Paxataブログ

Paxataブログ>DataRobotを加速させるPaxata! - DataRobotコネクタリリース

  • つなげて使う
2020.02.10

DataRobotを加速させるPaxata! - DataRobotコネクタリリース

今回はPaxataの最新バージョンにて搭載された「DataRobotコネクタ」についてご紹介します。

DataRobotと言えば、昨年(2019年12月)にPaxata買収のニュースが流れて驚かれた方も多いのではないでしょうか?

【プレスリリース】

DataRobot、データソリューションを提供するPaxataを買収、エンドツーエンドのエンタープライズAI機能を強化
https://www.datarobot.com/jp/news/datarobot-acquires-paxata-to-bolster-its-end-to-end-ai-capabilities/

今後はDataRobotとPaxataによって企業のAI民主化をより強力に推進していくことがメッセージとして出ています。

今回のコネクタは、両製品のテクノロジーがコラボした第一歩になりそうですね!

前置きが長くなりましたが、この記事ではPaxataのDataRobotコネクタについて、
「何ができるの?」「何が便利なの?」についてお伝えしたいと思います。

DataRobotコネクタとは

DataRobotとは


DataRobotは「機械学習の自動化プラットフォーム」です。
日本国内でも、AI・機械学習に取り組む多くの企業に支持されていますよね。

データさえ揃っていれば、「開始」ボタンをクリックするだけで、多数のアルゴリズムによる計算がスタート。

数百のモデルが作成されるので、その中からもっとも精度の高いモデルを選ぶだけで、コード記述や専門スキルがなくても最先端の機械学習を利用することができる、というのがDataRobotの特長です。


DataRobotコネクタとは

今回登場したPaxataの「DataRobotコネクタ」は、PaxataからDataRobotに直接データセットをエクスポート・インポートできるコネクタです。Paxata 2019.1より標準搭載されるようになりました。

▶Paxata DataRobotコネクタの具体的な機能

Paxata上で作成した以下の「Webキャンペーンデータ」をAIカタログへエクスポートします。

Paxata DataRobotコネクタ利用イメージ

以下のように、DataRobotコネクタを画面上の操作で選択します。

Paxata DataRobotコネクタ利用イメージ

エクスポートボタンをクリックするだけで、AIカタログにデータが登録されました。

Paxata DataRobotコネクタ利用イメージ

AIカタログに登録されている「今年度販売実績」をPaxataへインポートします。

Paxata DataRobotコネクタ利用イメージ

以下のように、AIカタログに登録されているデータの中で、Paxataにインポートしたいデータを選択します。

Paxata DataRobotコネクタ利用イメージ

Paxataにデータが登録されました。

Paxata DataRobotコネクタ利用イメージ

※AIカタログはDataRobot リリース5.2にて搭載されたデータの履歴管理・共有・検索を
 目的とする新機能です。詳しくは、DataRobotサイト をご覧ください。

Paxata DataRobotコネクタを使うと何が便利なの?

DataRobotを使っていると、「開始」ボタンを押す直前に
「あっ、このデータ間違えてた。。」
みたいなことってありますよね?

2つ前の教師データのバージョンに戻って、一部分を直してモデルに投入し直したい、
みたいなことってありますよね?

そんなときのデータ修正とインポートが、Paxata DataRobotコネクタを使うとでかなり楽になるはずです!

●Paxata DataRobotコネクタがない場合(これまで)
 
 1) Paxataで作ったデータセットをユーザーのローカルフォルダや共有ストレージ上に出力
 2) DataRobotからそのデータセットを取り込む
 上記の手順を踏む必要がありました。


●Paxata DataRobotコネクタがある場合(これから)

 これまでに挙げた手順を省略できるので、操作はとってもシームレス!
 さらに、AIカタログから直接インポート、エクスポートができるようになるので
 教師データのアップデートとバージョン管理がとても簡単にできるようになります。


Paxata DataRobotコネクタを使うことで、
きっとDataRobot の「開始」ボタンを押す機会も増えるんじゃないんでしょうか?

今後も両製品のコラボレーション機能から目が離せません。

アップデートは随時、ブログにアップしていきますのでどうぞお楽しみに!


あわせて読みたい記事


【資料】この記事を読まれた方におススメ!

機械学習とデータ・プレパレーションをテーマに、「予測モデルの精度を上げる10のヒント」をわかりやすくご紹介しています。



この記事をかいた人

2009年にアシストに新卒入社。
情報活用製品全般のプリセールスや重点顧客担当エンジニアを経験して、現在はPaxataとQlikのセールス・エンジニアとして活動中。 趣味はランニング。

関連している記事

  • つなげて使う
2020.02.04

オープンデータを活用しよう!REST APIを使ってデータ取得と更新を自動化

今回の記事では、オープンデータをREST API経由で取得して、そのまま加工整形し、かつその作業を自動化する方法をご紹介します。一連の流れは、データ・プレパレーション製品の「Paxata(パクサタ)」を使用していきます。

  • つなげて使う
2019.09.27

DataRobotの予測に欠かせない「データ準備」の進め方

今回の記事では、DataRobotでの予測モデル生成に欠かせない「事前のデータ準備」をテーマにお届けします。データサイエンティストでなくても、ビジネス部門で機械学習用のデータを簡単に作成する方法があります。

  • つなげて使う
2019.08.01

Tableauをもっと活用するためのデータプレップ

Tableauでのデータ分析に欠かせないのが、分析をスタートする前のデータプレップです。もっと早く、もっと簡単にTableauの分析データを準備する方法についてご紹介します。

ページの先頭へ戻る