大容量、JSON、縦横変換の課題を解決

IoT化の進展とともに、センサーデータの活用が目指されています。しかし、いざセンサーデータを扱おうとすると、そこには大きな壁が立ちはだかります。この記事では、大容量、JSON、縦横変換の3つのポイントからセンサーデータを簡単に扱う方法をご紹介します。

  • データプレップを学ぶ
  • データ加工の悩みを解決
2019.08.23

Paxataでデータプレップしてみよう!

ログインから、データのプロファイリング、加工、データセットの作成まで、実際のデータプレップの流れをPaxataで進めていきます。

  • データプレップを学ぶ
  • データ加工の悩みを解決
2019.08.22

Paxataとは?

データプレップを採用する企業が、急速に増えています。今回のブログでは、Paxataがどんな製品なのか特長を知りたい!という方向けに、ややエンジニア目線からご紹介します。

  • 戦略/部門別アプローチ
  • データ加工の悩みを解決
2019.08.16

デジタルマーケティングに立ち向かう、マーケターのためのデータプレップとは

皆さまのマーケティング部門では、マーケターがデータをフル活用して企画や施策に活かしていく、そんなサイクルがまわっていますか?デジタルマーケティングが進むほど難しくなる、データの扱い方をテーマに取り上げます。

  • 戦略/部門別アプローチ
2019.08.09

デジタルイノベーション部門が考える「次世代データ活用基盤」

デジタルイノベーション時代のデータを最大限に活用するには、これまでのデータマネジメントに新たな視点が必要です。新しいデータの流れを「つなぐ・ためる・じゅんびする・いかす」の4つのステップで解説します。

  • データプレップを学ぶ
2019.08.06

データプレップとETLは、何がちがうの?

Paxataはデータプレップという分野の製品ですが、お客様から「データプレップとETLは、何がちがうの?」と聞かれることがあります。そこで今回は、データプレップとETLツールの違いをいくつかの観点から比較してみたいと思います。

  • つなげて使う
2019.08.01

Tableauをもっと活用するためのデータプレップ

Tableauでのデータ分析に欠かせないのが、分析をスタートする前のデータ準備、つまり「データプレップ」です。もっと早く、もっと簡単にTableauの分析データを準備する方法についてご紹介します。

Paxata

ページの先頭へ戻る