TOP>ものづくり・製造・工場

ものづくり・製造・工場

ものづくり・製造・工場

ものづくり・製造・工場

ファクトリーオートメーション(FA)により多種多様かつ大量データがあふれています。
BIツールを活用し、現場を見える化することで、単なるデータを価値あるデータとして扱うことができるため、エンジニアリング、生産管理、品質管理、製造管理、その他のコアプロセスの改善を促進しQCDをコントロールすることで、ものづくりにおける生産現場の競争力強化を実現します。



ものづくり・製造・工場の
BIツール活用シーン


仕入管理

仕入管理
拡大して開く
原材料、部品の仕入コストを最適化

仕入に関わるデータを一元的に可視化することで、担当者・取引先・品番など様々な切り口で分析し、コストを最適化。

~BIツール活用のメリット~
・価格のブレ・地域や季節、担当者による違いを分かりやすく可視化
・為替による仕入れ変動の簡易シミュレーション

調達費用を大幅に低減し、生産性向上に成功した事例はコチラ

生産ライン稼働分析

生産ライン稼働分析
拡大して開く
生産現場を見える化し生産性向上

ヒト・モノに関わるデータを分析し、生産現場のムリ・ムラ・ムダを素早く特定。原因特定から改善までを素早いアプローチで工場の生産性を向上します。

~BIツール活用のメリット~
・機械の稼働ログから稼働時間だけでなく、ダウンタイムも算出
・各工場や時間ごとの稼働状況を把握し現場担当者に迅速にヒアリング

生産ラインデータを可視化し、品質改善のPDCAサイクルを促進した事例はコチラ

生産実績分析

生産実績分析
拡大して開く
現状の素早い把握で意思決定を迅速化

生産現場の現状を素早く把握することで意思決定のスピードアップを実現。
データに裏付けされた素早い打ち手を打つことが可能になります。

~BIツール活用のメリット~
・迅速に具体的な生産量/廃棄量の数値を可視化
・工程ごとのコストや稼働時間から問題点を素早く発見

生産計画レポート

生産計画レポート
拡大して開く
生産計画をリアルタイムに可視化

リアルタイムに販売計画数と在庫数を把握することで、生産の計画を立てることができます。
必要に応じて、Excelや二次加工できる形式に出力することでデータの活用が可能になります。

~BIツール活用のメリット~
・リアルタイムに数字を見ながら計画の立案や実行が可能
・ExcelやCSVへの出力によりデータの二次加工が容易

在庫管理

在庫管理
拡大して開く
機会損失を防ぎ、収益アップに貢献

製造・販売・在庫など、刻々と変化する状況をタイムリーに監視し、モノの流れや現金化までの流れを改善し続けることで、機会損失を防止、企業の収益アップに貢献することが可能になります。

~BIツール活用のメリット~
・現在在庫と適正在庫の相関から、在庫超過/在庫不足を瞬時に確認
・在庫レベルや販売情報を可視化し、在庫移動などのアクションに素早く繋げる

ユーザー部門主導でグローバルSCMの実現をした事例はコチラ

品質管理

品質管理
拡大して開く
工程・品質のばらつきを特定し品質を改善

IoTデータや実績データをかけ合わせて分析することで、経験や勘に依存しないデータに基づいた問題の改善や予防、QCD向上が可能になります。

~BIツール活用のメリット~
・品目名毎の検査値を分布プロットでチャートで可視化
・規格値に対する傾向を複数層で比較

トレーサビリティロット検索

トレーサビリティロット検索
拡大して開く
スピーディな原因追跡でサービスを向上

特定のロット番号における工場・倉庫・出荷・輸送状況などを追跡し、お客様からの問い合わせにも迅速に対応することができます。

~BIツール活用のメリット~
・特定ロットがどこで、いつ、作られたか、どこに出荷されたのかまで
 明細レベルでの確認も可能
・生産から出荷までの流れを瞬時に把握



ものづくり・製造・工場の
BIツール活用事例

「ものづくり・製造・工場」の、データの可視化/業務改善のお客様事例です。
 BIツールでビジネス課題をどのように解決されたのかをご紹介します。

アズビル株式会社

生産ラインデータをQlik Sense で可視化!
品質改善のPDCAを促進し、新たなソリューション展開へ

導入のポイント
1.製造部門とソリューション開発部門がタッグを組み、ライン業務のデータ集約と可視化を実現
2.会議資料作成が不要になり、品質会議でのデータ分析や議論の質が飛躍的に向上
3.肌感覚でしか捉えていなかった不明瞭な事象をデータで明確化し、根拠に基づいた改善を促進


片倉工業株式会社

誰もが使える全社情報活用基盤をWebFOCUS で構築
活用範囲を拡大し、グループ企業への展開も視野


導入のポイント
1.ユーザーの自由度とIT部門による統制を両立させた情報活用基盤をWebFOCUS で構築
2.従来のレポート数を約85%削減し、数日を要していた月次レポートの出力はワンクリックで実現
3.全社員にとどまらず、グループ企業にまで情報活用の裾野を拡大


株式会社神戸製鋼所

神戸製鋼所が業務分析プラットフォームにQlikView を採用
グループ総合力を高めるべく全社に展開


導入のポイント
1. 精度の高いデータを分析し、業務改善のアクションにつなげる仕組みを実現
2. 事業部門、各工場にまたがる調達情報を可視化し、全社的な調達コストを削減
3. 銅板の圧延工程分析により、5%の生産性向上を実現


日本精工株式会社

情報検索システムの構築において、WebFOCUS +List Creatorのタッグにより開発工数を大幅に削減

導入のポイント
1. システム開発者のスキルが統一され、運用コスト削減も達成
2. ユーザのスキルレベルに合わせた情報検索の仕組みを適切かつスピーディーに実現
3. グローバル対応により世界中の拠点での利用が可能に


日本特殊陶業株式会社

ユーザー部門主導でグローバルSCMの実現へ!
データの自由度とスピード感を向上させたQlikView


導入のポイント
1.ユーザー部門が主導して、グローバルなSCMシステムを開発
2.手作業を自動化することで毎月2.5日かかっていた処理が半日となり、精度も向上
3.データを自由に・瞬時に見える化。会議での要望にその場で柔軟に対応でき、説得力が向上


安川オートメーション・ドライブ株式会社

予実管理に必要なレポートをERPからWebFOCUS EVOで出力
会社として見るべき指標を共有できる全社情報活用基盤を構築!

導入のポイント
1.ERPのデータをWebのレポートで検索/抽出。
  いつでも、誰でも、どこからでも必要な情報にアクセス
2.日英の多言語対応、多彩な表現力、GUIとソースコードのハイブリッドな選択肢で
  短期間での開発を実現
3.200名の情報活用を安定稼働で支えるパフォーマンス。
  現場のアクションにつながるレポーティング基盤を構築


村田機械株式会社

機械の稼働データをQlik Sense で可視化!
ビジネス部門でのIoTデータ活用で、業務効率が劇的に改善


導入のポイント
1.IoTデータを活用した顧客サービス向上や製品改善のPDCAサイクル促進のため、BIツールを導入
2.セルフサービスBIでデータの可視化と分析の環境を整備し、業務効率が1/100に
3.「ベテランの目線」をアプリに実装し、ノウハウを伝承


BIツール活用を提案する
ものづくりセミナー講演録

アシストでは、お客様のビジネス課題をテーマにしたセミナーや、サポートに従事する技術者のノウハウやナレッジのご紹介などさまざまなセミナーを開催しています。

データ活用による製造業 “ DX ”「適正在庫」「予知保全」現場から見えてくる「カイゼン」とは

『適正在庫』や『予知保全』の実現のために、溢れるデータ活用の第一歩目に悩まれる企業は少なくありません。
ヒト・モノ・カネに次ぐ第4の資源と言われるデータを活用されるお客様事例と、製造業様向けソリューションによる『アクション』⇔『分析』の業務改善PDCAをまわす術についてご紹介しています。


モノづくりデータ活用は 新たなステージへ

昨今、製造現場を取り巻く環境要因が大きく様変わりし、多くの企業ではIoTなど製造現場のデータをいかに分析し活用するかが自社の競争力向上につなげるポイントになります。
多くの製造業で取り組まれている品質改善、生産性向上、コスト削減につながるデータ活用実践事例をご紹介します。

セミナー資料のダウンロードはこちら


製造業の未来はデータが導く! IoT / AIを駆使したデータ活用最前線

『現場のデータ活用力を企業の競争力へ』
ヒト・モノ・カネに次ぐ第4の資源とも言われるデータを上手に活用していくには、全社レベルでのデータ活用環境の整備が必要と言われています。ビジネス部門が意思決定に必要なデータをIT部門の手を経ずに、必要なタイミングでデータを入手し、分析できる「セルフサービス分析」環境の実現をご紹介します。




BIツールはどうやって選べばいい?
BI製品かんたん紹介ガイドをダウンロード





そのほかのBIツール活用シーンを見る



このページで紹介したBIツールはこちら



ページの先頭へ戻る