TOP>12c R2 × Oracle Cloudスタートアップキャンペーンのご案内

12c R2 × Oracle Cloudスタートアップキャンペーンのご案内

12c R2スタートアップキャンペーン

本キャンペーンは終了しました。
Oracle Cloudのご利用やアシストの技術支援サービスについてはこちらから お問い合わせください。


Oracle Cloud 上で先行リリースされていたOracle Database の最新バージョン12c R2が、オンプレミスでも利用可能になりました。

12cで実装されたDatabase In-MemoryやMultitenantなどの新機能も、さらに実用的に使いやすくなり、またShardingも実装された12c R2。しかし自社で活用したい機能があっても、データベースのバージョンアップには事前テストに工数がかかる、そもそもテスト環境をすぐに準備するのが難しい、など、なかなか簡単にはいかないと考える企業がほとんどです。

そのような企業をアシストが強力に支援するのが、この「12c R2 × Oracle Cloudスタートアップキャンペーン」です。
どのように支援できるのかを、以下にご紹介します。

アシストの提案ーバージョンアップテストはOracle Cloudで

アシストは、データベースのバージョンアップテストをOracle Cloud 上で行うことを提案します。

ハードウェアの調達やネットワークの設計が不要で、わずか数クリックでOSからDBまでの環境を作ることができ、また簡単に利用を終了できるクラウド環境は、テストでの利用に最適です。
Oracle CloudはOracle社が提供する「ネイティブ」なクラウド環境です。オンプレミス環境との100%互換や相互運用性は、他社クラウドにはないメリットであり、本番環境がオンプレミスであっても、安心してテストを実施し、本番環境への移行に備えることができるのはOracle Cloudだけです。

Oracle Cloudは、Oracle Databaseのライセンス込みの完全な従量制です。RAC(Real Application Clusters)構成なども自由に利用可能。早く・安く・確実に検証するなら、ハードウェア、OS、Oracle Databaseやそのオプションのライセンスも「全部コミコミ」のOracle Cloudです。

早く・安く・確実に検証するならOracle Cloud - ライセンス込みの完全な従量制


Oracle Cloudだからできる、12c R2の検証。

Oracle Cloud ならではのデータベース専用エディションだから、オンプレミスでは個別契約が必要なオプション17種類が全て含まれており、自由に使えます。マルチテナントへの移行検証や、統合後のアプリケーション動作確認に最適です。
マルチテナントやインメモリなどの新機能を評価したり、Oracle Real Application Testing(RAT)で実行計画の変化や非互換SQLを洗い出し、移行時のリスク軽減に有効です。

マルチテナントでDBを統合


Multitenantへの移行検証や、統合後のアプリケーション動作確認に最適です。

処理が何倍速くなるかを検証し、導入効果を確認できます。
また、必要となるメモリ量のサイジングも行えます。

インメモリでリアルタイム分析も高速に

RATで既存環境のSQLを簡単に検証

既存環境のSQLを記録し、Oracle Cloud 上で再現できます。
12c R2 の環境で非互換となるSQLがないかを簡単に確認できるため、検証の工数を大きく削減できます。
また、事前にSQLの修正が必要かを把握できるため、バージョンアップの工数を正確に見積もることができます。

従量制で他社クラウドより圧倒的に安い

Oracle Cloud はデータベースを1時間単位で利用でき、インスタンスの追加、エディション変更、スケールアップ/ダウンが自由自在です。他社クラウドのようにライセンスを購入して持込む必要がないことによるコストの違いは圧倒的です。
従量制なのでIaaSを自由に利用でき、アプリケーションを持ち込んでの検証も可能。操作も簡単で、データベースの作成はわずか3ステップ!データベースの構築経験がなくてもすぐに利用できます。

◎ Oracle Cloudの利用料金の例
  (詳細はお問い合わせください)

 Oracle Database Standard Edition  : 1コア 121円/時間~
 Oracle Database Enterprise Edition  :1コア 605円/時間~
 仮想マシン(データベースを含まない) :1コア 12円/時間~

オンプレミス、他社クラウドとの比較例

       オンプレミス、他社クラウドとの比較例
         ~12c R2の環境で3ヵ月検証する際の費用比較

「データベースのアシスト」がバージョンアップを強力に支援

豊富な実績とスキルを持つアシストの技術者がOracle Cloud もバージョンアップもご支援します!
過去30年に培った経験を体系化した支援サービスをOracle Cloudでもご提供します。

アシストがこれまでご支援したOracle Database ご利用企業は3,000社以上です。多くの企業がアシストの支援を高く評価し、アシストからOracle Databaseを導入しています。

クラウド利用に不安があっても、12c R2へのバージョンアップに不安があっても、アシストの技術者が企業の立場で親身に、かつプロフェッショナルにご支援します。

アシストが責任を持って提供する本キャンペーンを利用すれば、12c R2への備えは万全です!

ご存知ですか?


◎ 11gのサポートはすでに終了しています。 (11g R2のExtended Supportを除く)

  バージョン  Premier Support  Extended Support
   11g R1   既に終了      既に終了
   11g R2   既に終了      2020年12月まで
                     (無償期間は2018年12月に終了)
  ※ サポートにはセキュリティパッチの提供なども含まれます。セキュリティの観点からも、サポートは必要不可欠です。 

◎ 12cからマルチテナント・コンテナ・データベース(CDB)が推奨構成になっています。

  従来までの非CDB構成は、12c R2以降は明確に「非推奨」とされており、サポートされなくなりました。
  CDB構成では、PDB(プラガブル・データベース)として作成されたデータベースを複数持つことができます。
  マルチテナントへの変更を早めに検討されることをお勧めします。

今すぐ12c R2がフルに使えるクラウドはOracle Cloudだけです。

  
他社クラウドではReal Application Clusters(RAC)構成がサポートされていなかったり、
  データベースのPaaSが12c R1までしか対応していないなどの制限があります。
  Oracle Database Enterprise Edition の最新バージョン12c R2を、すべてのオプション込みで今すぐ使えるのは
  Oracle Cloudだけです。(2017年4月現在)


「12c R2 × Oracle Cloudスタートアップキャンペーン」 ~選べる4種のお得なパック

「12c R2 × Oracle Cloudスタートアップキャンペーン」では、Oracle Cloudの100万円分の利用枠を含む、以下の4種類のパックを特別価格で提供します。

◎ キャンペーン期間 : 2017年8月10日~12月31日


開発スタートパック

開発スタートパック

Oracle Cloud ご利用枠100万円分と初期構築、基礎教育をセットにしました。
12c R2へのバージョンアップに際しての注意事項をまとめたドキュメントも併せて提供します。
ハードウェアやOracle Database のライセンスを調達することなく、すぐに開発/検証を開始できます。

パック内容 : - Oracle Cloud利用枠(100万円分)
        - アシストのサービス
           ・Oracle Cloud環境構築
           ・Oracle Cloud基礎教育、12c R2新機能レクチャ

価格 : \1,200,000 (通常価格\1,650,000) (税抜価格)

こんな方にオススメ : Oracle CloudへのDB移行やSQLの実行テストは、自社リソースで対応可能な方。

検証スタートパック

検証スタートパック

開発スタートパックにOracle Cloud 環境へのデータ移行をパックしました。
利用者はクラウド上に用意されたデータを使ってすぐにテストを開始できます。
必要なデータが入った状態ですぐに検証を始められます。

パック内容 : - Oracle Cloud利用枠(100万円分)
        - アシストのサービス
         ・Oracle Cloud環境構築
         ・Oracle Cloud基礎教育、12c R2新機能レクチャ
         ・Oracle CloudへのDB移行

価格 : \1,980,000 (通常価格\2,850,000) (税抜価格)

こんな方にオススメ : テスト実施のためのOracle Cloud環境構築は任せてしまいたいという方

SQL互換性検証パック

SQL互換性検証パック

開発スタートパックにSQL非互換チェックをパックしました。
Oracle Database のオプションであるOracle Real Application Testing(RAT)を使って、既存のSQLがそのまま実行可能か、バージョンアップ後に性能影響が出ないかを事前に確認することができます。

パック内容 : - Oracle Cloud利用枠(100万円分)
        - アシストのサービス
          ・Oracle Cloud環境構築
          ・Oracle Cloud基礎教育、12c R2新機能レクチャ
          ・Real Application Testing(RAT)SQL非互換チェック

価格 : \1,980,000 (通常価格\2,850,000) (税抜価格)

こんな方にオススメ : RATを使って漏れのないSQLの事前検証を効率的に実施したい方

フル活用パック

フル活用パック

開発スタートパックにOracle Cloud 環境へのデータ移行とSQL非互換チェックを加え、さらにアシストの技術者によるパラメータの見直しをパックしたフル活用パックです。
お客様のデータベースバージョンアップをより万全にするための最強パックです。

パック内容 : - Oracle Cloud利用枠(100万円分)
       - アシストのサービス
        ・Oracle Cloud環境構築
        ・Oracle Cloud基礎教育、12c R2新機能レクチャ
        ・Oracle CloudへのDB移行
        ・Real Application Testing(RAT)SQL非互換チェック
        ・Oracleパラメータ設計

価格 : \2,980,000 (通常価格\4,250,000) (税抜価格)

こんな方にオススメ : Oracle Databaseの機能やアシストの支援をフル活用して、バージョンアップに万全を期したい方


ハンズオンセミナーのご案内

「処理速度が100倍速くなり、”業務の常識を変える!”」と言われているOracle Database In-Memory。その速さを実感できるセミナーです。インメモリの設定からパフォーマンスの測定まで、一連の操作をハンズオン形式で体験することで、処理が何倍速くなるのか、導入検討時のポイントは何かなど、インメモリの世界がより深く理解できます。
ハンズオン環境にはOracle Cloud上のDBインスタンスを使用します。Oracle Cloudの活用もイメージいただける内容です。

開催日程とお申込みはこちら


効率的かつ効果的なテストを可能にするRAT(Real Application Testing)。
バージョンアップやパッチ適用後のSQL性能劣化を事前に発見することで、本番切り替え後のトラブルを未然に防ぐことが可能です。

本セミナーでは、Oracle Cloud × RATで、バージョンアップテストが簡単に実施できることを体感いただきます。参加者ひとりに Oracle Database 11gとOracle Database12c R2の2つのインスタンスとEnterprise Manager用のインスタンスをご用意し、11gから12c R2へのバージョンアップを想定したSQL単体テストを行っていただきます。RATの利用でテスト効率がどの程度向上するかを是非体感してださい。

開催日程とお申込みはこちら


Oracle Databaseとアシストの支援サービスを詳しく知りたいお客様へ

Oracle Databaseの製品情報

Oracle Databaseの支援サービス、
採用事例などをご紹介します。

Oracle Cloudの製品情報

Oracle Cloudの概要、価格、
支援サービスなどをご紹介します。

アシストの技術者がお届けする技術コラム

アシストのDBエバンジェリストが
執筆する技術コラムです。

アシストオリジナルの無料オンデマンドセミナー

無償のオンデマンドWebセミナーを
ご紹介します。

ページの先頭へ戻る