TOP>第10回 aebisユーザー会 2022 お申し込みページ

第10回 aebisユーザー会 2022 お申し込みページ

第10回aebisユーザー会2022

aebisユーザー会は、アシストが提供するデータ活用ブランド「aebis」の製品群をご利用中のユーザー様にご参加いただく、年に1度の特別なイベントです。
ご利用中の製品の最新情報を得ていただくだけでなく、ユーザー様同士の情報交換・交流の場として毎年たくさんの方にご参加いただいております。
前回に引き続き、今回も全国のお客様を対象にオンラインで開催予定です。

「語り合おう!データで創る明るい未来」のテーマのもと、ご参加いただくすべての企業でデータドリブンが実践され業務が推進されることを目指し、様々な企画をお届けします。

  3月7日(月) 3月8日(火) 3月9日(水) 3月10日(木) 3月11日(金)
総会
どなたでも視聴可能
期間中いつでも視聴可能
Session A(ユーザー様登壇セッション/エグゼクティブ層向け)
1. アシストセッション
 年間23万件の顧客接点から見たデータドリブンによる成功への道筋

2. ユーザー様登壇セッション
 データドリブンの実現へ。Hondaのチャレンジを紐解く(仮)
Session B(ユーザー様登壇セッション/ミドルマネジメント・現場担当者向け)
1. アシストセッション
 年間23万件の顧客接点から見たデータドリブンによる成功への道筋

2.ユーザー様登壇セッション
 ビジネス現場におけるデータドリブンの現状と今後!
 ~推進、定着の落とし穴と、その飛び越え方~
製品分科会
ユーザー様限定
リアルタイム配信(Zoom)
  Qlik
9:30 ~ 12:00
WebFOCUS
9:30 ~ 12:00
DataSpider
9:30 ~ 12:00
DataRobot /
Paxata

10:00 ~ 12:00
    Vertica
13:30 ~ 16:00
AEDAN /
Corticon

13:30 ~ 16:00
 

総会 (すべてのお客様が対象)

総会は2つのコンテンツを動画でオンデマンド配信いたします。
会期中、どなたでもいつでも何度でもご覧いただけますのでお気軽にお申し込みください。

3月7日(月) 3月11日(金)

Session A(ユーザー様登壇セッション/エグゼクティブ層向け)

1. 年間23万件の顧客接点から見たデータドリブンによる成功への道筋
アシストは営業活動・技術サービス・お問い合わせサポートを通して、全国6,000社のお客様と日々接しています。その数、年間約23万件。その活動ログを精査して見出した、アシストが捉えるデータドリブンによる成功への道筋についてお伝えします。
(時間:約20分)
2. 注目session
データドリブンの実現へ。Hondaのチャレンジを紐解く(仮)
様々なモノづくりを通じてすべての人に「生活の可能性が拡がる喜び」を提供する本田技研工業株式会社。同社では、データとデジタル技術を活用し、顧客価値の最大化と既存事業のバリューチェーン最適化に取り組んでいます。Hondaが取り組むデータ活用文化醸成へのロードマップや、データドリブン推進事例についてインタビュー形式でお届けします。
(時間:約45分)
講演者
本田技研工業株式会社 本田技研工業株式会社 デジタル改革統括部
バリュークリエーション部
データ解析・活用課
チーフエンジニア
小川 努 様
進行
株式会社アシスト DX推進技術本部 事業推進部 花井 正樹

Session B
(ユーザー様登壇セッション/ミドルマネジメント・現場担当者向け)

1. 年間23万件の顧客接点から見たデータドリブンによる成功への道筋
アシストは営業活動・技術サービス・お問い合わせサポートを通して、全国6,000社のお客様と日々接しています。その数、年間約23万件。その活動ログを精査して見出した、アシストが捉えるデータドリブンによる成功への道筋についてお伝えします。
(時間:約20分)
2. 注目session
ビジネス現場におけるデータドリブンの現状と今後!
~推進、定着の落とし穴と、その飛び越え方~
現在たくさんの企業がデータドリブンや業務改革に取り組んでいます。今回はユーザー企業とアシストの「現場のリーダー」3名が登壇!各社のビジネス現場におけるデータドリブンの現状と今後について、リーダーたちのリアルな体験談をパネルディスカッションでお届けします。
(時間:約45分)
パネリスト
株式会社オークネット 株式会社オークネット DX部門 デジタルサービス開発部
デジマ・データ分析グループ
段 裕之 様
株式会社デンソー 株式会社デンソー センシングシステム&セミコンダクタ製造部
製造企画室 情報システム推進課
川上 直人 様
株式会社アシスト 株式会社アシスト 経営企画本部 ITサービス企画部
ITサービス企画課
岡田 優治
進行
株式会社アシスト BIマイスター 上田 信治

プログラムに戻る

Qlik 製品分科会 (アシストの保守契約ユーザー様のみ)

3月8日(火) 9:30 | 12:00

Qlik

徹底討論!「Qlikの定着化」を実現するために

1. パートナーアンバサダーが語る!Qlik最新情報
進化を重ねるQlik製品。その最新状況から便利な利用法、Qlik情報収集のテクニックまでを一挙にご紹介いたします。
2. Qlikの定着化に向けた徹底討論
企業内でのデータ活用を有効に進めるためにアシストでは「Qlikの定着化」が重要と考えています。
このためには「アプリ」「運用体制」の2観点でアプローチしていく必要があります。
そこで第二部では、アプリ開発者 / 製品運用者の2つのグループに分かれ、定着化に必要な内容・実施方法を座談会形式で徹底討論していきます。
座談会では、実アプリあるいは利用・運用イメージをお持ちいただき、生の活用事例をお互いに交換ください!

プログラムに戻る

WebFOCUS 製品分科会 (アシストの保守契約ユーザー様のみ)

3月9日(水) 9:30 | 12:00

WebFOCUS

「TIBCO WebFOCUS」で実現する変化に強い
BIプラットフォーム! ~データ活用の壁を超えよう~

1. テクニカルセッション:どう変わる?TIBCO WebFOCUS!
WebFOCUSをご愛顧いただいているお客様に、いち早く新生TIBCO WebFOCUSをご紹介!
クラウド利用を見据えた『新ライセンス体系』のポイントや、新ライセンスへの移行に関する考え方や価格についての情報もご説明します。
またWebFOCUSのさらなる活用を推進すべく、新しい『付加価値サービス』についてもご紹介。
2. 座談会セッション:ここでしか聞けない!WebFOCUS活用座談会
恒例のユーザー交流会を今年も開催!
WebFOCUSの運用・開発・活用推進に関して、お互いに成功例やお悩みを共有し、アドバイスし合うことによって、より良いWebFOCUSの活用ポイントのヒントをお持ち帰りください。
※参加ご希望のお客様は、お申し込みの先にあるアンケート画面の設問6.にて「座談会に参加」をご選択ください。

プログラムに戻る

Vertica 製品分科会 (アシストの保守契約ユーザー様のみ)

3月9日(水) 13:30 | 16:00

Vertica
1. Verticaエバンジェリストによる、最新アップデートのご紹介
最新バージョンVertica11にて、クラウドネイティブな機能、データレイク連携、機械学習、Pythonライブラリなど顧客ニーズの高いテクノロジーを強化しています。
開発元のマイクロフォーカスエンタープライズ様から最新アップデートやロードマップをご紹介いたします。
2. 一度は使ってほしい!Management Consoleの便利機能
Management Console(MC)はVerticaデータベースの管理、パフォーマンス監視が行えるブラウザベースのツールです。
アシストが厳選するおススメ機能、意外と知らない便利機能、など運用管理に役立つMCの使い方をご紹介します。
QAタイムもありますのでお気軽にご質問ください!

プログラムに戻る

DataSpider 製品分科会 (アシストの保守契約ユーザー様のみ)

3月10日(木) 9:30 | 12:00

DataSpider

DataSpider活用のカコ、イマ、ミライ?!
ベテランユーザー企業様の体験談から使いこなしのヒントを探そう!

1. 製品最新情報のご案内
開発元のセゾン情報システムズ社より製品の最新情報および今後のロードマップについてご紹介します。
2. パネルディスカッション
DataSpider活用のベテランユーザー企業様をお招きし、以下のテーマに沿ってパネルディスカッションを開催します。

カコ:利用開始当時の状況や課題
イマ:どのように製品を利用・評価しているか、今の課題は?
ミライ:今後の活用予定、製品やメーカーへの期待は?

各テーマについて「理想」と「現実」を赤裸々に語っていただきます!
当日はQAツールで参加者の皆さまからのご質問も募ります!

プログラムに戻る

AEDAN / Progress Corticon 製品分科会 (アシストの保守契約ユーザー様のみ)

3月10日(木) 13:30 | 16:00

AEDAN Progress Corticon

DX時代のルールベース/Corticonの活用と重要性を考えよう!

1. DX時代におけるディシジョンの切り離しの重要性
DX・デジタル化が騒がれていますが、今だからこそディシジョンの切り離しが重要となります。なぜ重要であるかをCorticonのロードマップとともにお伝えします。
2. AEDANワークショップサービス体験
導入後に、お客様から活用・展開方法をご相談いただいていました。
このお悩みを解決すべく、AEDAN / Corticonの活用シーンを発掘するワークショップの提供を開始しました。
ワークショップのご説明と一部を体験していただきます。

プログラムに戻る

DataRobot / Paxata 製品分科会 (アシストの保守契約ユーザー様のみ)

3月11日(金) 10:00 | 12:00

DataRobot Paxata

初開催!DataRobot / Paxata(DataPrep)合同ユーザー会

1. 合同セッション
前半はDataRobot社より製品の最新情報と今後の展開についてご紹介します。
2. 個別セッション
後半はDataRobotとPaxata(DataPrep)のユーザー様にセッションを分けて開催します。

DataRobot
1)ロードマップの詳細提供
 前半に続いて、ロードマップのより詳細をご紹介します。

2)困ったときの情報参照先共有会
 DataRobotを扱う上で、参考にされているWebサイト、本はお持ちではないでしょうか。
 ぜひユーザー様同士で共有いただければと思います。アシストのCFDSが参考にしている情報も共有します!

Paxata(DataPrep)
1)Paxata(DataPrep)ユーザー座談会
 ユーザー様同士の座談会、今年も開催致します!
 今回のテーマは、Paxata(DataPrep)を利用、展開する上での困りごと、です。
 ご自身のお困りごとは他社さんもきっと経験されているはず…どう対応されたのか、皆様のご経験を伺います!

プログラムに戻る

開催概要

名称
第10回aebisユーザー会2022
日時
2022年 3月 7日(月)~ 2022年 3月 11日(金)
開催方法
オンライン配信
参加費用
無料、事前申込制
申し込み
申し込みページへ
主催
株式会社アシスト

※ プログラム内容は、都合により予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。
※ 競合他社様・個人事業主の方のご参加は、ご遠慮いただいておりますのでご了承ください。

プログラムに戻る

ページの先頭へ戻る