Paxataブログ

Paxataブログ>アンケート集計(分析)のためのデータ準備をやってみた

  • ビッグデータ/分析のデータプレップ
2020.10.16

アンケート集計(分析)のためのデータ準備をやってみた

先日、アシスト主催の大規模なオンラインイベントを開催しました。
5日間で約150セッション、2,500人のお客様に申し込みいただくことができ、おかげさまで大盛況なイベントとなりました!

このイベントに参加されたお客様から、アンケート回答へのご協力をいただきました。

お客様一人一人からいただいた貴重なアンケートですから、弊社としては適切なフォローアップのアクションにつなげたいです。

ただ、2,500人分のアンケートを1件ずつチェックしてくのはとてつもなく時間がかかります...(と言うか、現実的でない)

アンケートの集計が終わった頃には、お客様もセミナーのことをもう忘れているでしょう。。

イベント開催後すぐにアンケートデータの集計・分析に取りかかり、そこから見えてきた内容をもとにお客様をグルーピングしてフォローアップできると、とっても効率的だと思いませんか!?

そこで今回は、Paxataを使ってアンケート分析のデータ準備をしてみたその体験を皆さんと共有したいと思います。
(具体的な目的やアクション内容はある意味デリケートなためここでは割愛します。どうぞご容赦を...)


アンケート集計の目的

アンケート集計でやりたいことは、
●2,500名の中から私たちがフォローすべき「ターゲットリスト」を作る
ことです。

これらの条件に合致する人を見つけ出したいのですが、

それには、次のような社内システムを横断的にまたがったデータを組み合わせて炙り出す必要があるのです。

150セッションある大規模なイベントだったこともあり、一つのシステムですべてのデータを管理することも、参照することもできないという裏事情がありました。


アンケート集計/分析を行うまでのデータ準備ってこんなに大変

データの中身についてもう少し詳しくお伝えします。
いずれもお客様一人一人に対して、一行でデータが格納されており、全てにメールアドレスを持っています。(最終的な紐付けはメールアドレスでできますね)

「2.アンケートデータ」にはセミナー全体の満足度や感想を聞いたアンケート、
「3.社内の顧客マスター」には、弊社のお客様区分や業種、担当営業などの属性情報が入ってます。

ここで問題となるのが「1.セミナー申込データ」です。
申込者1名に対して、各セッションの申し込み有無が列ごとに入ったデータとなってます。
対象となるセッションは150個あり、データ全体では200列以上となります。

データのイメージ図

私たちのフォロー対象となるセッションは13個でした。
このターゲットリストをExcelで作ろうと思うと、対象セッションで絞り込んだリストを13回も縦結合して、そこに事後アンケートや顧客属性データをlookupで横結合する感じでしょうか?
やってやれないことはないですが、大変な作業になることは想像に難くありません。。


Paxataでデータ準備がこんなに楽になる

Paxataを使えば前述のデータ加工があっという間にできてしまいます。


1)ピボット解除して対象セッションを選択

Paxataでは、横持ちデータを簡単に縦持ちに変換(ピボット解除)ができます。この処理をした後に対象となるセッションを選択するだけで簡単に申込データから対象セッションに申し込んだ人を抽出できます。

ピボット解除して対象セッションを選択


2)事後アンケートを横結合

次は1)で作ったデータにアンケートデータを紐付けて、アンケート内容が良い人にさらに絞り込みを行います。
Paxataではlookup機能があり、データを指定すればキー項目を自動的に判別してデータを連結してくれます。

事後アンケートを横結合

あとは、アンケート項目から要件に合わせてフィルターするだけです。


3)顧客マスターを横結合

2)で作ったデータに顧客マスターのデータを横結合します。やり方は2)とまったく一緒です。


これで欲しいターゲットリストができあがりました。加工作業にかかった時間は30分程度です。

作業工程が残っているので、対象イベントが変わっても簡単に応用できてしまうわけです。



Paxataを使ったアンケートデータの加工について、具体的なイメージを持っていただけましたでしょうか?

実際にはすぐデータ抽出はせず、この加工データを「Qlik」(データ分析プラットフォーム)で可視化して分析した後に最終的な抽出条件を決めていたりします。
アンケート集計のように毎回設問や抽出条件が異なる作業には、PaxataとQlikはとっても相性がよいです。


今後もPaxataを使ったデータ加工の例を皆さんにご紹介していきますので、楽しみにしていてください。


【資料】Paxataの機能がわかる!一覧をPDFでダウンロード!

【セミナー】データプレップを2時間で体験!


この記事をかいた人

2009年にアシストに新卒入社。
情報活用製品全般のプリセールスや重点顧客担当エンジニアを経験して、現在はPaxataとQlikのセールス・エンジニアとして活動中。 趣味はランニング。

関連している記事

  • ビッグデータ/分析のデータプレップ
2020.04.23

アシストのQlik技術者80名に聞きました!Qlik SenseやQlikViewでつまずきやすいデータの課題とは?

Qlik SenseやQlikViewを導入されているお客様から、「分析データの事前準備」についてご相談を受けることが増えてきました。たとえば、ロードスクリプトやデータマネージャでのデータ作成についての課題です。

  • ビッグデータ/分析のデータプレップ
2020.02.04

オープンデータを活用しよう!REST APIを使ってデータ取得と更新を自動化

今回の記事では、オープンデータをREST API経由で取得して、そのまま加工整形し、かつその作業を自動化する方法をご紹介します。一連の流れは、データ・プレパレーション製品の「Paxata(パクサタ)」を使用していきます。

  • ビッグデータ/分析のデータプレップ
2019.09.06

センサーデータの前処理ってどうする?大容量、JSON、縦横変換の課題を解決

IoT化の進展とともに、センサーデータの活用が目指されています。しかし、いざセンサーデータを扱おうとすると、そこには大きな壁が立ちはだかります。この記事では、大容量、JSON、縦横変換の3つのポイントからセンサーデータを簡単に扱う方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る